• 「着たい」が「似合う」になる、スタイル美人

「太デニムは腰ばきNG」「スキニーは太ももゆるめを」新顔デニムでスタイルアップ大作戦

2018.04.18

ハイウエストからスキニーまで、デニムのスタイルは多種多様。だからこそ、着こなしかたや、スタイルアップの叶えかたはそれぞれ違う。Ameri VINTAGEの黒石奈央子さんが、デニムのデザイン別・もっとも映えるコーディネートを伝授。

ハイウエストのハイブリーチデニムには、レディをプラス

Ameriの大ヒットアイテム、ハイブリーチデニム。その新鮮なデザインもさることながら、注目すべきは絶妙に計算しつくされた形

このデニム、腰まわりはすっきりと締まっている一方、ヒップから下にかけてゆとりが広がるシルエットなんです。くびれを際立たせつつ、太ももの太さは隠してくれる、スタイルアップアイテムなんです。

わたしは普段から、ゆるデニムを買うときはこのポイントを抑えて買っています。

コメント: 黒石奈央子さん

黒石さんいわくゆとりがあって腰で履くタイプは、そのだぼつきが野暮ったさやカジュアル感を目立たせてしまうから、大人女性との相性は悪いそう。

コーディネートは、とことんバランスを意識すべし。

トップスはラフでもフェミニンでも、どちらでもOK。シューズは、形はポインテッド、色はゴールドやシルバーなど、大人なレディライクを取り入れて。

コメント: 黒石奈央子さん

さらに羽織りものにはレディライクなコートを選べば、カジュアル×レディのバランス感覚抜群の大人コーデが完成する。

スキニーには、ウエストアピールを忘れずに

今季のスキニーは、各ブランドからさまざまなデザインのアイテムがリリースされている。そこで選ぶべきは、ふくらはぎはきゅっと締まっているけど、太ももには余裕があるデザインやサイズ感

通常のスキニーは太ももも締まりがちですが、太ももは少しゆとりがある方が、足が細く見えます。

Ameriの今季のスキニーアイテムはバックがスウェット地なので、足にぴったりと張りつかず、ゆとりが生まれて気になる体型をカバーしてくれます。

コメント: 黒石奈央子さん

足の密着度は、試着時のチェックポイント。覚えておけば、美脚シルエットが手に入りそう。

次にスキニーの着こなしで気になるのは、短足見えしないかどうか。

短足見えを防ぐポイントは2つあります。裾を折り、くるぶしをチラ見せすることと、トップスをインして、ウエストの位置をアピールすること。

コメント: 黒石奈央子さん

インは、フロントのみでもすべてでもOK。サイドのみ入れてみるのも、手。トップスのデザインに合わせて、インの仕方を調節してみて。

いつもと同じデニムじゃつまらない。だけど手を出したことがないアイテムって、選びかたや着こなしかたがわからない。そんな不安や疑問が解消されたら、さあ、マイ・フェイバリット・デニムを探しましょ。

取材協力/Ameri VINTAGE CEO/ディレクター 黒石奈央子

Channelバックナンバー

「着たい」が「似合う」になる、スタイル美人

配信日:水曜日(毎週)

永遠の体型コンプレックスを、ファッションで解決。

text : 有山千春

supervised by

Ameri VINTAGE CEO
黒石 奈央子

大手アパレルブランドにてVMDとして活躍後、独立。ヴィンテージアイテムとオリジナルブランドを取り扱う「Ameri VINTAGE」を立ち上げる。
by.Sチャンネル「「着たい」が「似合う」になる、スタイル美人」で水曜日(毎週)配信中!

Recommend