春のスキンケアチェンジは不要かも。頑張る人ほど陥りやすい美容の“落とし穴”

PR:花王株式会社

あたたかくなるとスキンケアも春夏用にチェンジする人も多いはず。でも、なかには春からも続けたほうがいいこともあるのです。ここでは、この時期ありがちな春夏美容の“落とし穴”についてご紹介。年間通して続けたいスキンケアのポイントをお教えします。

春夏美容の“落とし穴”

冬の間は気をつけていても、あたたかくなると疎かにしてしまいがちなケア。代表的なのが“温活”“保湿”です。

暑い時期に温活は不要だと思う人も少なくありませんが、冷えは女性の大敵。この時期も温活を続けて、健康な体を保つよう心がけましょう。

もうひとつは、美肌に大切な“保湿”。湿度が著しく低下する冬場はもちろんのこと、冷房や強い紫外線にあたることで春夏の肌も水分不足になることも。肌が乾燥するとハリの低下にもつながってしまうので、春夏でも保湿が大切なのです。

春夏も継続したい美容習慣

そうはいっても、暑くてベタつく春夏に冬とまったく同じケアはしたくありませんよね。そこで、春からも心地よく続けられる“温活”と“保湿”ケアをおすすめします。

春夏もきちんと湯船につかる温浴習慣

温浴は血管を拡張して血液循環を高めてくれるうれしい効果が。夏はシャワー派という人もなるべく湯船につかる半身浴や全身浴を取り入れていつでも巡りの良い体を目指しましょう。

2. デスクワークのときに靴下をはく

デスクワーク中、ストッキングや素足でいる人は、靴下をはいて血液やリンパが滞りがちな先端をあたため、循環をアップさせましょう。
靴下をはくだけなので、仕事中もデスクの下でこっそり温活できるのがうれしいポイントです。

3. 肌を乾燥にさらさない

爽やかで心地よい春ですが、日中と夜の気温差が大きくまだまだ湿度が低い日もあります。春夏といえども油断せず、加湿器をつけて肌を乾燥から徹底的に守りましょう。

4. 保湿ケアは“美容液”にこだわる

春から夏にかけて、一気に強くなる紫外線などで、肌は乾きハリを失いがち。そんなときは、化粧水でたっぷりと水分を与えつつ、乾燥した肌を潤いで満たしてハリを与えてくれる美容液を使って、しっかりとケアしましょう。

べたつきが気になり始めるこの季節の保湿は、テクスチャーや使用感もすっきりしたものを選びたくなるもの。だからこそ続けたいのは、しっとりするのにべたつかず、肌にうるおいを与えて、気になるハリをケアしてくれる美容液
そんな春夏美容にもピッタリの美容液をご紹介します。

春からも続けやすい美容液『ソフィーナ リフトプロフェッショナル』

『ソフィーナ リフトプロフェッショナル』は、乾燥によってハリが低下しがちな肌を、潤いで満たしてはずむようなハリを与える“美容液

『ソフィーナ リフトプロフェッショナル』
40g  ¥5,500(税抜) *編集部調べ

独自のモイストリフト成分(※1)が肌の角層深くまで浸透。弾力性のある線維(※2)に働きかけて、はずむようなハリを与えます。

30年以上の皮膚科学研究から完成した、独自のモイストリフト成分(※1)

数百種以上の植物・種子・海藻等をひとつひとつ試し、部位に至るまで厳選したものをこだわりの方法で抽出。30年以上に及ぶ皮膚科学研究の結果、独自の“モイストリフト成分(※1)”が完成しました。乾燥した肌の角層まで潤い成分がしっかり届きます。

※1:保湿成分 ショウガ根エキス・セイヨウトチノキ種子エキス・ヒバマタエキス・アミジノプロリン・アセチルヘキサぺプチド-8・グリセリン
※2:角層のケラチン線維

みずみずしくべたつかない使用感

しっとりみずみずしいテクスチャーは肌にのせるとスルスル伸び、仕上がりはベタつきが気になりません。さらに、女性らしい花の香りを基調に、柑橘やスパイスなどの香りをプラスして、さわやかで凛とした印象に。使うたびに気分も上がります。

ハリとうるおいは密接に関係していますから、空気の乾燥や、紫外線による乾燥が気になってくる春だからこそ、積極的に、このハリ美容液を使い続けたいですね。(美容コーディネーター 弓気田みずほさん)

出典: http://lo.ameba.jp

湿度の低下や紫外線による乾燥は、季節を問わず肌からうるおいを奪い、ハリを失わせます。一年中心地よく使いやすい美容液でたゆまぬケアを続けていきましょう。

季節に合わせたケアも大切ですが、自分に合ったケアをしっかり見極めて、変わらず使い続けていく“継続性”も美容には大切なこと。自分にあったケアを続けて、いつまでも美しいお肌をキープしたいですね。

Sponsored by 花王株式会社

Edited by by.S 編集部

女性の美しさを後押しする"ファッション・美容"情報をお届け。