誰にでも似合う赤。究極の美人色"アルマーニ レッド"が叶える赤リップの魔法とは

PR:GIORGIO ARMANI beauty

凛として、知的で、なのにセクシーでエレガントな赤リップ。デニムにもドレスにも合うトレンドの赤リップメイクは、憧れだけれどちょっと難易度の高いメイクアップだと思っている人も多いはず。でも、そんななか「誰にでも似合う赤」「究極の美人色」と呼ばれる赤リップがあることをご存知でしょうか。

まだ出会ったことのない赤 "アルマーニ レッド"とは

それは、色や素材にこだわり抜くクチュールブランドだから生みだせた「赤の中の赤」
その赤が“アルマーニ レッド”と呼ばれ、ジョルジオ アルマーニ ビューティのアイコンカラーとなっています。

眩いほど色鮮やかで濃密なその赤色は、すべての女性が持つ生来の「女性らしさ」を呼び起こし、つけた人の知性や品格、内に秘めた強さや儚さすらも露わにしてしまいます。

だから、大人の女性ならではのこなれ感はもちろん、時には少女のようにピュアな表情をも不意に引き出されてしまうのです。

"アルマーニ レッド"が究極の美人色と呼ばれる理由

では、何故“アルマーニ レッド”が「究極の美人色」と呼ばれているのでしょうか。

1:黒のピグメントを含まない“ピュアレッド”

"アルマーニ レッド"は一切濁りのない赤の発色にこだわって作られたピュアな赤色。通常赤の深みを出すために使用される黒のピグメントを一切使わず、もともと深みのある赤のピグメントを使うことで、濁りがないピュアレッドを作り出したのだそう。

2:肌色を選ばない、ピュアな発色

“アルマーニ レッド”は、青みや黄みのないピュアでクリアな赤。だからこそ、どんな肌色の人にもパーフェクトにマッチ。つけた人の肌の透明感をも引き上げます。

3:持つ人を“洗練”に巻き込む

飾り気のない真っ白なシャツやデニム、シンプルなリトルブラックドレスやマニッシュなスーツ。“アルマーニ レッド”はどんなファッションも、瞬時に洗練されたスタイルに仕立て上げます。そして、それこそが数多のファッショニスタたちを虜にし続ける理由。これ1本で“洗練”を漂わせる、その魔法が今多くの女性たちを巻き込んでいます。

今最も“イット”なアイテム

ジョルジオ アルマーニ ビューティのどのリップラインにも"アルマーニ レッド"があり、フレッシュなカラーインパクトが魅力の#402と、酔いしれるようなエレガントなレッドの#400があります。

どちらも、漆黒のボディから溢れ出るのはどこまでも深く輝く赤。美貌を約束するその色にどちらが似合うのかなんて問いかけは無用。直感で選んだその赤こそが、貴女がなりたい女性、すなわち“アルマーニ レッド”になるのです。

10月21日(水)には、強烈な輝きと圧倒的なツヤを実現するリキッドルージュ"エクスタシー ラッカー"が発売。潤いを長時間ホールドし、エナメルのようなラグジュアリーな煌めきを唇にもたらすエクスタシーラッカーは、はじめての“アルマーニ レッド”を選ぶ貴女におすすめ。きっと“女に生まれた喜び”を感じさせてくれるはずです。

様々な仕上がりを楽しめる"アルマーニ レッド"

リップラインごとに、それぞれ違う質感や仕上がりで、その極上の純赤を堪能することができます。

左から、リップバームようにケアしながら濃厚な色彩を唇に宿す"ルージュ エクスタシー"。滑らかで軽い質感の唇に仕上がる"ルージュ ドゥ アルマーニ シアー"。リップスティックよりも輝き、グロスよりも洗練された品のあるマットなツヤを放つ"リップ マエストロ"。

ジョルジオ アルマーニ ビューティのリップスティックは、使うたびにマグネットキャップが"カチッ"と小さな音を響かせます。秘密の小箱の鍵を開けたときのような、ちょっぴりドラマティックな気持ちにさせてくれるのも、魅力のひとつですね。

"唇は、女の象徴である"。こう唱えたのはジョルジオ・アルマーニ氏。アルマーニの目指す最高峰のエレガンスを表現した"アルマーニ レッド"を、お好みの仕上がりで、貴女の唇の上で、再現してみては。

赤リップをみんなが使い始めた今だからこそ、赤リップ上級者も、赤リップがまだの人も、そろそろ“究極の赤”を手に取ってみてはいかがでしょうか。

Sponsored by GIORGIO ARMANI beauty