• やまとなでしこビューティー計画。

シルバーウィークに遅めの夏休みはいかが?大人のビーチリゾートメイク

2017.09.14

もうハワイにグアム、沖縄、白い砂浜に、透き通るような青い海。夏休みが取れなかったけれど、秋の連休でバカンスに行くという人も多いのでは?そんな時のビーチリゾートメイクで気をつけたいことを、メイクアップアーティストの本岡さんに聞いてみた。

日差しに負けないくらいの鮮やかな色を使う

リゾートには、たくさんの鮮やかな色がある。ナチュラルなメイクは素敵だけれど、水着の鮮やかな色や、サンドレスの華やかな色に負けないようなメイクを心がけたい。

① 普段とは違う華やかな場所だから、リップもいつもとは違う色を使ってみる。リゾートっぽいオレンジ色のリップを使えば、元気なイメージが。思い切って普段使わない色を使って、冒険してみるのも一つの楽しみ。

リップぐらいのポイントメイクなら、海から上がってもすぐぬれるから。

コメント: 本岡さん

② 海に入って思いっきり楽しみたいから、ウォータープルーフを使う
ビーチメイクには、絶対にウォータープルーフのマスカラ。汗をかいても、海に入っても作った目元は、絶対にくずさない。だから絶対にウォータープルーフのマスカラを用意して。

③そして、日焼け止めはマメに塗る。日差しは楽しみたいけれど、シミやソバカス、お肌の問題の原因となる日焼けはやっぱりしたくない。だから、マメに日焼け止めを塗ること。最近は、スプレータイプや、エッセンス、ジェルタイプなど、好みに合わせて日焼け止めも選べるから、気がついたら塗ることを忘れないで。

ビーチリゾートでは、思い切り開放感を楽しみたいもの。そんな時、うっかりやってしまうのが、いつもと同じように、しっかりとメイクをしてしまいがち。

大人なんだから、TPOに合わせてメイクしてほしい。大人の男の人とデートして、夏にブーツ履いてきたら嫌でしょ?スーパーフルメイクはそんな感じですね。

コメント: 本岡さん

プロのメイクアップアーティストであり、大人の男性である本岡さんのビーチリゾートのメイクのポイントをいかして、ビーチリゾートで映えるメイクをしてみて。

取材協力/メイクアップアーティスト 本岡明浩

Channelバックナンバー

やまとなでしこビューティー計画。

配信日:金曜日(隔週)

「凛として芯のある、上品な女性」になる方法をレクチャー。

text : Keiko Kasuga

supervised by

ヘア・メイクアップアーティスト
本岡 明浩

ヘア・メイクアップアーティストKOSHINOに3年間師事し、独立後は女優、雑誌、広告のヘアメイクを担当。「凜として自信と品がある女性を増やす」を信条に活動中。
by.Sチャンネル「やまとなでしこビューティー計画。」で金曜日(隔週)配信中!

Recommend