• by.S Closet 〜働く女のワードローブ〜

プロ推奨、いまから春まで使えるのは“ソーダブルー”。「青系小物」は買って損なし

2018.02.28

丸の内OLになって3年のマヤ(25)。オンオフに使えるベーシックアイテムも一通り揃ったクローゼット。そろそろ大人の女性としての遊びゴコロとか、大人の余裕を感じさせるスタイルを身に付けたいと思い始めた今日この頃。

朝、クローゼットの前でふと思う。

マヤ「さぁ今日は金曜日。夜は、久しぶりに大学時代の仲良しグループとご飯。でもなんか私のクローゼットって、無難すぎだよね。もっと、こう、遊びが欲しいところなんだけど…」

遊びゴコロは小物で投入。冬→春、シーズンをまたげる小物がベター

大人の遊びゴコロは、小物で投入できるといい! というのはわかっている。でも、具体的にはどんな小物がいいのかわからないから、迷ってしまう。

小物使いの達人として評判のスタイリスト・亀恭子さん、小物選びの秘訣を教えて!

洋服と同じように、シーズンごとに小物を揃えられたら最高ですが、簡単ではないですよね。そこで、冬から使えて春も使えるものを選ぶといいと思います。

具体的には、柔らかい青み系の小物がおすすめです。

コメント: 亀恭子さん

「冬コーデにも春コーデにも合わせやすい」がセレクト理由

ではなぜ、柔らかい青み系小物がおすすめなのか? その理由は、両シーズンのトレンドコーディネートに関係している。

冬は、ネイビーやグレーなどの暗色の重めコーデが多いと思います。

今春は、シアーな透け感やシルバーを多く見かけます。また、全体的に柔らかく軽やかなコーデにシフトしますよね。

冬と春、どちらのコーデのトーンにも合わせやすいのが、柔らかい青み系小物。シーズンの境目にも活躍してくれます。

コメント: 亀恭子さん

即買い決定! 狙うはソーダブルー、モーブグリーン、ラベンダー

出典: ESTNATION

グレーやネイビーに合わせると新鮮な感じになるし、シルバーや柔らかいトーンの春色との相性もバッチリな色、柔らか青み系。

柔らかい青み系を具体的に言うと、ソーダブルー、モーブグリーン、ラベンダー

亀さんが春の新作展示会を回っている中で、柔らかい青み系アイテムが上手にラインナップしていたのが「ESTNATION」

出典: ESTNATION

出典: ESTNATION

日本人デザイナーが手がける上質なバッグブランド・BELLMER(ベルメール)のサックスブルーのバッグ。
¥37,800/ESTNATION

出典: ESTNATION

イタリア・ヴェネチアならではの発色のよさに、ため息。 メゾンブランドの婦人靴を手がけるファクトリーとしても有名なBALDAN(バルダン)のパンプス。
¥48,600/ESTNATION

ESTNATION http://www.estnation.co.jp

「なるほど! たとえば、シンプルなネイビーコーデに優しいブルーのバッグを合わせれば新鮮な雰囲気になるし、春のパステルスタイルにグリーンを差し込んでもいける感じ。しかも、甘くなくクールなムードが大人っぽい!」と納得のマヤ。

「大人の余裕」を今年の抱負に掲げたら、柔らか青み系小物を差し込んで、心もスタイルも遊びゴコロを持って取り組んでみて。

取材協力 Stylist/亀恭子
亀恭子Instagram

Channelバックナンバー

by.S Closet 〜働く女のワードローブ〜

配信日:水曜日(不定期)

働く女性の、クローゼット前の「何着ていこう?」お悩みを解決。

text : 丸山彩

supervised by

スタイリスト
亀 恭子

女性ファッション誌『CanCam』からデビュー。半歩先のお洒落を取り入れたリアルクローズを提案する、同世代の女性から圧倒的支持を集める人気スタイリスト。
by.Sチャンネル「by.S Closet 〜働く女のワードローブ〜」で水曜日(不定期)配信中!

undefined

Recommend

undefined