自分で簡単にできるボブのヘアアレンジ保存版。伸ばしかけでもOKのプロ技を今すぐ✔︎

2018.06.28

根強い人気を誇る「ボブ」の髪型だけれど、アレンジが難しく、気づけばいつもダウンスタイルのまま…なんてひとも多いのでは?

Instagramのフォロワー24万人超を誇る大人気美容師・水野年朗さんいわく、ロングほどの長さがなくても、自分で簡単にアレンジすることは可能なんだって。定番スタイルをアップデートしたいときに参考になりそうなアレンジスタイルを一挙ご紹介。

動画でわかる! ショート&ボブの簡単アレンジカタログ

たったひと手間でおしゃれに仕上がるアレンジテクニックをまとめた動画がこちら。特に、前髪を伸ばし中のひとは必見。

出典 YouTube

#前髪アレンジ

前髪をざっくり8対2ぐらいに分けて、タイトロープ(毛束を2つに分けて交互にねじるテクニック)もしくは三つ編みして毛先を耳上にピンで留めるだけ。タイトロープはカジュアルに、三つ編みは可愛く&上品に仕上がるので、ファッションに合わせて使い分けてみて。

#前髪ねじりアレンジ

前髪を後ろにねじって、首の付け根の少し上でくるりんぱ。前髪が少ない場合は横の髪も一緒に入れて。伸ばしかけの前髪をまとめたいときや、ちょっとしたワンポイントが欲しいときにおすすめ。

#トップくるりんぱアレンジ

トップの髪をわけとってくるりんぱし、その横の髪もねじりながらくるりんぱ。簡単なのに華やかに見える、ハーフアップアレンジの定番。

#サイドくるりんぱアレンジ

前髪を残して、サイドの髪をくるりんぱするだけ。残した後れ毛を軽くまくと、さらにかわいい仕上がりに。前髪を伸ばすとアレンジの幅が広がるので、マンネリを感じたらまずは前髪を伸ばしてみるのもアリかも。

1日に2度かわいくなれる「2wayアレンジ」をマスター

お仕事中と定時後…など、1日でヘアアレンジを変えたくなることだってあるはず。そんなときは、プラスひと手間で簡単にイメージを変えられる「2wayアレンジ」を試してみて。 

#1:ハーフアップ

① 表面の髪をくるりんぱ。
② 結び目からルーズにほぐす。

③ おくれ毛を残して横の髪を交差させ、タイトロープをつくる。
④ 逆サイドも③と同様にし、くるりんぱの下でゴム留め。

⑤ 毛先を巻けば完成。

華やかハーフアップも十分かわいいけれど、さらにひと手間加えると、ガラッとイメージが変わるんだって。

#2:ポニーテール

先ほどのハーフアップの状態のまま髪をひとまとめにすれば、アクティブなポニーテールに変身。ただのポニーテールよりも華やかに、女性らしく仕上がるのがポイント。

トレンドの“お団子”を使ったヘアアレンジ

カジュアル派さんにおすすめのハーフアップお団子から、大人っぽく仕上がる低めお団子、職場でもできるかっちりお団子まで。アップヘアが得意になりたいひとは、下の記事をチェックしてみて。

結婚式・お呼ばれシーン向けのヘアアレンジ

ボブスタイルだと華やかに仕上げるのが難しそうに思えるかもしれないけれど、パーティシーンでも引き立つアレンジは十分可能。結婚式、お呼ばれでできるアレンジを試してみたいひとは、下の記事をチェックしてみて。

いかがでしたか? 短めヘアでも、アレンジの幅は無限大。いつもの髪型に飽きたとき、着る服を変えるようにヘアアレンジができたら、もっと毎日が素敵になりそう。あなたも今日から早速試してみては?

取材協力/TWiGGY 統括ディレクター 水野年朗

Instagram
公式ブログ
Youtubeチャンネル

text : by.S編集部

supervised by

TWiGGY 統括ディレクター
水野 年朗

TWiGGY取締役統括ディレクター。トレンドのヘアアレンジで多くの女性から支持されている。Instagramフォロワー25万人、Ameba公式トップブロガー。

Recommend