【#13】「モデルじゃあるまいし...」Instaの"ジム撮り女子"に冷やかな目を向けた女の話。

2016.11.24

大人の女としての華麗なSNSスルー術を、ケースごとに学んでいく連載「大人のSNS処世術」

第13回目は『身体磨きを頑張ってますアピール』についてのお話。

ジム通いやヨガなどのボディメンテナンスは、意識が高くないとできないこと。当然その努力は素晴らしいことだけれど、Instagramでトレーニングの“やってますアピール”には、どう反応してもいいかわからないかも?

今日もしっかりワークアウト。“自分磨き頑張ってます”報告はなんのため?

- 13回目のご相談 -
Instagramでジムやボクシング、ホットヨガをなどの写真や動画をアップして努力してるアピールする人がいます。腹筋とかしてるところやヨガをしている動画とか。あの投稿は一体なんなのでしょうか。』

最近Instagramのタイムラインで、ジムやヨガなどを頑張る友人たちの投稿が増えているなと感じているE奈(29)。お洒落なウェアを着て、ワークアウトに励む友人たちの姿にどう反応すればわからないし、自分磨きはこっそり頑張ってこそ格好いいのでは?と思うE奈。

この疑問に、ブルボンヌさんはどう答える...?

ブルボンヌ:なんなのでしょうか。
って、そりゃ「私、自分磨き頑張ってます!」ってアピールに決まってんじゃないの~。

今やSNSは「自分の生き様」公開ツール。
ライフスタイル、なんてキレイな言い方しなくていいんだからね。生き様よ、生き様。

ただし、24時間すべてを公開するわけじゃない。
そりゃそうよ。疲れ果ててシミ・シワくっきりのスッピンの顔とか、二日酔いで尿もれしながら変なクリーチャーみたいな体勢で呻いてるとことか、全世界に公開したくないでしょ。

だからこそ生き様全てからの「切り出し方」と「見せ方」があるし、それがその人が「人からこう思われたい」と願っている姿なのよね。

着こなし、最新のスイーツ、旅先の部屋、友達とのパーティ、お気に入りアーティストのライブ……。
わっかりやすく「私はこんな世界が大好きで、こんなステキに生きてまーす!」というアピールだもの。

フィットネス系の女子は、
「健康的に自分磨きをしている生き生きとした私!」でいたいし、そう思われたい。
そういうことでしょ。

それより~、
「なんなのでしょうか。」
って言い方こそ、
あんたこそなんなのよって話よ。

ヘルシー・向上心・笑顔、みたいな眩しさアピールしてくる女に、真っ直ぐには生きられない自分の闇を照らされてイラッとしてるんでしょ。
「なんなのでしょうか」なんてよく分かってないようなフリして、女装に、そいつらを意地悪に語らせようってか。
たちが悪い女ねー!


ゲイにもジム撮りしてる子たちって多いわよ。
なんたって、筋肉つけりゃブスでも売れるのがゲイの世界ですから。

当然そこには、最低限のナルシシズムはあるわね。

でも、鍛えた筋肉をタダで見せてくれるわけだし、今さらライバル意識を持つわけもない女装ホモおじさんのアタシからすれば、悪くてスルー、基本は好奇心をそそられる、うれしいものだわね。どうせならウェア脱いで撮れや!くらいに。

あなたは他の女のナイスバディを見て喜べないかもしれないから、写真を見てもうれしかないのは分かるけどさ。
いちいちそんなのにまで突っかかって、しかも自分の手は汚さず女装に悪く言わせてスッキリしようって、ヒネくれた恐ろしい子だよ!

SNS、とくにインスタなんて、ナルシシズムと自分アピール合戦が基本のメディアなのよ。

他人様のキラキラアピールに対してイラッとし続けるってのはね、
自分の闇を確認・増強していくようなもの。
それをしていいのは、腹をくくったネガティブキャラで生きてる人よ。

ヒネくれた自分を認めたくないくせに、フィットネス女ごときにざわつくハンパな心が、すこやかにやっていける場所じゃないのよ。
これ以上いじけるくらいなら、今すぐSNSからお逃げ~!

「私も趣味の旅行の写真をアップするけれど、彼女たちがワークアウト写真はそれと同じだ」と理解したE奈。Instagramは自分の好きなものをアピールして、自分の世界観を表現するツールなのだ。これからは彼女たちがSNSでシェアする、彼女たちの世界も楽しもうと思ったE奈だった。

今回、お悩みにお答えいただいたのは、女装パフォーマー/ライターのブルボンヌ氏。

メディア・イベントへの出演・連載をはじめ、新宿2丁目のMIXバー『Campy! bar』ではプロデューサーとして、また女装パフォーマー集団『Campy!ガールズ』のメンバーとして多方面で活躍している。

text : by.S編集部

Edited by by.S 編集部

女性の美しさを後押しする"ファッション・美容"情報をお届け。

undefined

Recommend

undefined