• 心地よく暮らす、ということ。STORYのある女

家に大好きな靴が溢れてるけど…結局履くのは何足? 大田由香梨が辞めた3つのこと

2018.04.03

ファッションやビューティ、暮らしなどさまざまなジャンルにわたり、そのひとの生き方に寄りそうスタイリングを提案する大田由香梨さん

“いろんな素敵なものに囲まれて生きている”、そんなイメージを抱いてしまうけれど、最近の大田さんのスタンスは、むしろ逆。
いくつか卒業したことがあるみたい。

ファッショニスタな大田さんが最近断捨離したアイテム

ファッション自体は、好きなものは昔から変わりません。買い物でも、ずっと着られるものをしっかり持って、+αでトレンドがちょうどいいんです。

コメント: 大田由香梨さん

確立されたファッションのスタイルから「やっぱり私とは違う…」と思うかもしれない。でも、そんな憧れの大田さんにだって、昔と今で変わった部分があるんだそう。それは、靴に対する考え方

服がシンプルな分、靴でトレンドを表現したくて、たくさんの靴を持ってて。でも先日、家にあった靴をほとんど処分しました。きっとどこかで映画『SEX and the CITY』の主人公のキャリーの部屋の、シューズクローゼットに憧れてたのかも(笑)

春に活躍させたい、この4足があれば十分。

コメント: 大田由香梨さん

出典: 大田さん撮影

上から
フォーマルな革靴にみえますが、実はスニーカー(SWEAR)

尊敬するデザイナーMIHARAYASUHIROさんとのコラボレーションアイテム(MIHARAYASUHIRO x Yukari Ota)

お気に入り過ぎて、こちらの靴は2足目!!バレーヒールシューズ (CELINE)

一目惚れしてNYで昨年購入したスリッパ (Alexander Wang)

コメント: 大田由香梨さん

靴を減らそうと決めたのは、365日365足の靴を履くというのはあくまで夢の世界であって、現実には4足で十分だと思ったことがきっかけ。

入れ替えるタイミングはシーズンごとで、履くだけで気分が上がるような、お気に入りのものだけを買うようになったそう。

トレンドカラーのコスメはもう買わない

スタイリスト駆け出しの頃と比べれば、コスメの買い方も変わったみたい。

職業柄もありますが、トレンドカラーのコスメはその都度いろいろ試しました。でも合う色や合わない色があると実際にわかれば、自分のスタンダードも見つかる。年々、コスメの数も化粧時間もどんどん減ってきたんです。

コメント: 大田由香梨さん

出典: 大田さん撮影

上から
 UV化粧下地 (GIORGIO ARMANI)
フェイスカラー(ADDICTION)
ペンシルアイライナー (細)(KATE)
ペンシルアイシャドー(太)(BOBBI BROWN)
※大田さん私物

自分に似合う色が分からない…。それなら、周囲の声に素直に耳を傾けてみて

大田さんもいろんなカラーのコスメを使ってみる中で、周りの誰かが褒めてくれた色はスタンダードに組み込み、外出中に「家に帰りたい…」と感じてしまうような色は卒業。試行錯誤を経て、今のメイクに落ちついたんだって。

お高めな基礎化粧品や専門薬を買う、その前に

スタイリストという不規則な生活リズムを免れられない職業や昔からアトピーに悩まされていたことから、働き始めてしばらくは、塗布薬やお値段の張る基礎化粧品で対処。その当時を、大田さんは「その場しのぎな考え方だったかな」と振り返る。

出典: 大田さん撮影

左から
アイクリーム( NEROLILA Botanica)
化粧水、保湿 (LAROCHE-POSAY)
※大田さん私物

たとえば基礎化粧品なら、出来るだけシンプルな内容。プロダクトの哲学に共鳴できるもの。たくさん塗るのではなく、削ぎ落とすことが大事だと気付きました。

また、7年前に菜食中心の食事に切り替えたことをきっかけに、生活全般の見直しの大切さを実感したんです。

コメント: 大田由香梨さん

食事では食物繊維もたっぷり摂れる野菜中心に変えたほか、家にある調味料をできるだけナチュラルなものに買い替えたり、外食でも無添加のものをできるだけ選ぶように。
それからは睡眠をしっかりとる、ジムに通って習慣的に身体を動かすなど、生活全体の見直しによって、根本的な原因にアプローチするスタイルに自然と変わったという。

働く女性はどうしても頑張らなきゃいけないときもあるから、やっぱりそこは頑張るのがいいと思うんです。でも、そのときに無理が出ちゃわないように、一つできることからやってみるのがいいのかなって。

コメント: 大田由香梨さん

“削ぎ落としていく”大切さを実感してる大田さん。さて、あなたは何から卒業する?

取材協力 Stylist/大田由香梨

Channelバックナンバー

心地よく暮らす、ということ。STORYのある女

配信日:火曜日(不定期)

積み重ねて生きていきたい女性のための、衣・食・住 ストーリーの描きかた

text : 門上奈央

supervised by

スタイリスト/ライフスタイリスト
大田 由香梨

ファッション誌のスタイリストとしてキャリアをスタート。のちにその経験をベースに、衣食住の全てをスタイリングする”ライフスタイリスト”として活動。
by.Sチャンネル「心地よく暮らす、ということ。STORYのある女」で火曜日(不定期)配信中!

undefined

Recommend

undefined