• 色気スイッチを押すトキ。

けばくならない「パイソン」が欲しい! “女っぽ上品”を守る選び方&着こなし方をプロが伝授

昨年あたりからじわじわとトレンドになっている柄、パイソン。でも、どうも攻め系アイテムに見えて、デイリーユースに取り入れるにはハードルが高そう…なにより、けばく見えてしまいそう…。

そんなお悩みをスタイリストのスド=キョ=コさんが解決! ポイントをおさえて取り入れれば、シンプルコーデの格上げアイテムとして大活躍してくれること間違いなし。

面積狭く、華奢“ツヤ”アイテムを選んで

スド=さんが実際に愛用しているパイソンアイテムがこちら。柄の面積が広くなるとハードさが増してしまうので、基本的には靴やバッグなどの小物に取り入れるのが鉄則

靴の場合、面積が狭い、サンダルタイプを選ぶと抵抗なく履けるのだそう。パンプスやブーツだと肌の見える分量が少なくなり、ハードでケバい印象になってしまうので要注意。

さらに細めのストラップエナメルなどツヤのある素材感をチョイスすると女性らしく、洗練された見た目に。

ケバくならずにパイソンを取り入れる秘訣

さらに、パイソンアイテムをいつものコーデに、女っぽく上品に取り入れる秘訣を教えてもらった。

①ネイルでカジュアルダウン

パイソンサンダルはネイルとコーデすると、こなれ感アップ。黒ベースのパイソンなら赤ネイル、ベージュベースのパイソンならヌーディカラーのネイルが相性抜群!

ネイルの色味が入ることで、女らしさとカジュアル感がプラスされ、遊び心のある若々しいスタイルに。

②服はシンプルが鉄則

避けるべきコーデは、別の柄モノの服と合わせること。ガチャガチャした印象でおばさんっぽく見えてしまう危険性が高い。

服は全体的にシンプルにして、小物のみパイソンでポイントにすると、格段にクラスアップする。

シンプルなコーデをワンランク上の洗練スタイルに昇華してくれるスパイスアイテム、パイソン。上品に取り入れて、若い子には真似できない、大人ならではの色気を演出してみて。

取材協力 Stylist/スド=キョ=コ

Channelバックナンバー

色気スイッチを押すトキ。

配信日:金曜日(隔週)

大人の特権・色気をかもすひとときに、携えていたいアイテム。

text : 森田文菜

supervised by

スタイリスト/スタイルディレクター
スド=キョ=コ

女優、タレント、アーティストを中心にジャンルを超えたスタイリング、衣装デザインを得意とし、店舗ディスプレイ、空間コーディネートも手掛けるマルチスタイリスト。
by.Sチャンネル「色気スイッチを押すトキ。」で金曜日(隔週)配信中!

Recommend