適齢期という、見えない不安。人気モデルは「年齢へのプレッシャー」をこう乗り越えた

PR:SK-II

なんとなく気にしてしまう“30歳”という年齢。「結婚します」「転職します」「出産しました」友人のそんなSNS投稿を見かけるたび心がざわつく…。

日々の生活は充実しているはずなのに、ふとした瞬間に見えない不安やプレッシャーを感じてしまうのは、by.S世代ならあるあるですよね。でももしかしたら、それは自分自身にかけてしまっている暗示なのかも。

出典 YouTube

スキンケアブランドSK-IIは、展開中のキャンペーン「期限なんてない」において「自分が信じた道を進む上で、誰かに決められた期限なんてない」というメッセージを発信。モデル・近藤千尋さんが出演する最新動画にも、そんなメッセージが詰まっています。

2012年に人気雑誌の専属モデルとなり、「渋谷ギャルがなりたい顔No.1 」と呼ばれ人気を博した近藤さん。彼女自身も、20代半ばから「30歳」という年齢を意識していたといいます。そのきっかけは、周囲から知らず知らずのうちに与えられたプレッシャーだったり、キャリアへの不安だったり…。

そんな近藤さんがSK-IIのメッセージに共感し、今まで感じてきた想いを語ってくれたのがこちらの動画。今回は、特に心に響く言葉をby.S編集部がピックアップ! きっと、今のあなたに必要な“何か”が見つけられるはず。

自分で決めた適齢期=自分にとってのベストタイミング

20代で花開いても「もう遅い」と言われるモデル業界。近藤さんは、モデルの仕事が波に乗っていた2015年に、25歳で結婚を決めました。

これまでの人生で何かを決断するたびに、周りからは「もう?」「まだ?」と言われ続けてきたそう。そのとき、彼女が考えたことは…。

結局何をしても人には何か言われるし、自分で何か決めても結局言う人は言うから、そういう人は気にしなければいいんだって。自分は自分、人は人って思うようになったら、本当にすべてが楽になって。

コメント: 近藤千尋さん

人の目ばかりを気にして生きるのは、可能性を狭めてしまうことと同じ。自分の人生は自分のもの。自分で決めたタイミングで、人生を切り拓いていきたいですよね。

見えない誰かと比べるよりも、自分自身と戦っていたい

28歳になった近藤さん。子育てに奮闘しながらモデルとしても変わらず活躍し、幅広い世代の女性たちから支持を集めています。30歳を目前にした今の彼女の、リアルな気持ちとは?

30歳になった人が「大台に乗っちゃった」ってみんな言ってたから、私もいざ30歳を目前にすると“大台に乗る”って思うのかなって思ってて…。結構その時点で、周りに流されてるんですけど。見えない誰かと比べるよりも、自分自身と常に戦っている方がかっこいいのかなって。

コメント: 近藤千尋さん

30歳はもう大台…。そう考えるとなんだか期限があるように感じてしまって押しつぶされそうになるけれど、誰かと比べたり周りの目を気にしたり、見えないプレッシャーと戦う必要なんてないのかも。大切なのは自分の想いを信じて決断し、突き進んでいくことなのです。

あなたの目指す「期限にとらわれない生き方」は? 4人の女性のリアルボイスを✔︎

他にも、第一線で活躍する女性たちのインタビュー動画が公開中。ミュージシャンとして
デビューして以来、新しいことに挑み続けるシシド・カフカさん。

自分自身が成長していくとか、何か物事を進めていくということに関してはリミットは感じてないですかね。そのときそのときで自分でちゃんと選択できればいいなと思うんで。

コメント: シシド・カフカさん

アーティストなど、あらゆるジャンルで活躍するスプツニ子!さん。

あれやって、これやってって全部やろうとしてもできないから。一番大事なのって、自分が気持ちがいいか、自分が楽しいか。

コメント: スプツニ子!さん

DJとして活躍する傍ら、29歳で自身のファッションブランドを立ち上げたマドモアゼル・ユリアさん。

期限とかってそもそもないし、自分がこうでありたいとか、これでいいんだって自分が思ってればいいと思うんですよ。

コメント: マドモアゼル・ユリアさん

年齢という見えない不安や、自らが与えてしまっていたかもしれないプレッシャーや葛藤をそれぞれに乗り越えた、彼女たちの力強いメッセージを見逃さないで。

これら4つの動画は「自分が信じた道を進む上で、誰かに決められた期限なんてない」というメッセージを伝えるため、5月11日にSK-IIが公開したもの。

あわせてチェックしたいのは、同じキャンペーンのもと、今年の3月に公開した動画「期限なんてない」。「勇気をもらえた」など、SNS上で多くの女性から反響を集めています。

出典 YouTube

「もう30歳だからちゃんとしなきゃ」と感じているなら、見えない何かや誰かから課されたプレッシャーと戦うのはやめて、自分を信じることから始めてみてはいかがでしょうか。

周りの目を気にして、自らの選択肢を狭める必要はなし。自分が信じた道を進む上で、誰かに決められた期限なんてありません。30代をもっともっと、自分らしく楽しみましょ。

Sponsored by SK-II

Edited by by.S 編集部

女性の美しさを後押しする"ファッション・美容"情報をお届け。