• STOP!美容の勘違い

春のゴワゴワ肌、腫れまぶた…etc. これ花粉症のせい? 正しいケア方法を✔︎

くしゃみや鼻水、目のかゆみなど、つらい症状を引き起こす花粉症。花粉症の症状の中でも今注目されているのが“花粉症皮膚炎。肌に花粉がつくことで炎症が起こり、目や口まわり、首などの皮膚の薄いところが荒れたり、赤く腫れたり…。そんな揺らいで敏感になった肌への対策法を美容のプロ・山本未奈子さんに伺いました。

春になると定番の揺らぎ&ゴワつき。肌トラブルと花粉症の関係とは?

花粉の季節になると、肌の乾燥がひどくなって粉吹いたり、敏感に傾いて赤みがでたり、さまざまな肌トラブルがあらわれることが…。

それは“花粉症皮膚炎”かもしれません。花粉が肌にじかに付着すると、微弱炎症を引き起こし、肌のバリア機能が低下します。それによって、肌の水分がどんどん失われて乾燥し、敏感肌に。さらに、その荒れた肌に花粉が付着し、刺激を与えるという負のスパイラルに陥るのです

コメント: 山本さん

肌が揺らいだ時の対策法を伝授!

ゴワついたり、チクチクする肌は、まさに乾燥して外的刺激が受けやすい状態。きちんとスキンケアして肌に潤いをチャージし、バリア機能を高めることが先決だそう。

肌の土台を立て直し、バリア機能を回復することが必須です。それには、徹底的に保湿することです。ダブル洗顔をやめ、保湿美容液を投入して水分が逃げる道をふさぎ、乳液の油分でさらに水分蒸発を防ぎましょう。

そして、乳液よりも油分の多いクリームでフタをするといいですね。日頃クリームを使わないひとも、肌が揺らいでいる時は、朝晩クリームを塗って肌の水分を逃さないように閉じ込めることがおすすめです。

肌がゴワゴワしているとピーリングなどの角質ケアをしたくなりますが、これは逆効果です。皮膚が薄くなることで、さらに肌が敏感になってしまうので、絶対NGですよ

コメント: 山本さん

おすすめの低刺激スキンケアをcheck!

肌が揺らいだ時に頼りになるのが肌に優しいスキンケア。しっかり保湿して肌のバリア機能の回復を目指して!

出典: ライター撮影

(右)肌ダメージをケアして肌の再生力を高める美容液。たっぷりの保湿成分が肌の潤いをキープ。リズムコンセントレート 40ml 8,000円(税抜)/アユーラ

(中)肌に潤いを与えながら水分蒸発を防ぐ敏感肌向け夜用美容液で、バリア機能を強化。ディセンシー エッセンス[医薬部外品] 30g 12,000円(税抜)/ディセンシア

(左)高精製ワセリン配合の敏感肌用バーム。肌の上に潤い膜を形成し、外的刺激から肌を守る。イハダ 薬用バーム[医薬部外品] 20g 1,350円(税抜)/資生堂薬品

アユーラ 0120-090-030 https://www.ayura.co.jp/
ディセンシアお客さまセンター 0120-714-115 https://www.decencia.co.jp/
資生堂薬品 お客さま窓口 03-3573-6673 http://medical.shiseido.co.jp/

出典: ライター撮影

弱った肌のリズムを整えてくれる「リズムコンセントレート」。みずみずしい感触で、肌にぐんぐん浸透していきます

コメント: 山本さん

出典: ライター撮影

「ディセンシー エッセンス」は、敏感肌対応なのに、エイジングケア、美白ケア、保湿ケアが同時にできます。濃厚なテクスチャーが肌の上でなめらかに変化します

コメント: 山本さん

出典: ライター撮影

高精製ワセリン入りで低刺激設計の「イハダ 薬用バーム」。濃密なバームが肌にとろけて密着します。何をつけても肌がしみる時は、ワセリンが頼りになります

コメント: 山本さん

肌荒れがひどい時は、他に原因がある場合も。きちんと皮膚科を受診しましょう!

取材協力/美容家 山本未奈子

Channelバックナンバー

STOP!美容の勘違い

配信日:木曜日(隔週)

当たり前だと思っていた美容法には、実は勘違いがいっぱい潜んでいるかも。

text : Yuka Kaneko

supervised by

美容家
山本 未奈子

NY州認定ビューティーセラピスト、他国際的資格を持つ。NYの美容学校で非常勤講師を務め、MNC New York設立。化粧品やヘアアクセサリー事業などを展開。
by.Sチャンネル「STOP!美容の勘違い」で木曜日(隔週)配信中!

Recommend