“涼肌”の秘密は、メーク前にあり。1日中美しくいられる「ひと手間」教えます

PR:資生堂インターナショナル

メークが崩れやすい夏は、女性にとって悩ましい季節。せっかく完璧にメークを終えても、汗がにじみ出すその直後から“崩れ”は始まってしまいます。大切なのは、メークタイムのひと手間。優秀アイテムを上手に使って、1日中美しい肌を保ちましょう。

真夏でも“涼肌”。1日中美しくいるためのTIPS

化粧崩れの主な原因は、汗・皮脂・乾燥の3つ。特に夏場は、汗や皮脂が過剰に分泌されるだけなく、エアコンなどによる乾燥も深刻です。

汗や皮脂に強いベースメークアイテムを使うことはもちろん、スキンケアのひと手間を惜しまないことも大切。キーワードは“うるおい”と“引き締め”です。さっそく明日から試してみましょう。

①さっぱり使えてうるおうスキンケアを選ぶ

べたつくのが嫌だからと必要なスキンケアを省いたり、自分の判断で量を調節してしまってはいませんか? 夏こそ、乾燥対策は欠かせないもの。さっぱりとした使用感でも、しっかり浸透感保湿力のあるアイテムをチョイスしましょう。

②“冷やし美容”を取り入れる

夏にぜひ取り入れたいのは、顔の皮ふ温を下げる“冷やし”の一手間。冷蔵庫で冷やした保冷剤をタオルなどで包み、うなじのあたりを冷やすことで、メーク中の汗を防止します。

③“収れん化粧水”を使う

夏の肌は、外の蒸し暑さと冷房による冷えを繰り返している状態。水分と皮脂のバランスを整え、肌や肌の毛穴を引き締めてくれるケアが必要です。おすすめは、メーク前の“仕込み”として、スキンケアの最後にスプレータイプの収れん化粧水を使うこと。

せっかくプラスするなら、美容成分をたっぷりと配合し、肌に“ベール”を作ってくれるアイテムを選ぶのが正解。みずみずしく化粧のりのよい肌に整えてくれます。

1日中綺麗でいたい女性のマストハブ。『スプラッシュジェリーミスト』

夏美人の強い味方となってくれるのは、リバイタル グラナス『スプラッシュジェリーミスト』。清涼感のあるジェリー状の収れん化粧水をシュッと吹き付けると、肌に薄い膜の“ベール”が作られます。肌の表面をなめらかにし、うるおいのある涼やか肌に。

ジェリーベール処方で、メークのり&モチがアップ

「ジェリー」をミストするのが、大人の夏のキーポイント。水分と皮脂のバランスを整え、毛穴や肌をひきしめてくれます。

美容成分をたっぷりと配合したジェリーが、ムラなく均一に肌にフィット。高い保湿効果で、メークのモチをアップしてくれます。ひんやりとした清涼感が持続するスプレーは、暑い夏にぴったり。気になるときに、いつでもどこでもメークの上からでも使うことができるので、トラブルをこまめに防止できます。

『スプラッシュジェリーミスト』を使ったメーク直し

朝のメークでひと手間をかけたけど、どうしても崩れてしまった…。そんなときは、ミストを使った“お直し”を。

まず、気になる部分をあぶらとり紙やティッシュペーパーで軽く押さえます。次に、スポンジの綺麗な面で崩れたファンデーションを取り除きます。顔からおよそ15cmほど離し、『スプラッシュジェリーミスト』を2プッシュ。手のひらで軽く抑えるようにしてなじませます。この後、ファンデーションを直せば完成。

オフィスでの乾燥対策や、外で汗をかいたときにもぴったりです。

“夏美人”をサポート。季節で切り替える『リバイタル グラナス』のおすすめアイテム

夏のスキンケアにぴったりなのは、リバイタル グラナス 透光ケアの化粧水や乳液。「さっぱりしたいけどうるおいたい」という女性たちの声に応えて開発されたアイテムです。清涼感がひろがるクールな使い心地なのに、充実のうるおいが持続。一度試す価値ありの逸品です。

ベースメークは、『ファンデーションウオータリー』『ファンデーションパウダリー』のダブル使いを。ウオータリーが光を味方にして、毛穴やくすみをカバー。さらに、パウダリーが皮脂・汗を吸収してさらさら感をキープします。超薄膜で自然な印象に見せながら、肌悩みを感じさせない涼しげな肌へ。

アクティブな予定が増える夏は、常に自信のある肌でいたいもの。今年は、1日中崩れ知らずの“夏美人”を目指してみてはいかがですか?

Sponsored by 資生堂インターナショナル


Edited by by.S 編集部

女性の美しさを後押しする"ファッション・美容"情報をお届け。