• 現場のスクショ話

オフショル、異素材、体型おしゃカバーetc.「2018水着トレンド」総ざらい

2018年の新作水着はもうチェックした? 毎年変わる、水着のトレンド。一方で“近年のトレンド”が殿堂入りしたものも。by.Sエキスパート&編集部が今年のトレンドを大予言!

いままでの水着には無かった。麻、ニット、ベロア…「異素材」が可愛い

出典: ミュラーオブヨシオクボ

出典: ANDI BAGUS

麻、ニット、ベロア。従来の水着にはなかった異素材が続々登場。おしゃれ心をそそられる素材感には、手を出さずにはいられない…!

出典: H&M

洋服感覚で着る

出典: ZARA

出典: 編集部撮影

服みたいに、街でも着れちゃうデザインが目立つ今年のラインナップ。今年は、タウンユースシーンも想定してコーデを組みたい。ビキニだと露呈しちゃう二の腕、お腹、腰まわり…と気になる体型悩みをカバーしながらトレンドもマーク。

出典: CHUU

オフショル、ハイネックが気になる

出典: DHOLIC

出典: CHUU

服のトレンドシルエットでもあるワンショルダー、ハイネックが水着でも登場。それだけでit感が出せるシルエット、一枚はおさえたい!

三角ビキニ、カムバック?

出典: H&M

しばらく台頭していたバンドゥビキニブームが落ち着いた? 王道・シンプルな三角ビキニがカムバックしている模様。

ヘルシー、スポーティの波は水着にも

出典: ユニクロ

ストリート、カジュアルブームも、水着に浸透。ヘルシーなスポーツブラタイプは多く見られ、キャップやウエストポーチなどと合わせて、テイストをまとめたい。

もはや定番。「近年ブレイク継続、今年もおしゃれ」は?

そうは言っても、数年前に買った手持ち水着だって着たいのが本音。「時代が止まってる女」にならないかしら…とちょっと不安。そこで、殿堂入りした近年のトレンド水着についてby.Sエキスパートに伺った。

# オフショル

出典: DHOLIC

オフショルは定番になりましたね。デザインとしては肩までフリル、リボンになっているものも定番になってきている気がします。

コメント: Ameri VINTAGE CEO 黒石奈央子さん

女度満点で、どんなひとにも似合いやすいオフショルが定番に。デコルテはがっつり見せて、気になる二の腕はカバー。がっしり肩さんも華奢見え。

出典: någonstans

SWIMWEAR(TOP) 19,440円/någonstans ※現在一部店舗のみ在庫あり

# ワンピース

出典: Ameri VINTAGE

ワンピースは年々、さまざまなデザインが増えていて“ワンピース着てる=おしゃれなひと”という印象。

コメント: Ameri VINTAGE CEO 黒石奈央子さん

出典: mikomori

SWAN27,000円/mikomori

ワンピースはもはや定番。胸開きはみぞおちくらいまで大きく開いたものが可愛いです。腰が開いたものは体が細く見えるので、去年から引き続き一つ持っておくには必須。

コメント: スタイリスト スド=キョ=コさん

ちょっと前までは「ワンピースは上級者のもの」「スクール水着!?」「くびれないと着れないでしょ…」と抵抗感満載だったワンピースも市民権GET。

日本人体型でもスタイルよく着こなせる進化系ワンピースが続々とリリースされているから、今年こそワンピースデビューできそう。

出典: H&M

2018年水着トレンドNEWS

✔︎異素材
✔︎洋服感覚で着る
✔︎ワンショルダー、ハイネックが熱い
✔︎三角ビキニ、カムバック
✔︎水着もヘルシー、スポーティ

✔︎オフショルとワンピースが定番化

非日常な水着でこそトレンドファッションを謳歌できるのも、大人の醍醐味。さぁ、今年のスタメン水着に迎え入れるのはどれ?

Channelバックナンバー

現場のスクショ話

配信日:土曜日(不定期)

by.S編集部が思わず現場でスクショした、いますぐ使える情報をお届け。

text : by.S編集部

supervised by

公式
by.S編集部

最新ファッション・美容情報に日々揉まれながら、美の修行中。プライベートではアート、ダンス、韓国、バンド…と個々に芸を肥やす、アラサー世代の編集部。
by.Sチャンネル「現場のスクショ話」で土曜日(不定期)配信中!

Recommend