• 小物アカデミー賞

甘フリルは卒業したいしTHEトートは所帯じみる…今ちょうどいい「辛口サブバッグ」の選び方

2017.08.01

PC、会議の資料、化粧ポーチ、会社帰りのヨガウェア…朝から晩まで忙しい私たちは何かと荷物が多くなりがち。サブバッグをヘビーユーズするひとも多いはず。

サブバッグといえば、フリルがほどこされた甘めデザインがトレンドになり久しい。けれど、アラサーをむかえたいま、そろそろ甘々全開なテンションは避けておきたい…。また、THEトートバッグなデザインも、一歩間違えるとママ感がでちゃうんだよね。

サブバッグにもこだわって、全方位スマートでいたい。仕事でクライアントから頼られ、後輩からも憧れられるような、かっこいい、そつのない女性でいたいから。

そんな私たちのいまの気分を満たしてくれる、優秀サブバッグの選び方を、人気スタイリストの井関かおりさんが伝授。

ベーシックなベースカラーとキャンパス地

出典: 編集部撮影

bonjour recordsバッグ ¥4,800(税抜)/bonjour records

バッグのベースカラーは、ベージュや生成りのようなベーシックなカラーがおすすめ。また、キャンパス地ならナチュラルさもプラスされ、爽やかな好印象に。

メンズブランドやカフェが出しているエコバッグなどに、掘り出し物ありです!

コメント: 井関かおり

チェックすべきはレディースブランドだけじゃない! 井関さんがおすすめしてくれたのは、bonjour records(ボンジュール レコード)のバッグ。

bonjour recordsは、アパレル会社「JUN」グループが運営するセレクトショップ。1996年に東京・代官山にオープンして以来、音楽やファッションなどのストリートカルチャーを牽引する存在として歴史を刻んできた。現在、全国各地にショップを展開する人気ショップ。

シンプルかつスタイリッシュなデザインは、まさにいまの気分にぴったり。

ロゴは一色におさえよ

出典: 編集部撮影

シンプルでスタンダードなデザインが欲しいなら、ロゴのカラーは一色におさえて。色が多いと、どうしてもPOPな印象に。

また、一色におさえれば、どんなコーディネートにも合わせやすい。

ビジネスシーンでも恥ずかしくない、辛口シンプルなデザインなら、大人の女性の心強いアイテムになること間違いなし!

取材協力 Stylist/井関かおり

Channelバックナンバー

小物アカデミー賞

配信日:火曜日(毎週)

「小物使いの神」と名高い井関さんに聞く、本当に使える最優秀小物を発表。

text : 本山典子

supervised by

スタイリスト
井関 かおり

ファッション誌や広告で活躍する人気スタイリスト。小物を効果的に使ったスタイリングが得意。著書『5年先まで役立つ着まわし~小物でチェンジ!リアルコーデ108~』。
by.Sチャンネル「小物アカデミー賞」で火曜日(毎週)配信中!

Recommend