• 巷のビューティー神話にご用心。

“生理がうつる”って話、本当? その「フェロモン」の正体を女医に聞いてみた

2018.03.14

まだ予定日じゃないのに、生理中の友人と旅行に行ったら、翌日は自分も生理になった! そんな経験をしたことがある女性も多いよう。「生理がうつる」って話、よく聞くけれど、これって本当? 

産婦人科医の宋美玄先生に、「生理がうつる」という説は本当か、お話を伺った。

「生理がうつった」という声、多数

3カ月間、生理が止まっているという友人の家に宿泊。私の生理がうつったのか、翌日友人に生理がきた。(27歳 女性)

コメント: ライター取材

3泊4日の沖縄旅行。生理がきたら…と不安に思っていたら、一緒に行った友人も私も生理になってしまい、海に入るのをあきらめることに。(29歳 女性)

コメント: ライター取材

多くのひとが「生理がうつった」という経験をしたことがあるみたい。もし本当に生理がうつるとしたら、その仕組みは?

本当に、生理はうつるものなの? 産婦人科医がお答え

卵巣刺激ホルモンや黄体ホルモンなど、卵巣の働きを制御する物質が体外に出て、飛沫感染することはありません。だから、生理がひとにうつることはないんですよ。

コメント: 宋美玄先生

宋先生いわく「生理がうつる」というウワサはどうやら本当ではないみたい。じゃあ、旅行の前や最中に生理がきてしまうことが多いのは、なぜ?
「生理が来たらどうしよう」という不安状態が、体に影響しているの?

不安やストレスによって、生理が早まることは、あり得ると思いますよ。生理が終わったばかりのときは、「生理がきたらどうしよう」とは思わないでしょう。「生理がくるかも」と考えるから不安が増しますし、そういう心理状況に影響されて、生理が早まる場合があるかもしれません。

コメント: 宋美玄先生

巷でウワサになっている「生理をうつすフェロモン」はある?

「生理をうつすフェロモンがある」というウワサも聞いたことがある。なんでも、卵胞期と排卵期の女性のワキから出るアポクリン腺のフェロモンをかぐと、ほかの女性の月経周期に影響を及ぼすとか…。

「フェロモンが濃いひとはモテる」などよく勘違いされているけれど、フェロモンは、人体にはない物質です。動物や虫などが、他の個体に特定の行動を引き起こさせたり、生理条件に働きかけたりするのがフェロモン。少なくとも、いまの医学では、人間にフェロモンはないといわれています。

コメント: 宋美玄先生

巷でよく聞くウワサ話によって、不安を感じる。それが生理を早める何よりの原因かも。医学的根拠のない怪しい“都市伝説”には、用心して。

取材協力/産婦人科医 宋美玄

Channelバックナンバー

巷のビューティー神話にご用心。

配信日:水曜日(隔週)

巷のビューティー神話に、産婦人科医の宋美玄先生がお答え。

text : 東谷好依

supervised by

産婦人科医 医学博士
宋 美玄

大阪大学医学部医学科卒業後、同大学産婦人科に入局。“カリスマ産婦人科医”として女性の悩み、セックス、性や妊娠などについて女性の立場から積極的な啓蒙活動を行う。
by.Sチャンネル「巷のビューティー神話にご用心。」で水曜日(隔週)配信中!

Recommend