美人は「一発逆転」を狙わない。“大人の透明感”を育てる27歳からのデイリーケア

PR:第一三共ヘルスケア株式会社

「今すぐに綺麗になりたい」と願うのは、女性なら当然のこと。でも、焦るあまり“一朝一夕のケア“を繰り返してはいませんか? 20代後半からは、じっくりと自身の“美”と向き合いたいもの。生活の一部として毎日続けられる、未来のためのbeauty計画を考えてみましょう。

今すぐ見直したい。“一発逆転”を狙ってやってしまいがちなこと

1. デートの前日だけ“美容ドリンク”を飲む

大切なデートの前日、慌ててコラーゲンドリンクや高級なパックに助けを求めていませんか? 大人の女性たるもの、普段から“調子のいい肌”を保っていたいもの。毎日の食生活を、改めて見直してみましょう。

とくに積極的に取りたいのは、旬の野菜。美肌作りに欠かせないビタミンCは、旬の時期とそれ以外の時期で、含まれる量が変わります。忙しくて自炊ができないという場合も、コンビニ弁当で済ませるのはNG。切るだけ・蒸すだけの簡単調理&シンプルな味付けで、素材の恵みを丸ごといただきましょう。

2. 目新しい“コスメ”や“洋服”を衝動買い

新しいコスメや洋服は、自分を新鮮に見せてくれるもの。でも「奮発して買った服なのに、一度だけ着てクローゼット行き…」では、美しいスタイルを保つことができません。一見遠回りに思えるかも知れませんが、本当に似合うアイテムを知ることが美への近道。

一度受けておきたいのは、パーソナルカラー骨格診断。肌の色や骨格のタイプから、貴女を本当に輝かせてくれるメイクやファッションを知ることができます。3〜5年ごとに受け直すことで、年齢の変化や流行にも対応。いつでも自信のあるスタイルでいることが、自然な笑顔を引き出してくれます。

3. 即効性を狙った“美白エステ”

美白や美肌を狙ったフェイシャルエステは、定期的に通ってこそ効果を発揮するもの。でも、「時間や費用の問題でなかなか叶わない」という女性も多いのでは? サロンでのスペシャルケアに頼らず、自分でできるケアを毎日続けることが大切。

まずは基礎化粧品の見直しを。何年も同じものを使っていたり、なんとなく選んでしまっている…というひとは、お悩みや年齢に合ったものを揃えましょう。また、外側だけではなく“内側”からのケアも大切。しみやそばかすなど、お悩みに合わせた対策を。

日常的に“美”を磨くことは、大人の余裕に繋がります。また、素肌が綺麗ならメイクで隠す手間も減り、朝の時間にもゆとりが。彼が急に接近してきても、自信を持って対応できますね。

続けることが自信になる。『トランシーノ』で内外からのシミケア

『トランシーノ』は、製薬会社の「シミケア」研究から生まれたブランド。外側からだけでなく、内側からもじっくり取り組めるよう、大人の女性の「シミケア」をトータルでサポートしてくれます。

『トランシーノ 薬用ホワイトニングシリーズ』で、“外側“からのケア

『トランシーノ 薬用ホワイトニングシリーズ』が目指すのは、“大人の美白肌”。美白化粧水、美白美容液、美白乳液など、シリーズすべてに美白有効成分「トラネキサム酸」を配合。シミのもとになるメラニンの生成連鎖を抑え、透明感のある美肌へ導きます。大人の肌に不足しがちな肌活力(※1)に着目し、キメ・うるおい等にトータルでアプローチ。

低刺激性でお肌へのやさしさを考えた処方なので、刺激がありそうで美白化粧品を避けてきた、という方にもおすすめです。

※美白:メラニンの生成を抑え、しみ・そばかすを防ぐ
※1 すこやかな肌を保つこと

『トランシーノ ホワイトC』で、“内側”からのケアも

『トランシーノ ホワイトC』は、内服タイプのしみ・そばかす対策薬。L-システインがビタミンC、Eと協力して、しみやそばかすの原因となるメラニンの生成を抑制。お肌の新陳代謝を進めてメラニンの排出を促進することにより、しみ、そばかすや日やけによる色素沈着を緩和します。

朝晩2回の服用なので、昼に飲み忘れる心配がなく、続けやすいのがうれしいですね。

毎日のお手入れが大切とはいえ、スペシャルケアに頼りたい日があるのも事実。そんなときは、ハリとうるおいをチャージしてくれる『トランシーノ 薬用ホワイトニングフェイシャルマスク』がおすすめ。多機能マイクロファイバーシートが肌にやわらかく密着し、美容成分をじっくりと肌の奥(※2)に届けます。

※2 角質層

即効性を求めるケアは、20代前半で卒業。毎日じっくりと続けるケアで、大人の余裕と理想の美を手に入れましょう。

Sponsored by 第一三共ヘルスケア株式会社



Edited by by.S 編集部

女性の美しさを後押しする"ファッション・美容"情報をお届け。