「このままでいいの?」と悩むあなたへ。人生の先輩は“モヤモヤ期”をこう乗り切った

PR:シチズン時計株式会社

スキルアップや自分磨きなど、やりたいことはたくさん。でも、目先のことに追われて手をつけることもできない… そんなお悩み、アラサー世代にとってはあるあるですよね。

本当にこのままでいいの? と不安になっている“モヤモヤ世代”の女性たちのために、憧れの先輩女性の「時間との向き合い方」を教えてもらいました。

「余裕なんてまったくなかった」カリスマエッセイスト 光野桃さんのアラサー時代

悩み多き女性たちの心の内に光をあて、幅広い層から高い支持を集めるエッセイストの光野桃さん。

人気女性誌の編集者として働き詰めの日々を過ごし、29歳で結婚。家族とともにイタリアへ移住し、帰国後34歳で独立。当時まだほとんど存在しなかった、フリーの編集者としての活動を始めました。

出典: 編集部撮影

20代〜30代の頃は、私も相当モヤモヤしていました。20代の頃は、毎日朝方近くまで仕事。29歳で結婚してミラノに移住してからは、知らない土地での子育てに苦戦…。余裕がまったくなく、無我夢中でした。今考えると、よく乗り越えられたなと思いますね。

コメント: 光野桃さん

そんな光野さんを救ってくれたのは、ミラノの街で自分らしくおしゃれを楽しむ女性たちの存在。なかでも、彼女たちが身につける“腕時計”の格好よさに衝撃を受けたようで…?

マニッシュなパンツスーツに、一級品の腕時計を嫌味なく合わせるミラノの女性たちを見て、「時計ってこんなにかっこいいんだ」って。それまでの私にとって、時計はただの道具。でも本当は“時計=自分自身を表現するもの”なんだと気づきました。

コメント: 光野桃さん

スマホだけでは気づけない。時計が教えてくれた“時間の本質”

「時間を確認するだけなら、スマホで十分」と思っている人も多いはず。実は光野さん自身も、腕時計を身につけなくなった時期があるそう。でもあるとき、“スマホでみる時間”と“時計でみる時間”には、明確な違いがあると気づいたんだとか。

出典: 編集部撮影

スマホで確認している限り、その時間は消費されるもの、過ぎ去っていくものになってしまいます。一方、時計でみる時間は、自分でつくっていくもの。自らの意思で追うことができる時間です。

限りある時間を、磨り減った気持ちでながめるのはもったいないこと。有機的な豊かさを感じたいときには、スマホではなく腕時計に目を向けたくなりますね。

コメント: 光野桃さん

忙しく働く女性たちは、「何時までに終わらせなきゃ」「次の約束まであと何分しかない」などと、時間に追われてしまいがち。光野さんにとって“時間”とは、どんな意味を持つのでしょうか。

時間こそが“自分を形づくるすべて”だと思うんです。人は皆、時の積み重ねによって生きています。それに気づいてから、時計の意味を再確認できました。

時計って、秒針がずっと動いていて、まるで生き物みたい。時計に人生を見られているとも感じます。だからなのか、久しぶりに腕時計をつけたら、なんとなく照れくさい気持ちに(笑)。スマホでは味わえない、時の本質を感じました。

コメント: 光野桃さん

人生に寄り添い、時を刻む。『シチズン クロスシー』

今回光野さんに身につけていただいた『シチズン クロスシー』は、自分らしく時間を刻みたい女性のためのアイテム。「WISH WATCH」と呼ばれる、女性の幸せを願ってつくられた時計です。

出典: 編集部撮影

最大の特長は、「サクラピンク」という女性の肌を美しく魅せてくれるシチズンだけの色。独自の表面硬化技術「デュラテクト」の色で、小さなキズからも守ってくれます。いつまでも美しさが続くのはうれしいですよね。

さらに、チタニウム素材を採用しているので肌にもやさしく、ステンレスの約半分の軽さだというから驚き。デザインだけでなく、安心の機能も多数搭載されています。

白い肌にはもちろん、日焼けした肌にも溶け込む、大人の女性にぴったりの色。離れたところに時間があるのではなく、自分の中から時間が生まれるのだと感じさせてくれる、心地よい肌なじみを味わえる時計だと思います。

コメント: 光野桃さん

出典: 編集部撮影

トノー型モデルの他にも、淡いレッドのアラビア数字が印象的なモデルや、宝石箱をイメージしたキラキラ輝くモデルなど、その種類はさまざま。自分らしくがんばるあなたを支え、お守りのように寄り添ってくれる『クロスシー』に、願いを込めてみて。

時計はいつも規則正しく動いている、冷静な存在。進むべき道に迷ったとき、人生をもう一段ステップアップしたいときには、時計の力を借りたくなります。一緒に時を刻む相棒のような存在だからこそ、心地よいと感じられるものを身につけたいですね。

コメント: 光野桃さん

時間に振り回される人生とは、今日でもうさよなら。あなたも、改めて自分の時間と向き合ってみませんか?

Sponsored by シチズン時計株式会社

Edited by by.S 編集部

女性の美しさを後押しする"ファッション・美容"情報をお届け。