• 27歳からの、ビューティースポット

手足の指先、まるで氷のよう…。末端冷え性で悩んでいる人が、実践すべきこと5選

2018.01.18

とくに「末端冷え性で、指先が冷える…」という声をよく耳にする。そんな風に自分が冷え性だとわかっていながらも、放置しているなんてひとも多い。

だけれど、「冷え」は太りやすくなるだけでなく、風邪をひきやすくなったりと健康にも悪影響が…。

「意外と簡単なことで、冷え解消になるんですよ」と話すのはインナービューティーインストラクターの松葉子さん
末端冷え性と自覚があるひとはもちろん、隠れ冷え性のひとも増えているようだから、松さん直伝の“冷え改善のためにやるべき5選”を実践してみて。

その1:手足の指先じゃんけん運動で末端を活性化

手はグー・パーを作るように両手の“閉じて開いて”を速いテンポで行う。これを50回繰り返して。最初は50回やるとなるとかなり手が疲れるけれど、ポカポカするのを実感できるはず。

足は「足じゃんけん」が効果的。足指でグー・チョキ・パーを繰り返すという簡単な動き。

血圧が低い方は、この手足の指を動かす運動+筋トレを行うと◎。血圧が低いということは、血液を押し出すポンプ機能が弱いということ。そもそも血流が滞りやすい末端を動かすこととと、ポンプ機能を高めるような筋トレを行うといいですよ。

コメント: 松葉子さん

その2:ストレスは溜めない! 早めに対処して

ストレス解消と一言でいっても、何をしたらいいかわからないというひとも多いはず。松さんいわく、自分がリラックスできることをすればいいだけなのだそう。
ひとによって、運動がストレス解消になる場合と、休憩することがストレス軽減につながるひとがいるから、何をしているときに気分が晴れるかを探してみて。

ストレスを感じると交感神経が優位になって、血管が収縮し、冷えにつながります。日ごろから自分のストレス解消法を見つけておくといいですね。

コメント: 松葉子さん

その3:冷えに悩むなら、4つの首をあたためるべし

4つの首とは「首・手首・足首・くびれ(ウエスト)」のこと。この4つを温めることは手足の末端に限らず、全身を温めるのに効果的と言われる。

レッグウォーマー、アームウォーマーなど温めグッズを携帯する習慣をつけると◎。取り入れやすいものから実践してみて。

その4:毎日のバスタイムは、しっかりと浴槽につかるべし

シャワーだけで終了なんていうひとも多いけれど、湯船につかって体の芯から温めることは冷え対策に必須。できれば毎日、15分はつかって。
松さんは「エプソムソルト」を入れたり、重曹とクエン酸で作った「炭酸風呂」につかることが多いそう!

「エプソムソルト」を、バスソルトのように湯船に入れることで体がポカポカになります。

コメント: 松葉子さん

その5:最強の冷え対策は「笑うこと」と「ほめてもらうこと」

最も簡単なのが「笑う」こと。松さんいわく、身体のめぐり活性化のために笑うことが◎なのだそう。また、医学的にも免疫力アップのために有効的なんて説もあるくらい、笑うことは、うれしい健康効果がたくさん!

同じくらい効果的なのが「ほめてもらう」こと。ひとからほめてもらい、ほめてもらったら「ありがとう」と感謝の気持ちを述べることが大切なのだとか。

会社の会議などで「ほめ合う」時間を作ったらいいと思うんですよね。ほめてもらったら「ありがとう」を忘れずに。

コメント: 松葉子さん

「エクササイズ」は続かない…と感じるひとは、「湯船につかること」や「笑うこと」からスタート。効果を実感できたら、ほかのも試してみたくなるはず。

寒い冬はもちろん、末端冷え性に悩むひとにとっては、一年中の冷えケアが大切。できることからはじめて、毎日継続することを心がけて。

取材協力/インナービューティーインストラクター 松葉子さん

Channelバックナンバー

27歳からの、ビューティースポット

配信日:木曜日(隔週)

生活スタイルの意識とエクササイズで、心も身体もハッピーに。

text : Yukari Shirai

supervised by

スポーツトレーナー/セミナー講師
松 葉子

インナービューティーインストラクター。運動の大切さと女性のカラダとココロのメカニズム、ビューティー理論を提供している。
by.Sチャンネル「27歳からの、ビューティースポット」で木曜日(隔週)配信中!

Recommend