【流行予報】アディクションのカラーアイライナー。黒縁ラインはもう古い?旬色を✔

2018.04.06

2018年春夏は目もとにカラーを使うのが流行の予感。なかでもカラーアイライナーが話題に。初めて使うときは勇気がいるけど、意外と普段の洋服にもマッチする優秀アイテムなのだとか。そこでおすすめしたいのが、アディクションのアイライナー。初挑戦の人でも試しやすいカラー展開と描きやすさが魅力的。

2018年春夏。”カラーを目もとに”が流行の予感

2018年の春夏は、アイメイクにカラーを使うのが流行の予感。各ブランドからもカラー豊富なアイメイク商品が続々発売される予定。なかでもカラー豊富なアイライナーに注目が集まっている。

一般的だった黒や茶に加え、暖色系・寒色系ともにさまざまな色が展開されている。初めてカラーアイライナーを使うときは勇気がいるけど、目尻や目のキワに少し入れるだけでも目もとがパッと華やかになってテンションが上がりそう。

描きやすくてカラー豊富。アディクションのアイライナーが優秀と話題

滑らかな描き心地とカラー豊富なアディクションのアイライナーは、使いやすいと評判の人気アイテム。特に人気の2商品は、カラーアイライナー初心者にぜひともおすすめしたい。

アディクション カラーシック アイライナー

出典: 編集部撮影

上から
08 Dancer in the Dark
07 Lady of the Lake
06 Alice
05 Bedroom Eyes
04 Blue Moon
03 Secret Night

アディクション
カラーシック アイライナー
全6色 2,500円(税抜)

出典: 編集部撮影

右から、08 Dancer in the Dark、07 Lady of the Lake、06 Alice、05 Bedroom Eyes、04 Blue Moon、03 Secret Night

きれいな発色とツヤ感で魅惑的な印象を作れるカラーシックアイライナーは、全色落ち着いた色合いだから普段のメイクに取り入れやすい。描き心地が滑らかなことに加え、芯幅が2mmの細さで、細かい線も思いのままに描ける。まつ毛のキワが埋めやすく、目尻のラインも自由自在。

ラインをぼかすときは、時間を置かずに付属のチップでぼかすのがおすすめ。時間が経って乾いたら、落ちにくくなってにじまないのがうれしい。ウォータープルーフだから春夏の強い味方になりそう。

出典: 編集部撮影

目尻と目尻から下まつ毛のキワに、カラーシック アイライナー06 Aliceを使用。
合わせて、のちに紹介するリキッド アイライナー01 Tokyo Storyを目尻はねあげラインとして使用。

細すぎず描きやすいペン先で、発色が◎! ラインをぼかして、目尻のカラーラインを引きたてるように、カラーな影にしてみました。赤いライナーは粘膜が広がったように見せることができるので、デカ目効果も。

コメント: 編集部

アディクション リキッド アイライナー

出典: 編集部撮影

左から
01 Tokyo Story
02 Forbidden Colors
03 Shikibu
04 Rikyu
05 108

アディクション
リキッド アイライナー
全6色 2,800円(税抜)
※写真は06 Black River以外の5色

切れ長の目もとを美しく強調するために生まれたディープカラーのリキッドアイライナーは、まさに日本人のためのアイライナー。日本の古典的な色合いにインスパイアされて作り出された濃密で深みのあるカラーは、ほかにはない艶やかさがある。

細くてコシのある筆だから、極細ラインから太いラインまで自由にするする描けてストレスフリー。乾きが早く、肌に密着して美しい発色がいつまでも続く。お湯でスルッと落ちる処方。目もとに負担を与えないのもうれしい。

出典: 編集部撮影

上から、05 108、04 Rikyu、03 Shikibu、02 Forbidden Colors、01 Tokyo Story

カラーアイライナーを初めて使うときは個性的な印象にならないか心配になるけど、アディクションのカラーアイライナーはツヤ感を大切にしながら落ち着いた印象を与えてくれる。細かなラインでも滑らかに描けるから、初めてカラーアイライナーにチャレンジするひとにぜひともおすすめしたい。

【お問い合わせ先】
アディクション ビューティ
☎0120-586-683

Edited by by.S 編集部

女性の美しさを後押しする"ファッション・美容"情報をお届け。

Recommend