27歳で結婚、30歳で出産…?世間のエイジングイメージとアラサーOLの本音

PR:日本ロレアル株式会社

20代は仕事と恋愛、30代は出産とキャリア、40代は育児…。女性のライフスタイルと年齢には、世間のイメージがつきまとうのはどうして? 28歳、OL。独身。一般的には結婚適齢期で、周りの独身女子は婚活真っ最中。でも、私には私の理想がある。

# アラサー女子の悩み

昼休み、デスクで簡単に昼食を済ませ、周りに聞こえない位の小さく長いため息をつく。
大学を卒業して某女性誌に就職し、編集の仕事をはじめて6年目。忙しいけれど華やかな業界でやりがいがあるし、それなりに充実している。

ため息の原因は昨夜の女子会。大学の同級生であるしおりに1年ぶりに会ったのだ。

婚活や転職に“タイムリミット”?

新しいもの好きでミーハーだけど堅実なところもあるしおり。卒業後、就職してしばらくは頻繁に会って近況報告や他愛もない話に華を咲かせていた。

彼女はいつもプライベートに忙しそうで、女は23歳が一番美しいんだって!」と毎週のように合コンに行っていたし、「今しかない20代を仕事に捧げるのはもったいない」というのが口癖だった。

私は学生の時から憧れだった仕事に就けて、バリバリ働く女性は格好良いと思っていたから、正直そんなしおりを心のどこかで下に見ているところがあった。

しおりに誘われて婚活イベントに参加したこともあったけれど、数人とLINEを交換したものの、その後につながる出会いはなし。そんな場所で、必死になっているしおりが滑稽に思えて、なんとなく疎遠になった。

その頃、入社以来何かと目をかけくれていたまい先輩が、海外本社へ転勤になった。誰もが欲しがる切符を手に入れて、デスクを片付ける作業すら楽しそうな先輩。その姿をみて「いつか私も」と夢見ていた。そして、気付けばその時のまい先輩と今、同じ年になっている。

結局あの頃と変わらず日本にいる私。思い描いた姿までは、まだ距離がある…。

そして昨日、1年ぶりに再会したしおりは、雰囲気がガラっと変わっていた。落ち着いた服装は「もうアラサーだから」とのこと。顔つきも変わっているような気がして尋ねると、「肌に合うものも変わってくるし、スキンケアもきちんとしたものをラインで揃えることにしたの」。

そしてなんと転職まで決めたという。30を過ぎたらチャンスが減るからだとか。

周りに流されているだけだと思っていたしおりが、今は自分より先にいる気がして、焦った。

流されない『自分らしさ』って?

転職や結婚。女性はどうして急かされなければいけないんだろう。20代は仕事に集中したいと思っていた私は、もしかして視野が狭いのだろうか?

またひとつため息をついて、なんとなく転職サイトや婚活ブログを覗く。アラサー、バリキャリ、婚活、ハイスペ...。自分とは違う世界の言葉のように思えて、PCの傍の氷の溶けたカフェラテに手を伸ばす。底にずっしり溜まったガムシロップは、私の心の淀みのようだ。

もう一度深いため息ついたところで、ふと目を上げると、そこにはNYにいるはずのまい先輩の姿が。

「とりあえず、コーヒー飲みたくない?」そう言って、まい先輩は私を外に誘った。

ビルの裏口から出たところの、ベンチが置いてあるだけのスペース。仕事に煮詰まると2人でよくコーヒーを飲んだ場所。あの頃に戻ったような気がして、次から次へと、抱えている淀みを吐き出すように悩みを相談した。

腕を組みながら頷く先輩。
「今でも、年齢を意識してたまに焦りそうになることはある。でも結局流されて何かしてもうまくいかないから、自分の心が求める時がベストタイミングだよ」

先輩が私のモヤモヤを言葉にしてくれた。丸まっていた背中が少し伸びる。

デスクに戻ってPCを開きながら、また考える。
“心が求める時”っていつだろう。それを待っているうちに歳をとっていくのかな。

さっき別れたばかりの先輩からLINEが入った。そこにあるのはURLのみ。

“何かを始めるのに、早すぎることも、遅すぎることもない。”

きっとこれは私に向けたメッセージだ。ずっと世間の年齢のイメージに縛られることが窮屈だったことに気付く。

私が今一番したいことは、目の前の仕事1つ1つをより良いものにすることで、それを心が求めているのだろう。今は自分を磨き上げて、未来の自分の夢を叶えられるようにしてあげたい。

ようやく気付いた。しおりの理想、まい先輩の理想、そして私の理想はそれぞれ違うのだ。「こうあるべき」という窮屈な枠にとらわれず、私らしく、しなやかに生きていこう。

自分らしく生きる女性のために。『ランコム ジェニフィック アドバンスト』

“love your age”をテーマに、年齢にとらわれず美しく生きる女性を応援する、ランコムの『ジェニフィック アドバンスト』

出典 YouTube

女性のエイジレスな美しさとは、内側から溢れるような輝き。つまりはオーラを放つ肌。そんな女性にお薦めの美容液として、発売後約5年間で数々の賞を受賞し、世代を超えてたくさんの女性に愛される世界的ロングセラーになりました。

ジェニフィック アドバンスト
30mL 10,000円(税抜)

50mL 13,500円(税抜)

ジェニフィックが注目したのは、すべての人の肌に眠る『美しさの記憶。その源を呼び覚まし、柔らかい触れ心地とキメの細やかさ、まばゆい輝きを解き放ちます。

さらに驚くほど軽いテクスチャーは、日本女性のためだけに開発されたもの。つけた瞬間に肌にとけこむような繊細な感覚。洗顔後、いつものスキンケアの1番最初に使う“my first美容液”です。

世間に押しつけられる年齢イメージにとらわれて、自分らしさを失うのはもったいない。美しいオーラを放つ女性に年齢は関係ありません。心の動くままに、輝く“今”を生きましょう。

Sponsored by 日本ロレアル株式会社



Edited by by.S 編集部

女性の美しさを後押しする"ファッション・美容"情報をお届け。