“伸ばしかけ”にも旬をひとさじ。レングスを変えない春のヘアチェンジ計画

PR:ホーユー株式会社

買い足すことができるファッションとは違い、ヘアスタイルを頻繁に変えるのは難しいもの。でも、お洒落女子たるものいつでも最旬ヘアでいたいですよね。実はレングスを大きく変えたり、パーマをかけたりしなくても、旬のスタイルは作れるのです。今すぐ取り入れられる、春の最新ヘアトレンドをご紹介します。

“伸ばしかけ”を旬髪に変える方法は?

全体として、エフォートレスで自然体なスタイルが主流の2016年。そんななかで旬をみせるのはヘアカラーやカットで表現する“ニュアンス”です。

ファッションとのバランスをみながら、なりたいスタイルを取り入れてみましょう。

前髪は“センターパート”が気分

去年の“掻き上げヘア”から変化して、今年は真ん中からぱっくり分けた“センターパート”が旬。まずは濡れた状態で前髪を真下に下ろし、上からドライアーをあてて生えグセを解消することがポイント。乾いたらコームの先端を使い、きれいにセンターで分けとりましょう。最後にミニサイズのストレートアイロンを、根元から毛先までまっすぐに滑らせて整えます。

毛先を揃えた“ブラントカット”

「長さは変えずに雰囲気を変えたい」という欲張り女性にぴったりなのが、毛先をぱつんと揃えた“ブラントカット”。ショートからロングまで、レングスを問わずにチャレンジすることができます。傷んだ毛先をカットすることで、きれいに伸ばせるメリットも。次回のヘアサロンで迷わずオーダーしたいスタイルです。

大人の“外ハネ”で色っぽく

ミディアムヘアのスタイリングは“外ハネ”が最旬。毛先だけをぴょんとカールさせたり、ふんわりくびれを作ってセクシーにきめたりと、なりたいイメージに合わせてアレンジが可能。アイロンやコテで毛先をハネるように通したら、ジェルワックスなどでバランスを見ながら仕上げましょう。

“無造作ドライ”な質感で仕上げ

ウェットな艶髪人気が続くなか、お洒落な女性はじわじわと“ドライヘア”にシフト中。全体的にエアリーで、作り込みすぎない無造作な雰囲気が魅力です。コテで動きを出すように巻いた後、ベタつきの少ないスプレーやパウダータイプのスタイリング剤で仕上げ。パサパサのダメージヘアにならないよう、毎日のケアにも気を配って。

お気に入りのヘアが完成したら、誰かに自慢したくなるもの。せっかくなら友達だけではなく、お洒落なヘアが集まるSNSに写真を投稿してみてはいかがですか?

Instagramで春ヘアをお披露目

旬のスタイルが集まるInstagram。なかでもこの春おすすめなのが、ヘアカラーでおなじみの『ビューティーン』が主催する『ワタシカラーコレクション』です。

今年の春、ヘアカラーを思い切り楽しんでもらうことを目的としたこのキャンペーン。ハッシュタグ#ワタシカラー」「#ビューティーン」をつけてInstagramまたはTwitterにヘアスタイル写真を投稿すると、抽選で最大100名様に豪華なプレゼントが当たるチャンスです。

【応募期間】
2016年3月25日〜2016年4月30日まで

【プレゼント内容】
・Beauteen 部門
ビューティーンの広告モデルに採用
※『ビューティーン』の商品パッケージと一緒に撮影した写真を投稿することが条件となります。

・ワタシカラー 部門
特賞…プロのカメラマンが貴女のSNSプロフィール写真を撮影
副賞…ステラハリウッドヘアアクセサリー、CA4LAギフトカード、ハーゲンダッツギフトカード

各賞にお好きなカラーのビューティーン商品をセットでプレゼント

いかがでしたか? ほんの少しのカットやスタイリング次第で、トレンドヘアは作れるもの。お洒落なInstagram投稿も参考にしながら、春のお洒落を思い切り楽しみたいですね。

※ヘアカラー・ブリーチ(医薬部外品)は、使用上の注意をよく読んで正しくお使いください。
※ヘアカラーをご使用の前には、毎回必ず皮膚アレルギー試験(パッチテスト)をしてください。

Sponsored by ホーユー株式会社

Edited by by.S 編集部

女性の美しさを後押しする"ファッション・美容"情報をお届け。