• 巷のビューティー神話にご用心。

「気持ちよくないのに、また?」二人とも絶頂へ導く"究極バックポジ"でとろける夜に

男性だけ勝手に気持ちよくなって終了、なんてこともある後背位(バックポジション
)。「気持ちよくないのに、またか…」と、密かにため息をついている女性も多いのかも。そこで産婦人科医の宋先生が、男女ともに楽しむためのバックの極意をご紹介。

バックが好きな男性が多いのはなぜ?

男性の征服欲を駆り立てるという後背位。いっぽうで、女性は、身動きしにくかったり腰が痛かったりするなど、気持ち良さよりもつらさを感じてしまいがち。後背位好きの男性が多いのはなぜ?

腰を立てたまま挿入できる後背位は、男性にとって、正常位よりも楽なポジションなんです。「征服欲を駆り立てられる」など、どういう刺激が得られるかよりも、シチュエーションに興奮するほうにプラスに働く男性もいるでしょうね。

ただし、男性が全員後背位が好きとは限りません。「彼女の顔が見えないと面白くない」という男性もいますし、ひとそれぞれです。

コメント: 宋美玄先生

女性がバックを楽しむにはどうしたらいい?

女子会などでナイトライフの話題になると「後背位のときは彼だけ勝手に気持ちよくなって、私だけ欲求不満(笑)」なんて話も聞く。女性も一緒に後背位を楽しむ方法ってあるの?

男性の中には「猫反りバック」という、女性が腰を反った状態の後背位に興奮するひとも多いようです。でもその体勢では、女性の気持ちいいところに当たりにくい。腰が反っていると、ペニスが女性の直腸側に当たってしまうんですよ。

「寝バック」や「うつぶせバック」などのほうが、クリトリスがこすれたり、Gスポットに当たりやすかったりしますし、男性も楽なのではと思います。

コメント: 宋美玄先生

後背位だと、男性に手でクリトリスを刺激してもらいやすい。挿入しながら触ってもらうのも、女性が後背位を楽しむポイント。

カップルの悩み別・後背位のベストポジション

「脚の開き方や腰の角度によっても、快感度合いは変わってきますよ」と宋先生。カップルの悩み別に、どのようなポジションを取るべきかアドバイスしてもらった。

彼のペニスが小さい場合は・・・

ペニスを少しでも奥に届かせたかったり、ペニスのサイズに悩んでいる男性の場合は、女性がヨガの「猫の背伸びのポーズ」のような体勢でおしりを高く突き出す姿勢で挿入するのがいいですね。男性が体重をかけやすくなり、膣内の深いところで楽しめます。ただし、女性の腰に負担が大きいため、激しいピストンはNG!

出典: 『女医が教える 本当に気持ちのいいセックス スゴ技編』(ブックマン社)

彼のペニスが大きすぎる場合は・・・

ペニスのサイズが大きすぎる場合は、膣の浅いところで楽しめる「うつぶせバック」が最適です。男性が腰を動かしにくいため強烈な快感は得られませんが、全身が彼の体に包み込まれるような体勢になり、女性の満足度は抜群!じわじわとした快感を堪能することができるので、早漏に悩む男性にもおすすめです。

出典: 『女医が教える 本当に気持ちのいいセックス スゴ技編』(ブックマン社)

身長差がある場合は・・・

男性の身長が高く、女性が小柄な場合は、ベッドサイドやソファを利用して2人の腰の位置を合わせるといいでしょう。男性に下からやさしく突き上げてもらうことで、快感もアップします。

女性が高身長で脚が長い場合は、男性がベッドを降りて直立し、女性がおしりを高く上げる姿勢で挿入しましょう。ベッドの高さによって角度も変わるので、2人で微調整して快感を得られるポイントを探してくださいね。

出典: 『女医が教える 本当に気持ちのいいセックス スゴ技編』(ブックマン社)

つまらないポジション…と思っていた後背位も、挿入する深さや角度、お互いの姿勢を調整し合うことで、快感をより得やすくなるみたい。彼と2人で楽しみながら、ベストポジションを探ってみて。

取材協力/産婦人科医 宋美玄

Channelバックナンバー

巷のビューティー神話にご用心。

配信日:水曜日(隔週)

巷のビューティー神話に、産婦人科医の宋美玄先生がお答え。

text : 東谷好依

supervised by

産婦人科医 医学博士
宋 美玄

大阪大学医学部医学科卒業後、同大学産婦人科に入局。“カリスマ産婦人科医”として女性の悩み、セックス、性や妊娠などについて女性の立場から積極的な啓蒙活動を行う。
by.Sチャンネル「巷のビューティー神話にご用心。」で水曜日(隔週)配信中!

Recommend