彼のために疲れるの、もうやめた。アラサーの「変わりたい」に応える1週間プログラム

PR:公益社団法人米穀安定供給確保支援機構

恋愛、結婚、仕事、美容…。今、あなたがうまくいかない理由はわかってる? 4人の女性のストーリーからヒントをつかんでみて。

ストーリー#3「28歳、ユイコの場合」

出典: Diego Cervo/Shutterstock.com

「ユイコちゃん、眠そうだけど大丈夫?」
先輩に声をかけられて、私は慌ててあくびを飲み込んだ。
「すみません、大丈夫です!」

昨日は夜遅くに彼氏のトモノリと会って、あまり眠れなかったんだ。
いつも急に呼び出されるから、友達とのつきあいもスキルアップのための勉強も、なかなかできない。

付き合って3年になるけど、結婚する気あるのかな…。

出典: Peter Bernik/Shutterstock.com

「うーん、まだ考えられないかな。今は仕事が楽しいんだ。」
数日後。勇気を出して聞いたのに、トモノリはさらっと言った。
「仕事と結婚は関係なくない?」
「色々あるんだよ。ユイコは今だけよければ、それでいいのかもしれないけど。」

その言葉を聞いて、何かが吹っ切れた。
私は都合のいいときだけ呼び出される女で、このままじゃ幸せになんてなれないんだ。

出典: Nickolya/Shutterstock.com

「わかった。別れよう」
「え!?」
「私にだってやりたいことはあるんだよ。」

30歳までに転職しよう。それから心が豊かになるような恋愛をしよう。
心に誓ったその日は、29歳の誕生日だった。

まず始めたのは、朝、ごはんを作って食べること。
デキる女は朝の時間を大事にするって、好きなモデルさんが言っていたから。

今朝のメニューは「のり雑炊」。ミネラル豊富なのりは風味もよく、雑炊だから体が温まってなんだかほっとする。

「あれ? なんか肌がいい感じかも。」
1週間が過ぎたころ変化を感じた。
体重も少し減って、フェイスラインがすっきりしたような。心もなんだか軽やかになった。

出典: Syda Productions/Shutterstock.com

実は今まで、ダイエットのために糖質を控えていた。でもそれは体の中に溜めてあった水分が抜けただけで、体脂肪が減ったわけではないらしい。糖質を控えると落ち込みやすくなったり、感情面でもマイナスがあるんだとか。

明日はちょっぴり豪華に「鮭のねばねば贅沢丼」にしようかな。
朝からごはんをしっかり食べられるメニューが、私には合っているみたい。

出典: lenetstan/Shutterstock.com

会社に着いてまずはto doリストを作る。頭がすっきりしていい感じ。
今までの私は彼に振り回されて、自分を大切にできていなかったんだな。
必要なのは、体の中から調子を整えることだったんだ。

今夜は久しぶりに友達と会って、転職の相談を聞いてもらうんだ。
帰りにスーパーに寄って、朝食のごはんの材料を買おう。

朝、ごはんの力を借りて、自分のための人生を歩み始めたユイコ。次回はどんな女性が登場するのか、お楽しみに。

前回までのストーリーはこちら

Sponsored by 公益社団法人米穀安定供給確保支援機構

Edited by by.S 編集部

女性の美しさを後押しする"ファッション・美容"情報をお届け。