• 現場のスクショ話

本当に絶対に「落ちない・神マスカラ9本」を徹底検証。涙・汗・海? かかってこい

2018.06.22

ぐんぐん気温も高まり、海やBBQなどサマーレジャーは もちろんのこと、日々の通勤・運動中も気がついたら汗だく。そんなとき、気になるのはやっぱり「メイク崩れ」。ふと鏡をみたらパンダ目に・・・って経験があるひとも多いはず。

ウォータープルーフはもはや当たり前の時代、どんなシーンにも強い"究極のマスカラ"をby.S編集部が検証、珠玉の9アイテムをご紹介。

‐目次‐

落ちないマスカラの選び方って?

実験したマスカラのラインナップはこちら

「水道水・プール・汗・海水」4種の水で検証を実施

実験1: 16℃の水(水道水の平均水温)

実験2: 27℃の水(プールの平均水温)

実験3: 37℃の水(運動時の汗の温度)

実験4: 20℃の海水(夏の海水平均温度)

全アイテムの使用感をチェック

***
 
 

 

落ちないマスカラの選び方って?

「落ちにくいマスカラ=ウォータープルーフ」というイメージを持っているひとも多いはず。だけど、汗や皮脂の多くなる夏は、ウォータープルーフだけでは物足りなく感じてしまう場合もあるみたい。

ウォータープルーフは水分に強く、汗や涙だけでなく、海やプールなどの水にぬれるシーンでパンダ目になりにくいアイテム。それに対しオイルプルーフは、皮脂などの油分に強いという特徴を持っている。皮脂が多く出やすい夏や長時間メイクをしたままのときには、オイルプルーフのマスカラを選んだ方がパンダ目になりにくい。

だけど、夏は汗も皮脂もでるし、レジャーで水に塗れるかもしれないし…。一体どっちを選べばいいの?そんなひとには、ウォータープルーフとオイルプルーフの両方の効果を合わせ持つ、スマッジプルーフがおすすめ。水分と油分、どちらにも強いため、夏のどうしてもパンダ目になりたくないシーンでは重宝するアイテム。

このように、落ちにくいマスカラを選ぶときは、あなたが使いたいシーンを考えて〇〇プルーフという点に注目して選んでみて。

実験したマスカラのラインナップはこちら

プチプラからデパコスまで、9ブランドに本企画をご連絡。それぞれのブランドから最も自信のある"落ちにくいマスカラ"をお貸出しいただき、撮影・検証を実施。

「水道水・プール・汗・海水」4種の水で検証を実施

つけまつげに9種類のマスカラを塗り、夏のレジャーに関わる4パターンの温度の水を準備。それぞれにマスカラを浸し、ピンセットでゴシゴシとこする。しばらく時間をおいて、変化を観察した。

実験1: 16℃の水 (水道水の平均水温)
実験2: 27℃の水 (プールの平均水温)
実験3: 37℃の水 (運動時の汗の温度)
実験4: 20℃の海水(夏の海水平均温度)

実験1: 16℃の水(水道水の平均水温)

どのマスカラも、微動だにせず! さすが各ブランドが選ぶ珠玉の一本とだけあって、水道水くらいじゃビクともしない結果に。

実験2: 27℃の水(プールの平均水温)

つけまつげを水に浸した瞬間は、9本とも変化なし。ピンセットでゴシゴシこすったあとに、すこし時間を置いて目を凝らしてみると、わずかに繊維が浮いてきたマスカラも。しかし、このくらいでは全く問題のないレベル。

実験3: 37℃の水(運動時の汗の温度)

さすがに37℃になると、お湯で簡単にオフできるマスカラは耐えられなくなってくる温度。27℃のときよりも、浮いてくる繊維の量が増加。

よりマスカラを落ちにくくするためには、マスカラ下地やトップコートを使うこと。さらに、涙袋には入念にお粉をのせておくことで、パンダ目が軽減できるというテクニックも!

実験4: 20℃の海水(夏の海水平均温度)

マスカラが落ちるのは「水か海水か」といった水の種類ではなく"水温"が原因であることが判明。20℃の海水での検証は、9本ともクリア!

全アイテムの使用感をチェック

条件は全アイテム共通で、アイシャドウなし・アイラインなし・ビューラー使用なし。マスカラだけを実際にタッチアップ。それぞれ、束感が出るもの・ボリュームアップするもの・長さが増すもの・カール力があるもの、と特長は9種9様。お気に入りの仕上がりをみつけて。

今回の検証で、使ったつけまつ毛は9ブランド×4パターン=36個。各ブランドの"推しアイテム"とだけあって、あまりにどのマスカラも落ちず、変化は楽しめなかった。

今回紹介した9つの「神マスカラ」たち。お気に入りの仕上がり、塗り心地で選んでみては? 通勤・プール・海・サマーアクティビティetc...いつどんな瞬間もパンダ目知らずの美しい目もとで、存分に夏を満喫して!

コスメのクチコミサイトLulucos by.Sでも「落ちない・マスカラ」特集を実施! 各ブランドのプレス担当からの"推しポイント"もたっぷりとご紹介。

Channelバックナンバー

現場のスクショ話

配信日:土曜日(不定期)

by.S編集部が思わず現場でスクショした、いますぐ使える情報をお届け。

text : by.S編集部

supervised by

公式
by.S編集部

最新ファッション・美容情報に日々揉まれながら、美の修行中。プライベートではアート、ダンス、韓国、バンド…と個々に芸を肥やす、アラサー世代の編集部。
by.Sチャンネル「現場のスクショ話」で土曜日(不定期)配信中!

Recommend