「かぶらない服」の宝庫。人気スタイリストが本当は教えたくない、ヴィンテージの名店

2017.05.23

ここ数年、ブームの波を感じるのがヴィンテージファッション。ひととかぶることのない1点モノのヴィンテージアイテムに、“個”を求めるおしゃれに敏感なひとたちが注目。昨年は、都内で大規模なヴィンテージの祭典も開催され、関心の高さをうかがい知れる。

もちろん、おしゃれマスターはトレンドに関わらず、長年ヴィンテージものを愛用中。今回はスタイリストのMAIKOさんもお気に入りという、ヴィンテージショップ「EVA」をのぞいてみた。

# マニアやコレクターもマークするラインナップ

代官山駅から徒歩10分ほどの場所に位置する、ファッションとアートが融合したヴィンテージショップ「EVA(エヴァ)」。

シャネルやエルメス、セリーヌ、ヴェルサーチ、アライアなど、ハイブランドのヴィンテージのほか、アンティーク、ヴィンテージをリメイクしたオリジナルレーベルなど、希少なアイテムが豊富に並ぶ。

セレクトにセレクトを重ねた価値あるコレクションに魅了され、ファッション好きはもちろん、ヴィンテージマニアやコレクター、デザイナー、スタイリストなど、本物を知るプロまでもが足を運んでいる。

# 大人のための洗練されたコレクション

ドレスやトップスといった洋服はもちろん、バッグやアクセサリー、シューズ、ヘッドドレスなど、小物のラインナップもバラエティーに富む。

なかでもスカーフの種類は、驚くほど充実。どれも非常に状態がよく、ひとつひとつに歴史の薫りを感じることができる。現行品とは趣の違うテキスタイル、時代を越えてなお斬新なディテールなど、ヴィンテージならではの魅力に陶酔してしまう。

# 激かわいいデザイナーズ・ランジェリー

Ячайка (Ya Chaika ヤー,チャイカ)
https://www.ya-chaika.com

MAIKOさんの特別な日の気分を上げてくれるというアイテムが「Я чайка(Ya Chaika ヤー,チャイカ)」のランジェリー。

デザイナー熊谷東子氏が“宇宙を羽ばたくカモメのような、自由で優雅なランジェリー”をイメージして、素材やパターンにこだわったコレクション。どこかレトロでノスタルジックなデザインは「EVA」の空気感にマッチ。

全身をヴィンテージで揃えるより、コーデの主役やポイントに、ハズしアイテムとして、ヴィンテージアイテムをさり気なくミックスするのが、プロ流・旬コーデ。貴重な1点モノを投入して、自分だけの個性的なスタイリングを完成させて。

お問い合わせ先
EVA(エヴァ)
☎03-5489-2488
東京都渋谷区猿楽町2-1 アベニューサイド代官山III-1B
open 12:00/close 20:00
http://evavintagetokyo.com

取材協力 Stylist/MAIKO

text : 松本美香

Edited by by.S 編集部

女性の美しさを後押しする"ファッション・美容"情報をお届け。

Recommend