秋ならではの日焼けにご用心!秋だからって甘く見るのはNG。

PR:花王株式会社

深まりゆく秋。心地よい風に誘われて、ついUV対策もせずにお出かけしていたりしませんか?夏以外は手を抜きがちな「日焼け対策」ですが、秋には秋ならではの日焼け事情があることをご存知でしょうか。今回は、うっかり対策を怠ると後悔する“秋の日焼け”についてご紹介します。

意外と知られていない“秋の日焼け”とは

秋の日焼けについて、知っておきたいポイントは大きく3つあります。

その1. UV-Aの積算量は夏よりも、夏以外のほうが多い

肌のハリ低下やシワの原因になるとも言われているUV-Aの積算量を合計すると、夏(5-8月)に比べて秋から春(9-4月)の方が多いというデータがあります。

それはつまり、夏の間だけ日焼け止めを塗っていても、秋から春にかけて塗っていなければ、日焼けをしてしまうことになるのです。

秋冬になっても、紫外線量を甘く見ずに日々のUV対策を当たり前に行うことが必要です。

その2. 秋の日差しは“顔”を狙っている

秋は夏よりも太陽の位置が傾いているため、日差しが夏のように真上からではなく斜め上から降り注ぎます。そのため、日傘や帽子を使っていても顔への日差しはカバーできていないことも少なくないのです。

ちょっとしたお出かけに使えるBBクリーム化粧下地タイプのものなど、“顔用”の日焼け止めを毎朝のスキンケア~メイクのステップに組み込んでしまうのがおすすめです。

その3.日焼けが乾燥に拍車をかける

秋から冬にかけて特に注意したいのは、お肌の乾燥ですよね。湿気が少なくなって乾燥が気になり始める秋に紫外線を浴びることで、さらに乾燥が深刻化してしまうことも。花王の調査によると、紫外線を浴びると約3倍も乾燥しやすくなるというデータもあるそう。

2000年 花王調べ

乾燥が厳しくなる秋冬、お肌の乾燥をより深刻化させないためには日々の保湿を心がけ、日焼け止めや化粧下地にも保湿効果の高いものを取り入れることがおすすめです。

“秋の日焼け”対策におすすめ『ビオレ さらさらUV アクアリッチシリーズ』

”秋の日焼け”対策に使いたい日焼け止めのポイントは、「スキンケアやメイクの一部として使える」「保湿効果がある」「毎日使える軽さ」の3点。

その3つのポイントをしっかりおさえた日焼け止めが『ビオレ さらさらUV アクアリッチシリーズ』です。

ビオレ さらさらUV アクアリッチ 美白エッセンス SPF50+

ウォーターベースで感動的なまでに軽いつけ心地の『美白エッセンス』は、毎日の化粧下地としても使える日焼け止め効果のある美白エッセンスです。美白しながら同時にSPF50+/PA++++で強力な紫外線をカット。美容液成分(ヒアルロン酸+ローヤルゼリーエキス+シトラスmix*)配合<保湿成分>。
*オレンジエキス、グレープフルーツエキス、レモンエキス
植物由来の美白成分(カモミラET)配合。
肌をみずみずしく保ちつつ、メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぎます。

◆顔用(医薬部外品)33g
●アレルギーテスト済み(すべての方にアレルギーが起こらないというわけではありません)

ビオレ さらさらUV アクアリッチBBエッセンス SPF50+

SPF50+/PA++++で紫外線をしっかりカットしながら、肌色のくすみや色ムラを補正し、明るくきれいな肌色に整えるBBタイプのUVエッセンス。肌になじみやすく自然な肌色に仕上がるので化粧下地としてもこれ1本でも使え、UV-Aもしっかり防ぎます。美容液成分(ヒアルロン酸+ローヤルゼリーエキス+シトラスmix*)配合、<保湿成分>で軽いのにしっかり潤うので、これからの季節の日焼け止め、化粧下地におすすめです。
*オレンジエキス、グレープフルーツエキス、レモンエキス

◆みずみずしく香るフレッシュフルーツアロマ◆顔用【日やけ止め】33g
●アレルギーテスト済み(すべての方にアレルギーが起こらないというわけではありません。)

注:SPFとは、UV-B(短時間で赤み・炎症を起こさせ、黒化につながりやすい)から肌を守る効果を示す指標です。PA分類とは、UV-A(直後に黒化を起こさせ、長時間かけて肌の弾力を失わせる)から肌を守る効果を示す値です。これらの表示は商品選択のための目安です。

夏中がんばって守ってきた白い肌を、秋の日差しによるうっかり焼けで台無しにしたくないですよね。季節に合ったUV対策を取り入れて、美肌を1年中キープし続けましょう。

Sponsored by 花王株式会社