働く女子は可愛いだけじゃやってられない。女子力がマイナス評価されるポイント5選

PR:株式会社 資生堂

仕事もキレイもがんばりたい。オフィスでもオシャレに手抜きをしたくない。そんな気持ちが空回りしていることはありませんか。今回は、せっかくの女子力がマイナス評価につながってしまう、オフィスの“NG女子力”と、そうならないための対策についてご紹介します。

女子力がマイナス評価されるポイント5選

1.目のやり場に困る勝負服で出勤

「絶対今日合コンでしょ」て思う勝負服はちょっと困る。(28歳 事務職)

出典: 編集部調べ

いつもと違う“よそゆき”感のあるファッションやあからさまな勝負服は、やはり職場では悪目立ちします。特に露出の高い服は同性でも目のやり場に困りますよね。

同じ勝負服でも、オフィスではどこか“落ち着き”や”かっちり感”のある服が、おしゃれにみえるものです。オフィスでの“女子力”は「TPOをわきまえる」ことで発揮しましょう。

2.せっかくのランチが台無しになる香水の香り

女子ばかりの部署で香水の匂いが充満してるエリアがある。あんなところでお弁当とか食べたくないなあ…。(事務職 32歳)

出典: 編集部調べ

男性ばかりの職場と違って、女性の多い職場ではふんわりいい香りが漂っていることも多いですよね。でも、つける量が多かったり甘すぎる香水はオフィスでは公害になることも。

香水は朝つけたものがふんわりと残っているくらいで十分です。また、オフィスではどちらかと言えばすっきりとさわやかな香りの方が好まれます。“女子力”は「さわやかさ」で発揮しましょう。

3.案外カウントされてるかも!?多すぎる化粧直し

トイレに行くと、なぜか“いつも鏡の前にいる人”っているよね…。デスクに座ってる時間よりトイレの時間の方が長そう。(30歳 営業職)

出典: 編集部調べ

女性同士なら実は結構気づいている“お化粧直し”。テカリや崩れを放置しておくのはよくないけれど、トイレに行くたびにメイクが濃くなるほど念入りに時間をかけてお直しする必要はありません。

オフィスでは、完璧メイクよりもナチュラルメイクのほうが好感を持たれますし、仕事中にトイレでサボってると思われたら魅力も半減です。女子力は「さりげなさ」で発揮しましょう。

4.書類もめくれないビジュー付きのネイル

●ゃりーちゃんみたいなネイルをしてる人がいる。あれでタイピングできるのがすごい。(27歳 企画職)

出典: 編集部調べ

ネイルがキレイな人は隅々まで気の届く「ちゃんとした人」という印象を与えますよね。でも、ぬいぐるみやチェーン、大きなビジューがついたゴテゴテネイルアートはやっぱりオフィスでは浮いてしまいます。

オフィスはお仕事をする場所。パソコンのキーボードを叩いたり、書類をめくったり、作業の邪魔になるようなデザインは自粛しましょう。指先の“女子力”は、さくさくお仕事をこなす「器用さ」で発揮して。

5.キーボードがテカテカ!?ハンドクリームの塗り過ぎ

やたら文字打ちが遅い後輩がいる。たぶんあれ、ハンドクリームの塗り過ぎでキーボードの上ですべってるんだと思う。(29歳 制作職)

出典: 編集部調べ

オフィスで気になる肌の乾燥。顔はもちろん、意外と目につきやすい手指のカサカサは目に入った瞬間にがっかり。乾燥してしわしわになった手の甲やささくれだらけの指先で女子力は語れません。だからといってハンドクリームの塗り過ぎも避けたいところ。

指が滑るほど一度にべったりと塗りこむのではなく、保湿はさっと、こまめにすることで塗り過ぎを防ぎましょう。手元の“女子力”は「まめさ」で発揮するのが大人女子のマナーです。

わずか5秒で女子力が上がる『フェルゼア ハンドモイスチャーミスト』

あのフェルゼアから、ハンドケア市場初、ミストでハンドケアができる保湿ローション『フェルゼア ハンドモイスチャーミスト』がこの秋新発売。

シュッとひと吹きで手早く、簡単にケアできるので、乾燥しがちなオフィスでもいつもうるおいのある手肌を保つことができます。

また、さらっとした仕上がりで、すぐにパソコンやスマートフォンを触ってもべたつかず使いやすいのが、働く女性にはうれしいポイント。

セサミオイルやコメ胚芽オイルなど「天然由来植物オイル」配合で、肌の奥深くまですばやく浸透。髪や顔にも使え、メイクの上からでも使用できるので、オフィスの乾燥対策にはマストハブな1本です。

香りは、オフィスでも邪魔にならない、ローズテラスの香り、シトラスシャワーの香りと無香料の3種。
5秒でうるおす”時短”ハンドケアで、働く大人女子の“女子力”をしっかりフォローしてくれます。

オフィスで輝く女子力は、“時短”と“さりげなさ”がポイント。見た目ばかり気にするのではなく、まわりへの気配りやふんわりとやさしい雰囲気を生かしつつ、やるべきときはがっつりお仕事。可愛いだけじゃない、大人女性ならではの“女子力”を発揮させてくださいね。

Sponsored by 株式会社 資生堂

Edited by by.S 編集部

女性の美しさを後押しする"ファッション・美容"情報をお届け。