• ワールドクラスへようこそ

美しい体に不可欠なのは●●。気になる部分を刺激・“ながら”でできる「美馬流エクササイズ」

2017.10.16

一生懸命ダイエットをしていると、「細くなる」こと自体に快感を覚えて、行き過ぎてしまうといったケースがある。

そんな女性たちに向け、2008・ミス・ユニバース・ジャパンで、ワールドクラスビューティーエキスパート美馬寛子さんは「いくら減量やダイエットに成功しても、ガリガリでは美しいとは思いません。女性らしいやわらかさがなければ魅力も半減してしまいますよ…」と語る。

美馬さんが考える、美しい体に不可欠な“カーヴィーライン”をつくるための、おすすめエクササイズ2つをご紹介!

最近メリハリが無くて…と悩むひとはもちろん、痩せすぎ体型のひとは、ぜひチェックしてみて。

“お尻”と“横腹”にアプローチ! 美馬流・エクササイズその1

①手でテーブルなどをつかみ、つかんでいない方の脚を90度の高さまで上げる。

②20秒ほど、キープ。

③反対側も同様に行う。

④①~③を2セット繰り返す。

このエクササイズでは、ふだん使う機会が少ない横腹とお尻の筋肉にアプローチ。お尻の引き上げと横腹のシェイプ効果が期待できる。

ちょっとだけ、犬がオシッコするようなポーズに似てるのですが…(笑)お尻と横腹に、ダイレクトに刺激してくれます。

コメント: 美馬寛子さん

気になる“太もも”は移動中に! 美馬流・エクササイズその2

太ももをスリムに見せるには、太ももの表の筋肉を徹底的に使わないようにすることです!

コメント: 美馬寛子さん

①頭を吊られているように、背筋を伸ばす。

②お尻に意識を向け、お尻で体を押すイメージ大股で歩く。

③歩くときは、かかとと口角を上げる。

この歩き方なら背面に意識がいくから、太ももの表の筋肉はあまり使わずに、太ももの裏の筋肉をメインに歩けるのだそう。

日本人は “太ももの表の筋肉” を使って、歩いたり・走ったり・自転車に乗ったりしているひとが多いので、太ももが太くなりがちです。

コメント: 美馬寛子さん

“カーヴィーライン”が魅力の美しいボディを目指すなら、部分的な筋肉を意識したエクササイズや行動を続けていくことが重要といえそう。いまからでも遅くない! 日ごろの行動やエクササイズなどに目を向けてみて。

取材協力/ワールドクラスビューティーエキスパート 美馬寛子さん

Channelバックナンバー

ワールドクラスへようこそ

配信日:月曜日(月1)

世界基準の「美」を育てるための情報をお届け。

supervised by

ミス・ユニバース・ジャパン ナショナルディレクター
美馬 寛子

08ミス・ユニバース・ジャパン。2018年よりミス・ユニバース・ジャパン ナショナルディレクターに就任。ワールドクラスな目線で日本女性の美の可能性を広げている。
by.Sチャンネル「ワールドクラスへようこそ」で月曜日(月1)配信中!

Recommend