"赤ら顔"をきれいにカバーするメイクのコツ。ステップ毎に人気アイテムをうまく活用して

2018.02.01

コスメのクチコミサイト「Lulucos(ルルコス)」オフィシャルメンバーから寄せられた"クチコミ"とともに、赤ら顔に悩む女性必見のメイク方法をピックアップ。

ファンデでカバーしているつもりなのに、存在感を現してくる赤ら顔。でも、丁寧にステップを踏んでメイクをしていくことで、それをカバーすることは可能。そこで、人気アイテムを使った赤ら顔のカバーメイクをステップ順にご紹介。

① 下地に使いたいBBクリーム

● 肌荒れ原因にもなる紫外線もバリア

赤ら顔をはじめ、肌荒れなどの原因にもなる紫外線や微粒子汚れなどのダメージ。それらから守ってくれるのが、このアイテム。しっかり紫外線ケアができるのに、赤ちゃんでも使えるほど肌にやさしいので、デリケートな赤ら顔にも最適と言えそう。

肌トラブルの原因となるものから守ってくれるだけでなく、うるおいを与えながら肌荒れを起こしにくい状態をつくってくれる優秀ぶり。ファンデの前に化粧下地として使うことで、よりファンデのノリがアップ。

季節の変わり目に肌が弱くなるので、その時期だけでも...と購入しましたが使用感がとても良いので、今では毎日のように使用しています!BBですがカバー力もしっかりあり、ツヤとマットのちょうど中間くらいの仕上がりです♪

出典: Lulucos オフィシャルメンバー れこさん [6706]

② 気になるポイントをコンシーラーでカバー

● 赤みを消すには断然グリーン

これまでのコンシーラーの概念が覆りそうな、カラフルなラインナップのアイテム。中でもグリーンは赤み消しに強いと言われているカラー。自然に肌になじんで、赤みや色ムラをしっかり隠してくれる心強い味方。

使うのは、他のコンシーラーと同じく下地の後に。赤ら顔が目立つ頬などにすっとひと塗り。また、毛穴や小じわなどエイジングサインが気になるところもカバーして、肌を美しく見せてくれるアイテム。

下地の後、ファンデーションの前にまぶたやあご、頬や小鼻横など、赤みが気になる部分に使用しています。直接肌に乗せるとするすると滑り、指で馴染ませると元々ムラのない肌かのように、自然に赤みをカバーしてくれます。しっとりとクリーミーなテクスチャーなので、頬の乾燥が気になる私でもストレスなく使用できました。

出典: Lulucos オフィシャルメンバー Aya_pippiさん [7646]

● 仕上がりを美しくしてくれるブラシ

コンシーラーを綺麗にのせることができる専用ブラシで、より美しく。目もとの気になるところのポイント使いはもちろん、平筆という特性を活かして、頬など赤ら顔が目立つところに集中的に使うのも◎。
肌になじませるように軽くのばすだけ、という使い方が手軽な点も嬉しい。

先が尖っていることで適量をピンポイントで塗布でき、気になる部分を綺麗にカバーできます!平筆なので広範囲でカバーしたいところに塗るのももちろん便利です。使い分けができる形状で初心者でも扱いやすいです。面も線も点もこれ1本で済むとても素晴らしいブラシです!一度使ったら他に浮気できません!

出典: Lulucos オフィシャルメンバー m_cosさん [2773]

③ 全体カバーはこのファンデ

● カバー力はもちろん、保湿力も高い逸品

のびが良いテクスチャでリッチなクリームファンデ。しっかりカバー力があるのに、肌が疲れないという点も嬉しいアイテム。また目周り・口角・小鼻周りなどは、スポンジでポンポンとなじませることで崩れにくさを防止。

このファンデには12種類もの美容エキスが配合されていて、保湿力も抜群。カバー力が高いと肌が乾燥しがちというアイテムもあるけれど、これはその心配なし。ツヤのある肌に仕上げて赤ら顔もカバーしてくれる、一石二鳥なファンデ。

ツヤ感重視のファンデはカバー力がイマイチなものも多いですが、こちらはツヤツヤに仕上げながら毛穴や色むらをカバーしてくれます。保湿力もとても高いです。こちらを使っている日にツッパリを感じたことは一度もないです!

出典: Lulucos オフィシャルメンバー cosme____eさん [7007]

手強い赤ら顔を綺麗にカバーするには、メイクの各ステップで丁寧に仕上げていくのがキモ。また、乾燥は赤ら顔に大敵なので、保湿力もあってカバー力もあるものを選ぶのがベター。

人気アイテムをうまく活用して、ナチュラルに赤ら顔をカバーして。

text : milkteagirl

Recommend