まるでデザイナーズホテル♡少しの工夫でバス・ランドリールームをリュクスにするコツ5選

PR:株式会社ネイチャーラボ

小物や日用品が多くて、つい雑然としがちなバックスペース。それなのに意外と人目につきやすいバス・ランドリールームを、いまよりちょっとリュクスにするコツを紹介します。

バス・ランドリールームをリュクスにするコツ5選

1.タオルの色を揃える

普段使っているタオルは、数も多く何かと目につきやすいもの。ラグジュアリーホテルのように上質のタオルでまとめるのが理想的ですが、今あるタオルの色をすべて揃えるだけでもスッキリとシックな雰囲気に変身します。

2.よく使う小物をトレイにまとめる

コットンや歯ブラシ、コームなど、毎日使うこまごまとした小物類は、トレイにまとめて置くとオシャレかつ使いやすくなります。ガラスやシルバーなどの小さな入れ物に小分けにして入れておくのがポイント。

3.植物を置く

せまい場所でも、植物や自然素材のものを配置することで、どこかゆとりのある癒しの空間に早変わりします。鉢植えが邪魔になりそうだったら、グリーンの葉を背の高い花瓶やボトルに差しておくだけも。

4.パーツを取り換える

ミラーやシャワーヘッド、水道のハンドルなど、賃貸でも交換可能な部品があります。真鍮製のアンティーク風のものを選べばクラシカルに、シャープなスクエアデザインのものを選べばシンプルモダンに仕上がります。ミラーは、付け替えが難しければフレームを付けるだけでも雰囲気が出ます。

5.洗剤やソープのボトルにこだわる

洗面台や洗濯機のまわりは、毎日使うソープや洗剤でごちゃごちゃしてしまいがち。無理に隠して使いづらくするよりは、入れ替え容器を使って色調を揃えつつ、インテリア雑貨感覚で飾れるパッケージの洗剤等を厳選して配置するとかえっておしゃれに仕上がります。

ヨーロピアンデザインがリュクスなランドリー洗剤

ヨーロッパテイストのボトルデザインが“見せる収納”にぴったりな『ラ・ボン ルランジェ 柔軟剤入り洗剤』
ラグジュアリーな見た目に加え、香水のような上品で深みのある香りが衣類にしっかりつくことで女性に人気の“オールインワン洗剤”です。

1本で汚れ落ちも香りのつきもよいので、ランドリーにいくつも洗剤を並べておく必要がありません。香りはウォーターリリーやオーキッドなど色鮮やかな花々にバニラのやさしさが宿る「スウィートフローラル」摘みたてのローズにホワイトムスクの上品な奥行きを添えた「フローラル シック」の2種類。「洗える柔軟剤」とも称されるやわらかな仕上がりとともにリュクスな香りを楽しんでみては。

リビングやベッドルームよりも、むしろセンスの問われるトイレやバス・ランドリールーム。リュクスな香りとインテリアで、お客様をもてなしたいですね。

sponsored by 株式会社ネイチャーラボ

Edited by by.S 編集部

女性の美しさを後押しする"ファッション・美容"情報をお届け。