• もも姐のトレンド判定

去年の服、今年も着るなら。プロが「止まっている女」に告ぐ"やめとけ"3大アイテム

2018.05.21

毎年変わりゆくトレンド。だけど、それに合わせて一新する余裕はないし、流行に飛びつく年齢でもない。

たった1年前の服だもの、今年くらい着てもOKよね?みんな着てるよね? ーーと思っているあなたに、スタイリストのもも姐こと川村桃子さんがズバッと指摘。「それ、止まっている女ですよ」。今年知っておくべき、NGアイテムやNGコーデとは?

定番アウターだと思ってた。実は「Gジャンこそ」その年のトレンドがもろに出る

ワンウォッシュの黄ばみカラーアイテムや、ウエストがシェイプされているアイテムなど、数年前に買ったGジャンに袖を通そうとしているあなた、ちょっと待って。

実はGジャンって、毎年少しずつデザインが変化している、トレンドが反映されやすいアイテム。だから、「今Gジャンが流行っているのなら、数年前に買ったアイテムを着よう」と思っていると…。

コメント: 川村桃子さん

ハイそれ、「止まってる女2018」に認定です。今年は、オーバーめなサイズ感×背中に抜け感なデザインのGジャンがトレンド。だから、せめてそのトレンドシルエットを踏まえた古着などはOK。

若い女性はトレンドGジャンを着ているイメージだけど、お姉さんたちは昨年以前のアイテムを着ているような印象。

「捨てればいいじゃん!」と思うけど、捨てられない気持ちもわかるし、「むやみにトレンドに手を出して、他の手持ち服から浮いてしまう」という心配もわかる。だったら、無理にGジャンを引っ張り出すより、ライダースを買った方が早くない?

コメント: 川村桃子さん

ライダースはデザインに変動がない、真の“定番”アイテム。汎用性の高さは、ライダース>Gジャン、なんだそう。「止まってる女」になりたくなければ、Gジャンから身を引いて見るのもアリ。

ストリートを席巻したシフォンの花柄ガウンも、OUT

昨年、誰も彼もやっていた、シフォン素材の花柄ガウン×フレアデニムというコーデ。今年そのままやってしまうと…。

ハイ出ました「止まってる女2018」認定です。
今年それに代わるのは、コットン地のロングシャツ

ヘルシーなコットン地のシャツをワンピースとして着たり前を開けて羽織りものとして着るのが、今っぽい。

さらにボトムスは、デニムではなく「チノ素材のタイトスカート」を合わせるのが、もも姐流。

今年はチノ素材のタイトスカートが、各ブランドから出ています。コーデは、ベージュorカーキのチノ素材タイトスカート×オーバーめな白Tシャツに、コットンロングシャツをオン。さらにキャップをかぶれば、よりこなれ感が出せるはず。

コメント: 川村桃子さん

安易にデニムを合わせてラフになりすぎてしまうのなら、今っぽなタイトスカートをオンしておしゃれ上級者風を吹かせましょ。

まだリボン型サッシュベルトでウエストマークしてるの?

今もウエストマーク自体は健在。だけど、昨年の流行りをひきずったまま、柔らか素材のリボン型サッシュベルトでマークしてしまうと…。

ハイやっぱり「止まってる女2018」認定です。今年の主流は、パンツやスカート、ワンピースの元々の付属品でのウエストマーク

付属のウエストマークで、さりげなくウエストを締めてメリハリをつけるのが、トレンドな着こなし。上手く活用して、春夏をおしゃれに乗り切りたい。

とっても簡単な「止まってる女」防止策

もも姐がアドバイスする「止まってる女」にならない方法。それは、店頭をチェックすることに限るそう。

昨年以前のアイテムでも、定番化して店頭にあるデザインならば、「止まってる女」にはなりません。でも、たとえば2、3年前に流行ったすね丈のガウチョパンツ、店頭で見る? 見ないですよね。今年はそれが「床ギリギリ丈のワイドパンツ」に移行してない?

いまお店に売っていないアイテムを着ていたら街で浮いてしまうし、今年新たに購入したトレンドアイテムとは合わないのは当然
です。

コメント: 川村桃子さん

つまり「お店で売っていないアイテムを着る」=「止まってる女」ということ。昨年以前の手持ち服を着たくなったら、まずは店頭をチェックして、同デザインのアイテムがあるかどうか確認して。目指せ「脱・止まってる女」!

取材協力/スタイリスト 川村桃子

Channelバックナンバー

もも姐のトレンド判定

配信日:月曜日(隔週)

大人流・トレンドの嗜み方、垢抜けテクをスタイリストが指南。

text : 有山千春

Recommend