• STOP!美容の勘違い

電車、エレベーター待ち、料理中。“57kg”痩せた美女の「ながらダイエット」の掟

2018.06.14

ダイエットのためにしっかり時間を取るのは、意外と面倒なもの。3度の妊娠・出産のたびに約20㎏も太り、そのたびにダイエットに成功。合計57㎏もやせたダイエットのエキスパート、美容家・山本未奈子さんが、日々の生活で実践する“ながらダイエット”をレクチャーします!

二の腕&脚が太くなる原因は、脂肪ではない!?

カットソーやスカートから露出して隠しきれない、プヨプヨの二の腕やムチムチ脚…。実はこれ、脂肪太りではない可能性が高いそう。

ほとんどの場合、むくみが原因です。体内の巡りが滞って、老廃物や余分な水分が溜り、太くなっているのです。このむくんだ状態を放置していると、それが慢性化して、水太りに…。

だから、ストレッチなどで行い、血液やリンパ液の流れを促し、むくみを解消することがおすすめです。それに、やせやすい体を作るには、体の柔軟性を保つことが大切なんです。

関節の中でもぐるぐる回せるのは、肩甲骨と股関節だけ。この2つを定期的に回してほぐせば、腕や脚だけでなく、全身の巡りが促され、スッキリしてきますよ

コメント: 山本さん

山本未奈子さんが実践! テレビを見ながらのストレッチで、スッキリ美ボディへ

山本さんの“ながらダイエット”の基本は、テレビを見ながらのストレッチ。凝り固まった筋肉をほぐして、全身の血流、リンパの流れをアップするのが毎日の習慣だそう。テレビを楽しみながら、自分のペースできるのはうれしいポイント!

テレビを見る時間は、ダイエットの時間と決めています。だから、テレビを見るときは、床に座って、ストレッチするのが日課です。

エクササイズグッズを使うと、簡単にコリをほぐせて、ストレッチが効率的に。全身の巡りを促し、翌日にむくみを持ち越さないことがスッキリボディを育むコツです

コメント: 山本さん

ストレッチの質を上げる、山本さんお気に入りのエクササイズグッズ

出典: ライター撮影

(手前)ノットアウト ダブルミディアム&ソフトフォーム 全長14×直径7cm ¥4,700(税抜)/セルフボディケア・ジャパン
テニスボール大の2つのボール部分が、肩甲骨の間や背骨の両脇を的確に刺激。深いコリや筋膜の癒着にアプローチする。

(奥)スタイルアスリートポール 長さ94×幅23×高さ20cm ¥8,300(税抜)/MTG
元フィギュアスケート選手・村主章枝さんと共同開発。凝り固まりがちな肩から腰をリラックスさせながらストレッチする。

セルフボディケア・ジャパン selfbodycare.jp/
MTG ☏0120-467-222 www.mtg.gr.jp

出典: ライター撮影

ノットアウトを床に置き、仰向けに寝て背中をコロコロすれば、自分の体重で圧がかかり、心地いいです。ふくらはぎや足裏にも◎。意外と凝っている太ももの表面は、うつ伏せでローリング。ちょっと痛いですが効きます

コメント: 山本さん

出典: ライター撮影

スタイルアスリートポールが肩甲骨の間にあたるように仰向けに寝て、両腕を広げます。そして、全身の力を抜き、左右にゆらゆらしたら、そのまま脱力して数分キープ。凝り固まった肩や肩甲骨がストレッチされ、上半身のコリがほぐれます

コメント: 山本さん

まだまだ他にも! 毎日の生活でできる“ながらダイエット”習慣

意識するだけでグッと見違える。山本さんが日々行う“ながらダイエット”をリストアップ!

毎日の生活の中で、ちょっとしたことを意識するだけで、むくみケアができ、体を引き締めることができます。ぜひ、できることからチャレンジしてください

コメント: 山本さん

①立っているときは、コアに意識を集中
エレベーターに乗っているときなども、ただ立っているのはNG! 深呼吸しながらコアに力を入れてエクササイズを。お尻をしまい込むように力を入れ、内転筋を鍛えましょう。

②電車やバスでは座らず、立ちをキープ
電車やバスに乗っているときは、席が空いていても、頑張って立っているように。揺れる車内で立っているだけでも鍛えられますが、さらに①のコアを意識して立つとGOOD!

③通勤時間は、ウォーキングタイム
時間があるときは、なるべく歩くように心掛ける。会社などからの帰宅時は、ひと駅、ひと停留所だけでも歩くように。理想は1日30分以上歩くこと。

④調味料を高い場所に置き、腕をストレッチ
料理中は、腕をケア。あえて、調味料を高い棚に置き、腕を伸ばすように取る。腕を上げるときは、二の腕はもちろん、リンパ節のある脇の下もしっかり伸ばす。

⑤歯磨きタイムは、便利グッズでエクササイズ
洗面所に、ストレッチボードや、かかとのないダイエットスリッパなどを置いておき、歯磨き中は、それを活用。バランスを取ることで脚だけでなく、全身を鍛えることができる。

ふだんヒールばかりを履いているひとは、太ももの表側に筋肉がつきやすく、お尻などの裏側はたるみやすいそう。日頃、疎かになりがちな、自分の弱点を意識しながら、“ながらダイエット”を試してみて!

取材協力/美容家 山本未奈子さん

Channelバックナンバー

STOP!美容の勘違い

配信日:木曜日(隔週)

当たり前だと思っていた美容法には、実は勘違いがいっぱい潜んでいるかも。

text : Yuka Kaneko

supervised by

美容家
山本 未奈子

NY州認定ビューティーセラピスト、他国際的資格を持つ。NYの美容学校で非常勤講師を務め、MNC New York設立。化粧品やヘアアクセサリー事業などを展開。
by.Sチャンネル「STOP!美容の勘違い」で木曜日(隔週)配信中!

Recommend