1円もかけずに、1秒で今よりきれい。「名刺代わりになる笑顔」のつくりかた

2017.05.21

1円もかからないのに、1秒でいまよりきれいになれるものってな〜んだ? それはやっぱり、思いっきり笑った顔!
「自分史上最高のスマイル」を知っておき、いつでも引き出せるようになることが美人の近道だと語るのは、ビューティープロデューサーの平野宏枝さん。

屈託のない笑顔は、人を一番美しくしてくれます。相手を一番ハッピーにさせちゃうマイスマイルを持っておくと、あなたに好印象を抱く人はもっと増えるはず。

コメント: 平野さん

どうやったら自分の持つ一番のスマイルを見つけられる? 平野さんによるとコツは3つ。

大好きな人に写真を撮ってもらう

自分の持っている一番の笑顔を知るには、彼氏や家族、親友など、自分の大好きな人に写真を撮ってもらうのが一番の近道。「笑おう」と思って作った笑顔と、大好きな人の前で自然にこぼれる屈託のない笑顔は、写真で見ると歴然の差。知らない人に撮ってもらうときも、ファインダーの向こうから大好きな人が笑いかけているのを想像して!

口もとに自信をつけるケアをする

人は、意識せずとも自信のある部分を人に見せたくなるもの。歯や唇など、口もとに自信がつくようにケアをしておけば、自然と大きな口で笑えるようになる。平野さんは、思い切って歯列矯正とホワイトニングをしてから明らかに笑顔が突き抜けて良くなったそう。
お金をかけずとも、歯を白くするホームケアやリップケアは日常的に取り入れたい。

プロの力で自分の知らない自分に出会う

自分の100%の笑顔を知るには、プロの手を借りるのもひとつの手。最近はカメラマンの撮影がセットになった旅行やイベントも増えているので、機会を見つけて利用してみて。「私ってこんな顔するんだ」ってきっと驚くはず。

平野さんも、自らヘアメイクアップをしてくれて女性の魅力を引き出した後に、プロのカメラマンが写真を撮影する「美プロフィール撮影会」を主催している。全国や海外からも予約がすぐに満席になるという大人気企画みたい。

とっておきのマイスマイルは、年齢に関係なくずっとあなたの味方になる美のアイテム。名刺代わりの笑顔をみつけたら、なんだか人生まで変わりそうな気がしない?

取材協力/ビューティープロデューサー 平野宏枝

text : by.S編集部

supervised by

ビューティープロデューサー
平野 宏枝

東京とLAを拠点とし「すべての女性がもつ光は美しい」をテーマに様々なコンテンツを発信。幅広い年代の女性から支持され、美容アドバイスは顧客14万人を超える。

Recommend