多忙な朝にわずか3分でできる。簡単なのに美人オーラ漂う最新海外版ヘアアレンジ

PR:花王株式会社

どんなに忙しい朝でも手を抜けないのが“身だしなみ”。とくに、全体の印象を決めてしまうヘアスタイルは、いつでもパーフェクトに仕上げたいものです。そこでお手本にしたいのは、さりげないのにこなれた雰囲気が漂う、海外モデルのヘアアレンジ。ここでは、出勤前の忙しい朝でも、さっと3分で仕上げられる海外モデル風 大人のヘアアレンジをご紹介します。

朝のヘアスタイリングにかけられる時間は“3分”未満

花王株式会社は働く女性2400人以上を対象に、“朝”に関するアンケート調査を実施。そこでは、毎朝のスタイリングについての悩ましい実態が明らかになりました。

■仕事のある日の朝、時間的な余裕はありますか?

はい 30.6% 
いいえ 69.4%

約7割の女性が、朝は時間に余裕がないと回答。では、そんななか、ヘアスタイリングやアレンジにはどのくらい時間を割いているのでしょうか。

■ 朝のヘアスタイリングやアレンジにどのくらい時間をかけますか?

1位:3分未満  38.2%
2位:3分以上〜6分未満   25.1%
3位:6分以上〜15分未満   23.0%
4位:スタイリングやアレンジはしない 11.0%
5位:15分以上         2.7%

ヘアスタイリングにかけられる時間は、約4割の人がわずか3分未満と回答。6分未満でみると、なんと全体の6割強にも及びます。やはり、朝のスタイリングにかける時間はほとんどないというのが現実のようです。

だからと言って、納得のいかない手抜きヘアではお仕事にも身が入りません。ならば、「3分以内で完成するヘアアレンジ」をマスターして、簡単に毎日のキレイを手に入れてはいかがでしょうか。

朝の3分でできる海外風“オフィス”ヘアアレンジ

# 金ピン使いで真面目を脱却 “ロマンティックポニー”

オフィススタイルの王道“ひとつ結び”が、ほんのちょっとのコツで海外モデル風に変身。金ピンのアクセントがトレンド感を演出します。

■手順

(左上から)
1: すべての髪を手ぐしでざっくりひとつにまとめ、低めの位置で結ぶ。
2: トップから後頭部にかけて、バランスを見ながら5〜6箇所毛束をつまんで引き出す。
3: 耳後ろに金ピンを3本平行にさす。さし方はお好みでOK。
4: 結んだ毛束の一部をゴムに巻きつけ、アメピンで留める。

シンプルなひとつ結びも、ベースをゆるく巻いたり、トップを引き出してニュアンスをつければこなれて見えます。シンプルな金ピンはオフィスヘアのアクセにおすすめです。(ヘアクリエイター山戸 優さん/Salon de Milk harajuku)

出典: 編集部取材

# カジュアル服を格上げする “ドレープシニョン”

“くるりんぱ”を使えば、難しそうなシニョンもあっという間に完成。真面目さと可愛らしさのいいとこどりが叶う、上司ウケ抜群のアレンジです。

■手順

(左上から)
1: 両サイドの耳前の髪をねじり、後ろでひとつにまとめてゴムで縛る。毛先を左右に広げてキュッと固く結ぶ。
2: 1で結んだ毛先を、毛束の結び目の上から下へ巻き込む(くるりんぱ)。ロングヘアなら、くるりんぱを2回繰り返す。
3: おろしていた髪をひとまとめにし、毛先からクルクル巻き上げていく。
4: 最後に、2を包むように巻き込んでアメピンで留める。

ねじりをまとめる位置次第で、シニョンの高さをアレンジできます。エレガントなファッションには低め、華やな雰囲気にしたい日は高めなど自在に楽しんでください(ヘアクリエイター山戸 優さん/Salon de Milk harajuku)

