• 10年後に差がつく、品格スタイル塾

「白Tにデニム」モデルしか似合わない問題。こダサくなる理由・おしゃ見せテクを指南

2018.06.12

誰もが憧れる永遠のシンプルコーディネートの代表格「白Tシャツ×デニム」スタイル。でもシンプルが故に、かっこよくきまらず、こダサくなってしまう恐れも。そのおしゃれとこダサいの絶妙な境界線を探って、この夏一気におしゃれ見えに昇華したい。

シンプルコーデがおしゃれ見えするコツって?

シンプルなコーディネートって、モデルのように美人でスタイルのいいひとだけが似合うもの、って思っていない? そんなスタイリングに憧れはあるけど、敬遠するひとも多いみたい。でも諦めないで!今まで避けがちだったシンプルコーディネートを垢抜けて見えるちょっとしたコツを、パーソナルスタイリストの大日方久美子さんから伝授してもらう。

Tシャツにデニムという、シンプルコーディネートにさらっとニットカーディガンで大人な佇まい。でも、シンプルな中にも足もとをピンクのパンプスにして、女性らしい品格を。

シンプルコーデがこださくなる理由とは?

機能性や動きやすさメインのシンプルコーディネートは、所帯染みたり地味になったり見えがちに。その原因とは。

① サイズが合っていない。大きすぎてもピタピタすぎてもNG

自分の体に程よくサイズ感が合っていることがマスト。デニムは試着にこだわるのはもちろんのこと「お直し」の選択も。ポイントは、ウエスト・総丈・裾幅。たとえば、ウエストがぴったりでも総丈が長かったら、裾上げを。伸ばすことだってできる。

サイズ感へのこだわりは、既出記事で復習を。

② 何も考えずに、いつものパンプスを履いちゃう

コーディネートしやすく、万能なデニムとだけあって、シューズは何でも簡単に合わせればOKと考えるのは間違い! いつものベーシックカラーのパンプスをなにも考えずに履いてしまうと“普通っぽさ”“コンサバ感”が増して、こダサくなることも。

今年っぽい抜けのある足もとをつくりたいなら、ミュールがおすすめ。かかともデニムの裾がかさばらずに済んで◎。

③ ヘアメイクに“抜け”がない

シンプルな装いの時ほど、ヘアメイクに手を抜いてはNG。大人の女性なら、ナチュラルで上品なメイクをシンプルスタイルの日にこそ心がけたいもの。

大日方久美子さんのシンプルおしゃれ論

大人の上品シンプルコーディネートがおしゃれと定評のある大日方久美子さん。そのおしゃれな理由とは?

最高に自身の体に合う、普遍アイテムと出会えていて、一部更新したいアイテムの丈感・サイズ感に今っぽさを出すように心がけているとか。たとえば今年ならTシャツ

今年のTシャツは、ゆったり着たい気分。体に沿わない、体が泳ぐくらいのゆとりが欲しいです。袖は二回折るくらいが体に馴染んでちょうど良い。

サイズは、2サイズアップを意識するといいですよ。ふだんSサイズのひとはLサイズを選ぶなど。

コメント: 大日方久美子さん

また、カラーアイテムを効かせてコーディネートを昇華させるのも大日方さん流。

春に重宝したカラーコートも一枚で華があるので、シンプルコーディネートの引き立て役に。梅雨の肌寒い日や、秋にも重宝するので、バリエーションを揃えておきたい。

夏に向けてなら、イエロー、グリーンの小物は特におすすめみたい。

大人のシンプルスタイルこそ、随所に気を遣いたいもの。コツを掴んで、シンプルコーディネートを楽しんでみて。

取材協力/ Personal Stylist 大日方久美子

Channelバックナンバー

10年後に差がつく、品格スタイル塾

配信日:月曜日(毎週)

品格が欲しいなら、今すべきは大人のファッション・自分探し。

text : 福田美和

supervised by

パーソナルスタイリスト
大日方 久美子

アパレル販売の経験を経て2013年よりパーソナルスタイリストとして独立。服の値段にかかわらずエレガントでスタイリッシュな着こなしを提案している。
by.Sチャンネル「10年後に差がつく、品格スタイル塾」で月曜日(毎週)配信中!

Recommend