• 27歳からの、ビューティースポット

肩甲骨まわりガチガチ=おば体型に? 状態チェック&解消ストレッチ7選をプロが伝授

2018.06.21

普段の生活のなかで、気づかないうちに硬くなってしまいがちな「肩甲骨まわり」。そんな硬くなっている状態に気づいていないひとが多いのも事実。肩甲骨まわりが硬いと、健康への悪影響はもちろん、体型が崩れるなど残念な状態に…。

そこで、インナービューティーインストラクターの松葉子さんに、肩甲骨まわりが硬いかどうかをチェックする方法と柔らかくするためのストレッチを伝授してもらった。

これができないとヤバイかも…? 肩甲骨まわりの硬化度チェック

「肩甲骨まわりが硬い」と言われても、どういう状態だと硬いというのかがわかっていないひとが多い。これができないと、肩甲骨まわりが硬いひとに認定されてしまうチェック項目を松さんに伺った。

チェックするさい、肩甲骨は上下・左右・斜め上下の6つの動きがある。その6つの動きを意識しながらできるかどうか確認してみて。

✓ 背中で対角線上に腕をもってきて両手をつかむ
反対側も同様にできればOK。両手がつかめないと肩甲骨まわりが硬くなっている可能性大。左右でつかみやすさが異なる場合はゆがみがある証拠。

✓ 背中で合掌
肩甲骨の間に手が来るようにして、背中で合掌。両手がぴったりとくっつけばOK。

✓ 両手と両ひじを顔の前で合わせて引き上げ
両手、両ひじを胸の前でぴったりとくっつけて、ひじが鎖骨ラインに来るまで引き上げて。余裕があるひとはひじをあごラインまで上げられるとベスト。

✓ 両腕を上げて、肩甲骨を上げ下げ
腕が耳につくように両手をまっすぐ上げる。まっすぐ上げたまま、肩甲骨を上下に動かすように上げ下げする。

✓ 肩甲骨はがしができているか
いわゆる「肩甲骨はがし」できているか。肩甲骨の裏に手がぐいっと入るのが正解。手が入らないくらいくっついていると肩甲骨まわりが硬くなっているということ。

肩甲骨まわりが硬いまま放置しておくと、全身血行不良の状態に…

そもそも肩甲骨まわりが硬くなっていると、身体にどんな影響があるのか。全身の姿勢が悪くなり体型が崩れることにくわえ、筋肉が硬くなっている=血行不良によって、冷えが生じ太りやすい体質になってしまう。運動をしてもダイエット効果は半減。

反対に、肩甲骨まわりを柔らかくすることでこれらのお悩みすべてが解消するということ。

そもそも肩甲骨まわりは柔らかったのが、血流が悪くなって硬くなってしまっている。では、なぜ肩甲骨まわりが硬くなってしまうんだろう?

日常の行動に落とし穴が? 肩甲骨まわりを硬くする、悪習慣をおさらい

肩甲骨まわりが硬くなる一番の原因は「姿勢の悪さ」にある。毎日パソコンやスマートフォンに向かっていることが多い現代人は、肩が前に落ちて下向きでいる時間が長く、知らぬ間に肩甲骨まわりに負担をかけている。

もちろん、運動不足やストレスなど基本的な生活習慣にも肩甲骨まわりが硬くなる原因が潜んでいる。

デスクワークの方は特に、日ごろから意識しておくべき習慣があります。それは、15分おきに立ち上がって、ジャンプしたり、足踏みをするなど軽く身体を動かすこと。

姿勢が悪いままでずっといると肩甲骨まわりが硬くなってしまうので、最低でも30分か1時間おきには立って身体を動かしましょう。

コメント: 松葉子さん

スキマ時間に “ながら”でできる、肩甲骨ストレッチ7選

オフィスや自宅で簡単にできるストレッチを松さんが伝授。気がついたときに意識して、やり続けることがポイント。

①オフィスワークの休憩時間にも◎「肩まわし」

まずは、肩甲骨まわりを動かす習慣をつけることが大切。以前にも紹介した「肩まわし」は、どこでも簡単にできるから覚えておくべし。

②自宅で簡単「キャット&カウ」

両手、両ひざを床について四つん這いになり、背中を水平の状態から背中を丸めて胸を引き上げる動きをゆっくりと繰り返す。このときに肩甲骨が上下に動くのを感じながら行うと◯。

③「前へならえ」から肩甲骨を動かす

両腕を肩の高さに上げて前に出す。肩甲骨を前後に動かすように、胸骨を引いて戻す動きを10回ほどを繰り返す。

肩甲骨が上下に動くのを意識しながら、肩の上げ下げを10回ほど繰り返す。

⑤肩甲骨を寄せながら上下に動かす

両手を後ろで組み、両側の肩甲骨を引き寄せる。その状態から腕の上げ下げを10回ほど繰り返す。

⑥壁を使って肩甲骨を動かすストレッチ

左腕を壁につけて、右の肩を広げて戻してを10回繰り返し、右の肩甲骨を左右に動かす。反対側も同様に行う。これは床にうつ伏せで行うこともできる。うつ伏せになって片方の腕を伸ばす。伸ばした腕と反対側の足を逆足にクロスして、肩甲骨を引き寄せる。

⑦タオルやゴムを使って肩甲骨ストレッチ

タオル(もしくはセラバンド)を用意。両手でタオルの端を持ち、両腕を肩幅より広めに開いて腕を伸ばして持ち上げる。その状態から両腕を開いたまま背中の後ろを通って腰まで下ろす。これを10回繰り返す。この動きが、できないひとはセラバンドでやると◎。

気づかないうちに固まっている肩甲骨まわりは、いち早くほぐすのが正解。肩甲骨まわりが柔らかいと身体にもうれしいことがいっぱい。日常でできるストレッチから取り入れて、肩甲骨を意識する生活をはじめてみて。きっと効果を実感できるはず。

取材協力/インナービューティーインストラクター 松葉子

Channelバックナンバー

27歳からの、ビューティースポット

配信日:木曜日(隔週)

生活スタイルの意識とエクササイズで、心も身体もハッピーに。

text : Yukari Shirai

supervised by

スポーツトレーナー/セミナー講師
松 葉子

インナービューティーインストラクター。運動の大切さと女性のカラダとココロのメカニズム、ビューティー理論を提供している。
by.Sチャンネル「27歳からの、ビューティースポット」で木曜日(隔週)配信中!

Recommend