メイクさんが見た“表舞台に立つ女性の共通点”。「強く、美しいオンナになる」秘訣とは

「自分の調子が良いのはどんな時?」「心が楽しいのはどんな時?」

もしも突然こんな質問を投げかけられたら、あなたはすぐに答えられる? これまで数多くの女優やモデルを手掛けてきたメイクアップアーティスト・佐々木貞江さんいわく、第一線で輝く女性には、共通点があるのだとか。彼女たちのように美も成功も手に入れるにはどうしたらいいの?

自分の外面も内面もわかっている。知る努力をしている

最先端で活躍する女性たちの共通点として挙げられることは、まず“本当の自分を知っていること”

コメント: 佐々木貞江さん

たとえば、「怒られて伸びる人」と「褒められて伸びる人」がいる。そもそも自分がどちらかを理解しておくことは大切なこと。もし自分が褒められて伸びるタイプだとわかればそういうものと割り切って、怒られてもサッと水に流して、褒められたことだけを上手に吸収していける。外面にも内面にも言えることだけど、自分を知らないと、必要のないことまで自分の中に取り入れてしまうから余計に疲れてしまう

これはあくまで私の分析ですが、表舞台に立つ女性は、“誰かに見られるであろう自分”について常に考えなければいけませんよね。そういう自分自身を客観的に見つめる習慣があるからこそ、自分のことをよく理解しているんじゃないかと思うんです。

コメント: 佐々木貞江さん

“限界”を知り、健康と美容を上手にコントロールしている

またその他、人の前に立つ女性に共通していること。それは、“自分の限界”をよく知っていること。たとえば「これ以上食べたら体重が増える」、「何時以降に食べたらむくむ」といったように、自分の体をよく知ったうえでしっかりルールを決めてコントロールしている。

美容や健康を上手に管理してくれる、“もう1人の自分”を作り上げているのかもしれませんね。わたしたちは彼女たちのように大勢の人に見られる職業ではないだけに、危機感を無くしがち。わたしも見習いたいと思っています。

コメント: 佐々木貞江さん

いつでも目標を設定。自分に合ったやり方を知っている

また、何事も目標をきちんと決める人が多いそう。たとえば、ヨガや語学などの習い事を始めるとき。なんとなく始めるのではなく、必ず「ここまでできるようになりたい」という目標を持って始めている印象が。だからこそ、本当にスキルが身についていく。

前段でも紹介したように「自分を知って」いるからこそ、自分に合ったやり方も把握済み。もし自分が怠け者だと思うなら最低限ノルマをつくってみるなど、あくまで難しいことはせず、長く続けられるような上手なやり方を見つけてみるのも大切なのでは。

一見難しいことにも思えるけれど、「まずは自分知ることを楽しむのが一番大事」と語る佐々木さん。今まで知らなかった一面を知れば、自分をもっと好きになれるかも…? 秋の夜長はひとり時間をつくって、じっくりと自分を見つめなおしてみてはいかが?

取材協力/メイクアップアーティスト佐々木貞江さん

supervised by

メイクアップアーティスト
佐々木 貞江

ファッション誌、ビューティー誌、CF、広告等で活躍中。ナチュラルからモードまで幅広く、被写体を最大限に輝かすメイクに、女優やモデルが多数支持。
by.Sチャンネル「HAPPYになれるBeautyBox」で水曜日(隔週)配信中!

Recommend