2017春、旬の目もとは○○感。大人のカラーメークを成功させる肌作りの極意

PR:インテグレート

出典: Augustino/Shutterstock.com

「ナチュラル」や「ダーク」がキーワードだった秋冬メークからシフトして、この春は目もとにカラーが戻って来る予感。でも、いきなりアイシャドーに手を出すのはちょっと待って。旬のカラーメークを綺麗に仕上げるには、ベースとなる肌作りが最重要なんです。

春の目もとは、“濡れツヤ感”がキーワード

出典: Olga Ekaterincheva/Shutterstock.com

今までの春メークといえば、ふんわりエアリーなパステルが主役。でも、今年のカラーメークはひと味違います。アイシャドーは、赤みがかったブラウン、ピンクなどの単色カラーをまぶた全体にふわっとぼかして仕上げるのが気分。きちんと色味がありながらも、作り込みすぎない濡れツヤ感がキモになります。

甘くなりすぎず色っぽい目もとは、「カラーメークはハードルが高そう…」という大人の女性もきっと挑戦しやすいはず。

出典: lenetstan/Shutterstock.com

カラーメークを綺麗に仕上げるためには、なんといってもツヤのある肌作りが最重要。この春は素肌っぽいみずみずしさのあるツヤ肌で、旬のカラーメークを楽しんで。

まるでスチームケア後のようなツヤ肌に。『リアルフィットリキッド』

この春インテグレートから、肌を格上げしてくれる新しいファンデが誕生。『リアルフィットリキッド』は、カバーしているのを見破らせないほど肌になじむ、旬のツヤ肌作りにぴったりのリキッドファンデーションです。

『リアルフィットリキッド』の大きな特徴は、まるでスチームケア後のようなつややかな美肌に仕上がること。すばやく肌に広がり、テクニックいらずで肌になじんで、毛穴・色ムラ・ニキビ跡などを自然にカバーしてくれます。

出典: chaletgirl/Shutterstock.com

肌あれ防止イオンミネラルパウダー(*1)配合で、肌に負担をかけず、つけた瞬間から肌を守ってくれるのもうれしいポイント。くすみがちな大人の肌をみずみずしく格上げし、旬のカラーメークがマッチするツヤ肌に仕上げてくれます。4種の色調から、貴女にぴったりな肌色をチョイスして。

(*1)硫酸 Ba

まぶたケアも叶うアイカラー。『ウオーターバームシャドー』

つややかな美肌が完成したら『ウオーターバームシャドー』でツヤとカラーをプラス。みずみずしいウォーターベースのアイシャドーで、メークをしながらまぶたケアもできる優れものです。こなれた旬メークを作るなら、BR373の赤みブラウン。さりげなく輝きを添えるなら、BE272のホワイトベージュがおすすめ。

出典: Augustino/Shutterstock.com

みずみずしいツヤ肌を手に入れれば、今季のカラーメークはモノにしたも同然。自信の持てる旬顔で、春の街に出かけてみてはいかがですか?

Sponsored by インテグレート