【#2】「他人の婚約話」は格好の餌食...?女友達との"グループLINE"に翻弄される女の話

2016.08.18

大人の女としての華麗なSNSスルー術を、ケースごとにを学んでいく連載「大人のSNS処世術」

第2回目は
『ゴシップ好きな女友達が集うグループLINE』にまつわるお話。

貴女の周りでも、案外同じような出来事が起こっているはず。

"婚約指輪"の写真は格好の餌食...?女友達とのグループLINEに違和感。

- 第2回目のご相談 -
『他人が婚約するたびに、その人が貰った指輪の写真や、旦那様の写真が影で飛び交う女友達とのグループLINE。彼女たちはひとしきり盛り上がって楽しそうだけど、最近"格好の餌食を嗅ぎつけたハイエナ"の群れのように思えてしまって。。どうしたら、この嫌な気持ちをスルーできますか?

前回に引き続き、再び相談にやってきた証券会社に勤めるS子(30)。S子の悩みのタネは、女友達との“グループLINE”。
共通の友人が結婚すると、逐一、旦那様のスペックや結婚指輪の値段を調べては送ってきて盛り上がる女友達がいるようだ。

正直、気になるのは分かりつつも、自分が同じ類いの"ゴシップ好き"だと思われているのも少し釈然としないようだ。しかし違和感を感じながらもスルーできずにいるという...。上手く付き合っていく方法はあるのだろうか?

そんなS子のお悩みに、今回も女装パフォーマーのブルボンヌさんが答えてくれた。

ブルボンヌ:『結婚報告を素直に喜べないってのに続いて、潔癖症なお悩みねぇ。女性誌ばりにゴシップトークしようとする、あなたの「友人」の程度の低さ、下品さが気にくわないってことよね。アタシはもっと高尚なのにって。

だからね、それがあなたの「友人」レベルなんだって。あなたはそういうことを嬉々としてラインで語る人たちと、つながってきたし、グループラインに入ったの。汚さを友人のせいにしてないで、そこにまみれて人間関係を作ってきた自分のステージと弱さを思い知りなって話よ

内心、品がないって見下してるような「友人」たちとつるまないといられないんでっしょー。「金、金言い過ぎー」って突っ込んだら嫌われそうなくらい、本音をぶっちゃけることもできないんでっしょー。でも、大人の付き合いなんて、それくらいの化かし合い当然でしょって、ケロリとすることもできないんでっしょ!(オネエのネチっこい責め)

自分が選んだ友人関係の中で、去ることも本音をぶつけることもできずに、その友人たちを見下しつつ、自分はもっとイイコなのに、って苦しんでるアピールそれこそ下衆いわ〜。

アタシは、仕事やイベントの打ち合わせ以外のグループラインは一切やらないのね。あと、あなたが言うところの負け犬や、悪口大好きなゲスなオカマや女の友人はいるけど、そこは人それぞれのキャラを楽しませていただく気持ちで付き合ってる。たまには「あんた言い過ぎ、今日はいちだんとクソブスー」くらいのことも笑って言い合いながらね。

そんなんだから、プライベートのラインは、本当に心を許した数人とだけで、目立つ仕事してる割には、日々孤独なものよぉ。でもそれで全然いいの! 


グループラインでわいわいやるのが楽しい人もいるだろうし、俗っぽい悪口で盛り上がる気持ちも分かるわ。みんな気持ちいいスタイルでコミュニケーションを楽しめばいいじゃない。

ただあなたみたいに、孤独を恐れて本音も言わないで、友達ごっこの裏でその人たちを見下してるって、いったい何がしたいんだろって思っちゃう。女子コミュニティがめんどくさいのは知ってるけど、見下すような人たちとつるんでるなら、その人たちにも失礼よ。

早く孤独を受け入れて、中身のない友人関係に頼らない、自分というものを見つけられるといいわね〜。』

『一緒になって楽しめないなら、グループを抜けたっていいのかもしれない。今度ゴシップトークになったら、ちょっと辛口な本音も混ぜてぶつかってみよう。』
S子はそう決心して、LINEの画面を閉じたのだった。

今回もお悩みにお答えいただいたのは、女装パフォーマー/ライターのブルボンヌ氏。
メディア・イベントへの出演・連載をはじめ、新宿2丁目のMIXバー『Campy! bar』ではプロデューサーとして、また女装パフォーマー集団『Campy!ガールズ』のメンバーとして多方面で活躍している。

text : by.S編集部

Edited by by.S 編集部

女性の美しさを後押しする"ファッション・美容"情報をお届け。

Recommend