最愛の1本を“手放す勇気”が未来を作る。肌年齢別スキンケアのアップデート術

PR:クラランス株式会社

自分の肌にぴったりな化粧品に出会えると「もう一生これしか使わない!」と思ってしまうのが女心。でも、お肌は変化するものです。長年の愛用品だったとしても、今の肌状態に合ったアイテムをセレクトすることが重要。

未来の自分を輝かせてくれる、肌年齢に応じた“スキンケアのアップデート”を学びましょう。

見て見ぬ振りしてない? 肌からの“エイジングサイン“

ふとしたタイミングで感じるお肌の変化。「たまたま調子が悪いだけかも…」と目を逸らさず、身体からのサインに耳を傾けましょう。

消えづらくなった“クマ”や、目元の小じわ

ちょっと夜更かししただけで、会社で心配されるほどのクマが・・。しかも昔にくらべて消えづらくなった気がします。(営業職/29歳)

出典: 編集部調べ

“クマ”の原因は様々ですが、血行不良が原因となることがほとんど。特に年齢を重ねることで基礎代謝が落ち、顔の血行が悪くなることで「なかなか消えない」という状態が起きやすくなります。

また、目元は皮膚が薄い分、エイジングサインが目立ちやすい箇所。アイメイクを落とす際の擦りすぎ目の疲れが、20代でも“小じわ”を引き起こす原因に。

保湿しても起こる“乾燥”や、肌の“くすみ”

朝ちゃんとスキンケアしたのに、昼過ぎにはもう乾燥。今までそんなことなかったからショックです…。(事務職/30歳)

出典: 編集部調べ

年齢を重ねると、肌が水分をキープする力も弱まってきます。「いつも通り保湿ケアしたのに、数時間で乾燥してしまう」と感じたら、スキンケアの見直し時。

さらに、乾燥は“くすみ”に繋がることも。肌がかさつき、表面にツヤがなくなると、暗い印象を与えがちです。

いかがでしたか? by.S世代の女性なら、きっと一度は感じたことがあるはず。しっかりと現実を受け入れ、スキンケアを見直しましょう。

なかでも、ファーストステップに使うローション選びは重要。次に続くスキンケアの効果をより高めるために肌年齢に応じたローションをチョイスして。

いつもの化粧水をアップデート。『トリートメント エッセンス ローション』

パーフェクトビューティを提案する『クラランス』から、肌年齢に合わせたエイジングケア*化粧水が誕生。『トリートメント エッセンス ローション』が、肌年齢別のお悩みにアプローチしてくれます。

*年齢に応じたお手入れのこと

# ローションは“肌年齢”に応じた3タイプ

『トリートメント エッセンス ローション』は、肌年齢に合わせた「25+」「35+」「45+」の三種類。キーワードは、肌年齢に応じたスキンバリアの解放です。スキンバリアとは、肌にもともと備わっている、外的刺激から肌を守ってくれる役割のこと。健やかな状態を保ってくれる一方、化粧水の浸透*も防いでしまいます。

*角質層まで

『クラランス』は、このスキンバリアの状態が年齢によって異なる点に着目。それぞれの肌年齢に適したフォーミュラでアプローチします。

初めての一本に指名したいのは、肌年齢「25+」の『Mアクティヴ トリートメント エッセンス ローション』
さらりとしながらもまろやかな感触が心地よく肌を包み込んでくれます。ワイルドティーゼル*とアセロラ種子*のエキスが、肌機能の低下が現れ始めた肌にアプローチ。明るくみずみずしい肌へ 。

*オニナベナエキス、アセロラ種子エキス(保湿成分)

エイジングサインが気になる肌には、肌年齢「+35」の『ファーミング EX トリートメント エッセンス ローション』
ハリと弾力感に満ちた肌へ導きます。ベルベットのようになめらかでリッチな感触と、さわやかなグリーンフローラルの香りに包まれて。

肌年齢「+45」は『スープラ トリートメント エッセンス ローション』
エイジングサインが目立つ肌に、たっぷりとうるおいを与え、 有用成分をしっかり届けます。輝きあふれる、なめらかな肌へ。

# 植物を科学する『クラランス』ならではのこだわり

『クラランス』は、エステティックサロンから誕生したパリ生まれのトータルスキンケアブランド。もっとも効果的な成分を見出すため、それぞれの植物に秘められた美しさを60年以上にわたり科学的に研究。肌年齢ごとに必要なエキスを抽出し、製品開発に生かしています。植物由来のみずみずしい香りは、スキンケアタイムを幸せなものにしてくれそう。

実年齢と肌年齢はちがうもの。人によって、必要なスキンケアは異なります。肌からのサインを見逃さず、いつまでも自信のある美しさを保っていたいですね。

Sponsored by クラランス株式会社



Edited by by.S 編集部

女性の美しさを後押しする"ファッション・美容"情報をお届け。