2018年上半期ベストコスメ【ポイントメイク編】プロが厳選したプチプラアイテムを✔︎

2018.06.29

いよいよ夏がやってくる。この季節の風物詩と言えば…「上半期ベストコスメ」

今回は、by.Sが絶大な信頼を寄せる“プチプラコスメの探求人”ことヘア・メイクアップアーティストの宮本由梨さんが、上半期にヘビロテしたというプチプラコスメだけを厳選してお届け。

春夏の新作コスメに乗り遅れたひとも、一通りチェックし終えたひとも、夏本番が始まる前に、プロが絶賛するコスメたちをぜひチェックして。

アイメイク部門

# キャンメイク アイシャドウベース ラディアントブルー

出典: ライター撮影

500円(税抜)
[お問い合わせ] キャンメイク http://www.canmake.com/

色はほぼつかないけど、アイシャドウの前に仕込むだけで透明感がぐっと高まります。みずみずしいから、ハイライトとして使うのもおすすめです。

コメント: 宮本由梨さん

出典: ライター撮影

プチプラの王様的ブランド「キャンメイク」からは、一見パープルっぽいけれど、実際につけてみると淡~いブルーに発色するアイシャドウベースがランクイン。

「色を足す」という感覚ではなく、こっそりまぶたの透明感を底上げしてくれる、なんとも不思議なカラー。まぶただけと言わず、ハイライトとして目回りやCゾーンにプラスして、儚げな表情を演出して。

# ロレアルパリ フォクシール コルセット

出典: ライター撮影

1,800円(税抜)
[お問い合わせ] ロレアルパリ https://www.lorealparisjapan.jp/

塗りやすくてしっかり長さも足してくれてお湯でスルッと落ちるのに、にじみやすい私の目でも1日中全くにじまなかった、すごいマスカラ。

お湯落ちタイプのマスカラってウォータープルーフに比べて固まりづらいイメージだけど、これはしっかり固まるからカールも続きます。自信を持ってオススメできる逸品!

コメント: 宮本由梨さん

出典: ライター撮影

出典: ライター撮影

使い方は、まつ毛の根元にブラシを3秒間当てて、そのままスッと毛先へ伸ばすだけ。

繊細なファイバーがまつ毛に長さをプラスして、クリーンで洗練された仕上がりに。どこから見ても自然、なのに印象的なまつ毛が長時間キープできるのもうれしい。

チーク&リップ部門

# フーミー マルチグロウスティック

出典: ライター撮影

全4色 各1,800円(税抜)
[お問い合わせ] フーミー http://www.whomee.jp/

チークにもアイシャドウにもリップにも、何にでも使えるマルチスティック。そのまま頬にポンポンつけて、指でトントン馴染ませるんだけど、テクスチャーが軽いから馴染ませるのもめちゃめちゃ簡単!特に、一番使いやすい左の「richesse」がお気に入り。

コメント: 宮本由梨さん

出典: ライター撮影

(左)richesse、(右)m

今年2月にデビューした話題のブランド「フーミー」も選抜入り。質感にこだわったマルチグロウスティックは、その名の通り、チーク、ベース、 アイカラーとしてマルチに使えるアイテム。どこに使ってもキマる色展開で、メイクの楽しさが広がるはず!

今回ピックアップしたのは2色。赤ちゃんのほっぺのような、みずみずしさと自然な血色が出せるピンクオレンジ「richesse」は宮本さんも万能色と大絶賛。

火照り感を演出するレッドの「m」も、肌にすんなり馴染んで、ほんものみたいな血色感を醸し出してくれる優秀カラー。

# リンメル  ベルベティ ステイ マット 006

出典: ライター撮影

全6色 各1,300円(税抜)
[お問い合わせ] リンメル http://www.rimmellondon.jp/

リンメルのブラウンカラーのマットリップは、プチプラブランドではなかなか出合えない、絶妙色。マットなのに乾燥しづらい使い心地も最高です。

コメント: 宮本由梨さん

出典: ライター撮影

リンメルからは、なめらかな質感でパサつき感のない、うるおいマットリップがイン。宮本さんが特におすすめしているのは、プチプラブランドではなかなかお目にかかれないい、洗練度100%のモカブラウン、006。

チップで直接のせ、女性らしさのあるベルベットリップに仕上げるのもいいし、指でポンポンと色を足し、スフレのようなやわらかリップを楽しむのも○。

プロがおすすめする、値段も実力も100点のプチプラコスメを味方につけて、平成最後の夏を思い切り楽しもう。

取材協力/ヘア・メイクアップアーティスト 宮本由梨

text : 宮田愛子

Recommend