• 27歳からの、ビューティースポット

正しい入浴時間=何分がベスト? プロが毎日やっている、一石三鳥の入浴法とは

2018.03.22

毎日のバスタイム。「時間がない」「面倒」という理由から、きちんと湯船に浸かっていないというひとも多いはず。湯船に浸かっていても、もしかしたら美容効果が半減する入り方をしているなんて可能性もあるそう…。

インナービューティーインストラクターの松葉子さんに、美容効果が期待できる入浴方法を教えてもらった。

“シャワーだけ”をおすすめしない理由とは

松さんいわく、シャワーだけで終わらせてしまうと、身体の芯まで温まらないというのが一番の問題なのだとか。身体を清潔にするという面では問題なし。

入浴によって期待できる美容効果は…

①冷え改善
②リラックス
③睡眠の質を高める

女性の不調のほとんどの原因といってもいいのが「冷え」。湯船に浸かることで、身体を芯から温めることができるうえ、リラックス効果を得られるひとも。さらに、入浴で交換神経が高くなり、徐々に体温が下がると同時に副交感神経が優位になり、睡眠に入りやすくなるのだとか。

このように入浴には、うれしいことがたくさん。でも、実際にどのような入浴方法が効果的なの…?

入る時間はどのくらい? 適正温度は何度くらい…?

基本的に、入浴時間は20分くらいでOK。お湯の温度は、20分くらい浸かっていられるようなお湯の温度であれば何度でも大丈夫とのこと。ただし、のぼせてしまうひとや、冷えやすいひとは、無理をせずに自分が心地いいと感じるところまでがベスト。

また、湯船に浸かっている間は身体が温まっているため、マッサージをすると効果的。足裏・ふくらはぎ・太もも・ウエスト・腕など気になる部分をマッサージしてみて。

湯船に浸かるのが面倒だと思っているひとは、お風呂での楽しみを見つけるといいですよ。音楽を聴く・好きな香りのアロマオイルを垂らす・本を読むなど。
まずは入浴する習慣をつけましょう。

コメント: 松葉子さん

プロが毎日やっている、美を保つための入浴法を伝授

[用意するもの]
好きな香りのエッセンシャルオイル、重曹、クエン酸

[How to]
①好きな香りのエッセンシャルオイルを数滴、湯船に垂らす
②重曹250g、クエン酸210gを湯船に入れて混ぜる
③20分くらい入浴する

この入浴法は、ひとによっては汗がだらだらと流れてきます。お風呂から出ても身体のポカポカが長続きする感じがするはず。重曹もクエン酸もドラッグストアで手に入ります。簡単にできるのでぜひ試してみてください。

コメント: 松葉子さん

冷え改善、リラックス、良質な睡眠など、入浴にはきれいになる秘密がこんなにも詰まっているなら、シャワーだけで終わるのはもったいない。

まずは毎日のバスタイムを、見直してみて。
自分ならではのお風呂での過ごし方を見つけるなど、いまよりもっと楽しんでみては?

※精油を使用するときは、パッチテストなどで肌に合うか確かめるようにしてください。
※妊婦中や妊娠している可能性があるときに、使用してはいけない精油がありますのでご注意ください。
※体調や体質に不安のある方は、事前に医師に相談し、ご使用ください。
※ご使用中に体調がすぐれない場合は、ご使用を中止してください。

取材協力/インナービューティーインストラクター 松葉子

Channelバックナンバー

27歳からの、ビューティースポット

配信日:木曜日(隔週)

生活スタイルの意識とエクササイズで、心も身体もハッピーに。

text : Yukari Shirai

supervised by

スポーツトレーナー/セミナー講師
松 葉子

インナービューティーインストラクター。運動の大切さと女性のカラダとココロのメカニズム、ビューティー理論を提供している。
by.Sチャンネル「27歳からの、ビューティースポット」で木曜日(隔週)配信中!

Recommend