出典: 編集部取材

# 計算ずくの「ゆるさ」で好感度up “トランスペアレントシニョン”

海外風のお団子ヘアは、手グシで作る絶妙な“ゆるさ”が決め手。おくれ毛を耳にかけることで、オフィスに必要な清潔感が演出でき、小顔効果も期待できます。

■手順

(左上から)
1: すべての髪を手ぐしで後ろにまとめる。
2: もみあげ部分の髪を少量だけ“おくれ毛”として残し、耳にかける。
3: 毛先を長めに残す形で、ゆるめのお団子を作る。
4: 残した毛先をゴムに巻きつけてアメピンで留める。

おくれ毛の量が多いとカジュアルな印象になるので、オフィスでは少量にして、さらに耳にかけると好感度アップ。きちんとした仕上がりになります。(ヘアクリエイター山戸 優さん/Salon de Milk harajuku)

出典: 編集部取材

# きっちりのなかにレディが宿る“クラシカルブレイド”

真面目なだけではない、エレガントな女性らしさが漂う三つ編みヘアです。ざっくりとした分け目とルーズな三つ編みが、スーツにもカジュアル服にもマッチ。

■手順

(左上から)
1: 後ろの髪をざっくり左右に分ける。分け目はあえてルーズに。
2: 左右それぞれを根元から三つ編みにする。
3: 右側の三つ編みの毛先を左の三つ編みの下へ持っていき、アメピンで留める。
4: 左側の三つ編みを3に重ねるように右へ持っていき、同様に留める。

三つ編みを交差させるだけなので、実はとても簡単にできるアレンジです。三つ編みを、裏編みにするか表編みにするかで違った表情が楽しめますよ。(ヘアクリエイター山戸 優さん/Salon de Milk harajuku)

出典: 編集部取材

3分以内で作れて、オフィスもアフター5もOKな海外モデル風こなれヘアアレンジ。でも実際は、「簡単なはずなのに、なんだかうまくいかない」と感じる女性も多いのではないでしょうか。

こなれアレンジの仕上がりを左右するのは、“髪のまとまり”。まずは、洗うだけで翌朝手グシでまとまるシャンプー&コンディショナーを選ぶところからはじめてみましょう。

朝のキレイを助けてくれる『エッセンシャル』シリーズ

忙しい朝でも、きちんとしたヘアアレンジを楽しみたい人におすすめなのは、『エッセンシャル』シリーズのシャンプー&コンディショナー。

タイプは、ひどく傷んだ毛先までしっとりまとまる髪に洗い上げるリッチダメージケア*1(左)、さらさら軽やかな指通りに仕上げ、早く乾くフリー&スムース*2(中)、乾燥しがちな髪もふんわり柔らかに仕上がるアリーモイスト(右)の3種類。好みの仕上がりから選ぶことができます。
*1:髪の傷みを補修
*2:シャンプーとコンディショナーをセットでお使いいただくことをおすすめします。トリートメントを使うとしっとり仕上がりますが、速乾効果が少なくなります。

忙しい朝、起きてすぐスタイリングに取りかかれたらうれしいですよね。海外モデル風ラフアレンジをさっと仕上げるなら、“指どおり”と“手グシ”のまとまりのよさがマストです。

指どおりのよい、するするした洗いあがり

カラーやパーマをした髪は、絡みやすくすぐ指にひっかかります。エッセンシャルは、髪1本1本をうるおいのヴェールで包みこみ、荒れた髪表面*を補修。シャンプー中の摩擦から髪を守り、扱いやすいスマートな指通りに洗い上げます。
*:キューティクルがダメージを受けた状態

手ぐしだけでまとまるから、ラフなアレンジも簡単にきまる

髪が本来持っている成分に近い「ヘアサプリオイル*1」を配合。荒れた髪*2も根元から毛先までヴェールのように包みこみ、手ぐしだけでもキレイにまとまる髪へ。
*1:ラノリン脂肪酸(補修・保湿・保護)
*2:キューティクルがダメージを受けた状態

『エッセンシャル』で簡単ヘアアレンジができたら、毎朝の仕度も楽しくなりそうですね。

「時間がない」を理由に妥協するなんてもったいない。素早くできるオシャレな海外モデル風ヘアアレンジをマスターして、明日から“もっとキレイ”を目指しましょう。

Sponsored by 花王株式会社

Edited by by.S 編集部

女性の美しさを後押しする"ファッション・美容"情報をお届け。