• 運命を変える眉メイクlesson

幼な顔or大人顔、どちらがお好き? 顔の印象を自在に操る、プロ流「眉尻メイク」のススメ

2018.06.11

眉メイクにおいて、意外と重要なポイントになるのが「眉尻」。美眉アドバイザーの玉村麻衣子さんいわく、眉頭や眉中の太さは同じでも、眉尻を太く描くか細く描くかによって、見た目の印象が大きく異なるんだそう。

そこで玉村さんに、眉尻の太さで変わる顔の印象について教えてもらった。

太眉尻は「あどけな顔」に

眉尻を太めに描くと眉全体が太めに仕上がり、ややボーイッシュであどけない印象に。

芸能人で例えるなら、新垣結衣さん、篠原涼子さん、石田ゆり子さん、波瑠さんなどが太眉尻。若々しく見せたいときや、カジュアルファッションを楽しむときには特に、太眉尻がピッタリ。

太め眉尻を書くときは、眉下頭と眉尻を直線で結ぶようなイメージで眉下ラインを描いてみて。パウダーで眉下ラインを描いたあと、先が細いペンシルで斜め下に毛を一本一本描き足すと自然に見えるんだそう。

ただし、太眉尻を取り入れるときは、眉頭と眉山に注意が必要。眉頭が90度になっていたり、眉山が角ばっているのはNG。下の写真のように、とたんに男らしい印象に…。

太眉尻を取り入れるときは、眉頭は~80度までを意識し、眉山はアーチになるように意識してみて。

細眉尻は「余裕ある大人顔」に

眉尻を細めに描くと、涼しげで大人っぽく、ほどよく色っぽい印象に。

芸能人で例えるなら、井川遥さん、吉瀬美智子さん、吉田羊さん、松嶋菜々子さん、米倉涼子さんなどが細眉尻。大人っぽく見せたいときや色気をプラスしたいときは、細眉尻がピッタリ。

眉山~眉尻はペンシルを使用し、眉尻がキュッと細くなるように意識して描くのがポイント。太くなってしまった場合は、綿棒を鉛筆のように持ち、不要な部分をピンポイントでこそぎ落とすのがおすすめなんだって。

綿棒は一度で不要な眉メイクを取り去ることができるので、細眉づくりの心強い味方に。

このように、眉尻の太さによって見た目の印象がガラリと変わるから驚き。なりたいイメージやその日のファッションに合わせて、眉尻の太さを調節してみて。

取材協力/美眉アドバイザー 玉村麻衣子

Channelバックナンバー

運命を変える眉メイクlesson

配信日:月曜日(毎週)

眉で人生は操れる?なりたい自分を叶える眉メイクをご紹介。

text : by.S編集部

supervised by

美眉アドバイザー
玉村 麻衣子

眉の技術者資格「Browtist(R)」を保有。筋肉や骨格に基づいた“似合う眉の形”の提案・施術し、コンプレックス解消につながる眉メイクの提案を行っている。
by.Sチャンネル「運命を変える眉メイクlesson」で月曜日(毎週)配信中!

Recommend