“薔薇”を制する者が美を制す。ローズで美人力をあげる3つの方法

PR:カネボウ化粧品 インプレスIC

今も昔も、女性に愛され続けているローズ。今回は、ローズの圧倒的な美人力をあますところなく取り入れる3つの方法をご紹介します。

“ローズ”が女性に愛される理由

“女王”の名にふさわしい、優雅で華やかな香りが人々の心をとらえてやまないローズ。古代エジプトでは絶世の美女クレオパトラがその美を保つために愛用したと言われるほど、古くから女性の美と深い関わりを持ち、様々な形で生活に取り入れられています。女性にうれしいローズ、活用しない手はありません。

“ローズ”の美人力を取り入れる3つの方法

香りで

アロマディフューザーを使って芳香浴を楽しんだり、精製水やエタノールと混ぜてルームスプレーに、キャリアオイルにまぜてマッサージなど香りの楽しみ方は様々です。

飲用・食用として

疲れているときや、気分が落ち込んでいるときにおすすめのローズティー。華やかで甘く上品な香りがやさしい気持ちを呼び起こしてくれます。お茶に使われるドライハーブには、『ローズレッド』、『ローズピンク』、『ローズバッズ』、『オールドローズ』など様々な種類があり、それぞれに香りや味、特性も異なります。気分や好みで選んだり、ブレンドを楽しめるのもローズ好きにはうれしいところ。生の花びらを砂糖漬けにしてお菓子やサラダの飾りにしたり、ジャムにして紅茶に入れたり、お料理にも活用することができます。

お肌のケアに

クレオパトラも愛好していたと言われる、ローズの花びらを浮かべたローズバス。優雅な香りとおとぎ話のような美しい様はどんな時代でも女性の憧れであり、様々なヘアケア、スキンケアアイテムに活用されています。

美しき“ローズ”が香り立つ『インプレスIC』

ブルガリア産のピンクのバラから抽出したローズを基調にしたエレガントな香りが、お手入れの時間を優雅に演出。また、古来よりインドで使われているハーブの一種「ニームエキス」をはじめとする保湿成分を配合。すみずみまで潤いに満たされた、ふっくらと端正な印象の肌に整えます。とろみのあるまろやかな化粧水と、コクがありながらみずみずしく軽やかな使い心地の乳液が、肌をやさしく包み込み、水分と油分のバランスを整えます。

[写真]
『ニコライ・バーグマン × Impress IC スペシャルセット SS』
「インプレス IC リファイニングローション」200ml(現品)
「インプレス IC リファイニングエマルジョン」150ml(現品)
特別デザイン ニコライ・バーグマン×ImpressIC フローラルミラー
10,000円(税抜)

2015年5月31日まで、インプレス IC リファイニングローション、エマルジョン(ミニサイズ)が当たるキャンペーンを実施中です。抽選で50名様に、リファイニングローションⅡ(30ml)、リファイニングエマルジョンⅡ(15ml)をプレゼント。

姿も香りも美しい“花の女王”ローズ。女性の心やお肌にうれしいローズを毎日の生活に取り入れて、体の内外から美人力を高めていきたいですね。

Sponsored by カネボウ化粧品 インプレスIC

Edited by by.S 編集部

女性の美しさを後押しする"ファッション・美容"情報をお届け。