あなたも予備軍!? 賢く美髪になりたくば “いんちきナチュラル”を卒業せよ

PR:株式会社nijito

毎日使うものだからこだわりたいシャンプー。でもあなたのこだわり、残念ながら的外れかも…!? アラサー女性たちのシャンプー選びを聞いてみると、意外な事実が浮き彫りになりました。

あなたも“いんちきナチュラル”予備軍かも

シャンプー売り場に行けば「ナチュラル」を謳った商品がたくさん。やっぱりみんな、気にして選んでいるの?

Q. シャンプーを買うとき、ナチュラルかどうかを気にしてる?

出典: globalmoments/Shutterstock.com

どちらかといえば気にしている  63.3%
気にしている 26.4%
特に気にしていない 10.3%

めちゃくちゃストイックに選んでるわけじゃないけど、やっぱり気にします。変なシャンプーを使うと髪がギシギシになっちゃうので…。最近はナチュラルっぽいものがたくさん売っているのでうれしいです。(28歳/営業)

コメント: 編集部調べ

「ナチュラルかどうか」を気にしている女性は、やっぱり多いみたい。では、その判断基準は?

Q.ナチュラルかどうか、どうやって判断してる?

出典: nd3000/Shutterstock.com

ロゴがシンプルな英字だったり、透明感のあるボトルだったりすると、一旦手に取りますね。パケがナチュラルなら成分もナチュラルなんだろうな…っていうイメージ。それで「オーガニック」とか「無添加」って書いてあったら完璧!(31歳/人事)

コメント: 編集部調べ

買う前に必ずネットで検索して、クチコミをチェックします。昔シャンプーで頭皮が荒れたことがあるから、「刺激が少ない」「やさしい」「でもちゃんと洗える」ってクチコミがあるかどうかが大事。逆にそれさえあれば、成分までは気にしません。(30歳/経理)

コメント: 編集部調べ

それぞれこだわりはあるようだけれど、判断基準は「パッケージ」や「クチコミ」にとどまっている印象。パッケージ裏の成分表までチェックしているという人は少ないみたい…。実はその選び方こそ、“いんちきナチュラル”の始まりなんです。

1%の成分もごまかさない。『haru kurokamiスカルプ』

実はシャンプーの表記の基準はとても曖昧。「無添加シャンプー」と表記するかどうかは、各メーカーに委ねられている部分が多いんです。

大人たるもの、ごまかされず本当にいいもの選びたいですよね。

『haru kurokamiスカルプ』は、こだわり抜いて作られた100%天然由来の無添加*シャンプー。「汚れを取り除く」だけでなく、「頭皮を整える」「美容成分を与える」がこれ1本でできるから、なんとリンスは不要なんです。

*シリコン・合成ポリマー・カチオン界面活性剤・石油系界面活性剤・合成香料・合成着色料・鉱物油・紫外線吸収剤・合成防腐剤・合成保存料すべて無添加。

ナチュラルすぎるとちゃんと洗えないのでは? なんて心配はご無用。写真の通り濃密な泡で、しっかり汚れをキャッチ。さらに、天然由来の全33種の美容成分が、ハリ・コシのアップをサポート。夏に気になる紫外線ダメージもケアし、カラーの色持ちまでアップさせてくれます。

頭皮を洗った後に、3分間放置する「泡パック」もおすすめ。美容成分がしっかり浸透し、ダメージレスな美髪に導いてくれますよ。オレンジやグレープフルーツなど6種の天然精油の香りで、疲れた夜もバスタイムが楽しみに。

「なんとなくよさそう」でシャンプーを選ぶのは、もう卒業。自信を持って「これを使いたい!」と言える、100%天然由来のシャンプーをはじめてみてはいかがですか?

Sponsored by 株式会社nijito

Edited by by.S 編集部

女性の美しさを後押しする"ファッション・美容"情報をお届け。