ただ「洗わない」だけじゃない。 海外セレブも実践する秘密のノープー習慣

PR:日本ロレアル

ノープーという言葉をご存知ですか? 海外セレブや芸能人が実践していることでも話題となった、新しい洗髪トレンドのこと。その魅力を知れば、きっと貴女も取り入れたくなるはずです。ノープーの正しいやり方と、うれしいメリットをご紹介します。

「毎日洗いたい」派は注目。シャンプーが与える影響

毎日のシャンプーは、多くの日本人にとって当然のこと。600人の女性を対象にしたアンケートでは、86%「髪を毎日洗いたい」と回答しています(*1)。一方欧米では、毎日シャンプーを使っている人は23%という結果に(*2)。比較すると、日本人は髪を洗いたがる頻度が高いことがわかります。

「毎日のシャンプーで髪が傷むと思う」人は半数以上、だけど「毎日したい」人は約9割

出典: 日本ロレアル調べ

*1 ロレアル パリ調べ
2016年 20代〜40代女性 600人

*2 ロレアル パリ調べ
2015年 20〜34歳女性 155人

洗浄力の高い泡と泡立てるときの摩擦は、髪にダメージを与えることもあります。また、洗いすぎによって本来必要な皮脂までも落としてしまう可能性も。そこで誕生したのが、シャンプーを使わないノープーという選択肢なのです。

髪本来の美を呼び覚ます。ノープーのhow to

ノープーの魅力は、なんと言っても髪と頭皮にやさしいこと。必要な皮脂を落としすぎず、髪本来が持つバリア機能に働きかけることが期待されます。

ただ「シャンプーを使わない」と言っても、もちろん汚れを落とさないわけではありません。色々な方法がありますが、ブラッシングとぬるま湯を使った一般的な洗い方を見ていきましょう。

①ブラッシング
まず欠かせないのが、入浴前のブラッシング。丁寧に髪を梳くことで、余分な皮脂や汚れを浮かび上がらせ、お湯のみでも洗い流しやすくしてくれます。特に適しているのは、柔らかい獣毛のヘアブラシ。毎日使う重要なアイテムなので、心地よく使えるブラシを吟味しましょう。

②ぬるま湯で全体を洗い流す
36度以下のぬるま水で5分程度、頭全体を洗い流します。ゴシゴシ洗いはNG。シャワーを当てながら、優しく指の腹でマッサージするように頭皮を洗います。ロングヘアの場合は手ぐしや目の粗いヘアブラシで梳かしながら。

③タオルで挟むように拭き、よく乾かす
洗い終えたら、吸水性のあるバスタオルで拭きましょう。ここでガシガシ擦ってしまっては台無し。摩擦を起こさないよう、タオルで優しく挟むように押し拭きします。また、生乾きで放置するとベタつきの原因に。必ずドライアーで乾かしてから寝ることを習慣にしましょう。

本当に続けられるの?女性の本音

ノープーの効果を感じられるには、半年程度かかると言われています。髪にいいことはわかっても、習慣を変えるのに“気になること”はつきもの。女性たちの声を聞いてみましょう。

本当に汚れが落ちているのか心配(28歳/営業職)

出典: 編集部調べ

毛穴の汚れまできちんと落とせているのか、「気になる」という声は多いよう。

汗をかいた日はとくに、べたつきやにおいが気になる。(30歳/企画職)

出典: 編集部調べ

においの問題は、女性にとって重要。べたついて見えないかも気になりますよね。

ノープーは魅力的だけど、なかなか第一歩を踏み出せない…という貴女におすすめのアイテムが、この秋登場することをご存知ですか?

発売が待ち遠しい..ロレアル パリの「ヘアケア習慣革命*」に注目

この秋、ロレアル パリからノープー習慣を叶える新製品が登場。泡なしクレンジングクリーム『ラ クレム ラヴォン』を、9月16日に発売します。

ロレアル パリ史上初、まとまらないダメージヘア用の新提案。やさしいクレンジング、コンディショナー、トリートメントを1ステップで叶えてくれます。

発売前の9月10日には、いち早く試せるサンプリングイベントも開催予定。この秋、貴女のヘアケア習慣に革命*が起こるかも。

美髪のはじまりは、「当たり前」を疑うことから。洗いすぎているかも知れない現状を見直して、貴女の毎日にもヘアケア革命*を起こしてみませんか?

* ロレアル パリの定義による

Sponsored by 日本ロレアル



Edited by by.S 編集部

女性の美しさを後押しする"ファッション・美容"情報をお届け。