クマを撃退、美容液がたっぷり。プロも驚きのぴたっと貼るだけ「アイパッチマスク」とは

2017.10.31

乾燥や色素沈着などによって引き起こる、目もとのクマ。クマがあるだけでお疲れ顔に見られるので、必至に隠しているというひとも多いのでは? 美のプロに話を聞いてきた編集部が、気になるコスメを発見。

ゆずから生まれた、目もと用“アイパッチマスク”でクマ対策

その名も『ゆずウォーターC』。なかでも、「目元美容液=セラム」と「目もと用パック=アイマスク」の話題のお得なセットがあると聞きつけたので試してみた。

出典: 編集部撮影

ズボラのひとでも、寝る前に「アイパッチマスク」を貼るだけならできそう。プロもびっくりの、「目もと美容液+パック」(=アイパッチマスク)とはどんなものなのか。大人気のコスメブランドSKINFOOD“ゆず”から生まれた、水分・透明感チャージの美容液をご紹介。

出典: 編集部撮影

<セットの中身>
・ゆずウォーターC ビタ アイセラム 30ml
・ゆずウォーターC ビタ アイマスク 2枚入り×3パック

セットは、マッサージスティック付きの美容液と3回分の目もと用パックが封入。セラムを塗ってからそのままパックで閉じるというもの。

保湿、エイジングケア(※1)、ブライトニング(※2)、引き締め、マッサージと5つの機能を備えた、部分用マスクシート付きのアイケアセット。
※1 年齢に応じたお手入れ ※2 肌をなめらかにし、ツヤを与えること

セラムとパックを試してみた

出典: 編集部撮影

使い方は簡単。アイセラムのポンプを半分ほど押して美容液を出し、スパチュラ状のスティックもしくは薬指の腹で片目の周りにやさしく円を描くようになじませる。反対の目元も同様になじませて。

出典: 編集部撮影

スパチュラ状の先端が目もとにぴたっとフィット。スキンケアっていろいろ塗ると、手がベトベトになっていやだけど、こうやって直接塗れると簡単で楽ちん。

コメント: 編集部コメント

出典: 編集部撮影

アイマスクを目の下に貼り、約20〜30分後にはがす。終わっても、もったいないと感じてしまうほど、ぷるぷるのまま。乾燥が気になる場合は、マスクを外した後にアイセラムを重ねづけしてもOK。

ゆずの自然な香りで癒されながら、なめらかなテクスチャーで肌になじんでいくのがわかりました! スティックでマッサージしているとだんだん明るい目もとに。スマホやパソコンなどを見る機会が多くて、目が常にお疲れモードだったけど、ふっくらハリのある目もとに近づけました。

コメント: 編集部コメント

クマ対策の美容液の選びかたは?

クマには、いろいろと原因があるので、もちろん原因ごと対策は必須。でも、だんだんと肌悩みが増えてくるとあれもこれも対策を考えなくてはいけなくて大変…。そんなときは、まずは悩みの部位に直接アプローチをかけてくれるアイテムを。あれ?と気になりだしたときが、美容液の使い始めのサイン。

目もとは皮膚が薄くデリケートな部分のため、ケアは慎重に行うこと。特に、クマは、「乾燥」「エイジング」「血行不良」などが理由としてあげられる。そこで、保湿やマッサージ効果、エイジングケアなどがある美容液がおすすめ。水分と透明感を、目もとに集中チャージしよう。

text : by.S編集部

Recommend