2017年夏のトレンドワードは…? おしゃれさん専用「人気・3大ヘアカラー」を✔

今年は、挑戦する価値大のヘアカラーアイデアが目白押し。ヘアサロンAMATAのオーナーで毛髪診断士の美香さんによると、不動のアッシュベースはもちろん、ここ1~2年はブラウン抑え目で、寒色系や赤系を活かすテクニックも人気なのだそう。
そして、今夏トレンドワードは断然「暗髪(くらかみ)」。肌を白く見せる効果が期待でき、黒髪よりも軽い雰囲気に仕上がる。オフィスにも◎な、このカラーにも注目!

ダークなトーンの「暗髪」はエレガントな印象をメイク

5~7程度のトーンが暗髪です。ダークブラウンの色素を入れると、瞳の色とも合って美しく見えます。

コメント: 美香さん

暗髪なら、寒色系や赤系をプラスしても自然。都会的な大人可愛いスタイルを、カラーで表現できるのが嬉しい。

やわらかな色味で、エフォートレスな「外国人風」に

日本人が憧れる西洋の雰囲気は、光に当たると透き通って見える“柔らかな色合い”がポイント。肩の力が抜けた「エフォートレス」なヘアスタイルは、私たちの肌色にもなじみやすい。

人気のアッシュに、ブルーやグレージュ(グレーとベージュの中間色)を入れて透明感を出す色味や、ブラウンを抑えてカラー色素を多く入れると、より艶っぽく見えますね。

コメント: 美香さん

ローズやピンクが好きな方は、グレージュベースにプラスすると、より華やかさ&ふわっと感が出せると美香さん。髪の重さが気になる人にも、空気感やライトな雰囲気を作り出せるのでおすすめ。

「ハイライト or ローライト」で2WAYの立体感を楽しむ

オフィスの規定や職業柄、髪色に制限があるときは、インナーにハイライトを差し込む「2WAYスタイル」がおすすめ。普段はダウンスタイルで落ち着いた髪色を見せておいて、リゾートでは結んで明るいカラーをオープンに。

アップにすると、違う見え方になるのでキュートですね。「遊びに行くときだけハイライトを覗かせる」なんて冒険もできます。TPOで使い分けができるから、明るいカラーもストレスを感じずに楽しめますね。

コメント: 美香さん

明るめなカラーから暗髪まで、“私らしい”ヘアカラーをセレクトして楽しむのが今年流。イベント目白押しのこのシーズン。お出かけ前に、カラーチェンジして、いつもより特別な夏を満喫してみてはいかが?

取材協力/「AMATA(アマータ)」オーナー・毛髪診断士 美香さん

Edited by by.S 編集部

女性の美しさを後押しする"ファッション・美容"情報をお届け。

Recommend