【保存版】自分で簡単にできる!ボブのヘアアレンジ総まとめ。巻き方からトレンドまで全公開

2018.07.11

すっかり定番となった「ボブ」。ロングよりお手入れが楽ちんとはいえ、なんだか毎日同じようなヘアスタイルになってしまう…とお悩みのひとも多いのでは?

そこで、Instagramのフォロワー24万人超を誇る大人気美容師・水野年朗さんに、ボブやショートボブでもできる簡単アレンジを教えてもらった。結婚式やオフィスなど綺麗に見せたいときや、定番スタイルをアップデートしたいときに活躍するアレンジをまとめたので、髪型に迷ったらまず読んでみて。

アレンジの前に… まずはボブの「巻き方」をマスター

定番の巻き髪と言えば、「内巻き」と「外ハネ」。まずはこちらの動画で、基本の巻き方をチェックして。

出典 YouTube

基本の巻き方がわかったら、今っぽいヘアアレンジに欠かせない「波ウェーブ(波巻き)」のつくり方にもチャレンジ!

ストレートアイロンを使って、根元からすべらせるように内巻き、外巻きを交互に行う。このとき、アイロンの手は止めずに、なめらかにすべらせていくにがポイント。内巻きのときは毛束の角度を上に、外巻きの時は毛束を角度を下にしてみて。

強めの波巻きをつくりたい場合は、手首をグッと回して、強めの内巻きをしたあと、そのまま1秒固定。外巻きのときにはアイロンを外して、角度を下げて強めの外ハネをつくる。

アイロンを外して巻いていくことで、巻いた髪を引っ張らないので、強めの波ウェーブに仕上がるんだそう。

ヘアアレンジが数倍かわいくなる「巻き方」についてもっと知りたいひとは、下の記事もチェックしてみて。

ボブの定番ヘアアレンジ① ハーフアップ

ひと口にハーフアップと言っても、演出できる女性像は無限大。まずは水野さん流・イメージ別の使い分け方を伝授。

1:「高さ」と「巻き方」を使い分け

出典 YouTube

大人っぽく仕上げたい場合は「縦長シルエット」を意識するのがポイント。表面の髪をピンで固定した後、毛束を引き出して高さを出して。さらに、後れ毛も巻きすぎないように注意。毛先のみ外巻きにすると、シックな印象に。

逆にかわいらしく仕上げたい場合は「丸さ」を意識するのがポイント。こめかみの髪を残してくるりんぱすると、丸みが出てかわいらしいイメージに。後れ毛も、根元から内巻きにすると、華やかな印象に。

2:「ねじり」「タイトロープ」「三つ編み」を使い分け

出典 YouTube

両サイドの髪を軽くねじって留めると、やりすぎ感のないラフな印象に。カジュアルな服装にぴったり!

交互にねじって編み込み風にする「タイトロープ」は、ただラフにねじるよりもかわいらしい印象。編み目から毛束を引き出して崩せば、こなれ感も演出できる。

アレンジの定番「三つ編み」は、タイトロープよりさらに編み目が大きくなり、かわいらしくスイートな印象に。デートの日など、華やかに彩りたいときにはぜひ試してみて。

男性ウケも抜群「ハーフアップのヘアアレンジ」についてもっと知りたいひとは、下の記事もチェックしてみて。

ボブの定番ヘアアレンジ②お団子

カジュアル派さんにはもちろん、大人っぽく仕上げたいひとにもおすすめの「お団子」。つくる位置や後れ毛の残し方によってイメージが大きく変わるから、ぜひいろんなパターンを試してみて。

簡単なのに華やか。三つ編みでつくる、大人お団子アレンジ

華やかなお団子アレンジも、コツさえ覚えれば簡単。うなじが見える色っぽアレンジは、ハイネックやコートとも相性抜群!

【アレンジプロセス】
アレンジ前に、ワックスを全体に揉み込んで。使うのはバームタイプのワックスがおすすめ。髪にまとまりが出て、ヘアアレンジがしやすくなるんだそう。

① サイドの毛を後ろでまとめてくるりんぱ。後れ毛を残すのも忘れずに。
② くるりんぱをするときは、低めの位置で行うのがコツ。

③ 表面をほぐしてから、くるりんぱをした毛先を三つ編みに。
④ 三つ編みもほぐして、ラフな質感に。

⑤ 三つ編みした毛先をゴム留め。
⑥ 三つ編みした毛束を、毛先からくるくるとお団子状にまとめる。 

⑦ 丸めた毛先を、ピンで留めたら完成! ピン留めは、地肌と三つ編みの間を通すようにしっかりと。髪が多いひとは、ピンを4本くらい使って固定して。

仕上げに、顔まわりの後れ毛にもワックスを揉み込むのも忘れずに。後れ毛も巻いて、ルーズに仕上げるとこなれた印象に!

簡単にイメチェンできる「お団子のヘアアレンジ」についてもっと知りたいひとは、下の記事もチェックしてみて。

応用編:結婚式で使える“お呼ばれアレンジ”

パーティシーンで引き立つアレンジも、コツさえ覚えれば自分でできちゃうみたい。ここでは、華やかなサイドアップをご紹介。

ゴム2つで出来ちゃう、華やかくるりんぱサイドアップ

出典 YouTube

【アレンジプロセス】
① 左サイドの横の髪と、バックのえり足の髪を少し分け取る。
② 逆サイドは横の髪だけを分け取る。
③ 残った髪を、まとめる方の耳下に集めてゴムで仮留め。
④ ①と②でとっておいた髪を③の上でまとめてくるりんぱし、③の仮留めのゴムを外す。
⑤ 顔周りを巻いて、ルーズにほぐして完成。

簡単なのに大人っぽく、ナチュラルな印象に仕上がるこちらのアレンジ。ひとと差がつくダウンスタイル、ぜひ挑戦してみて。

ボブでも華やかなアレンジは十分可能。「お呼ばれアレンジ」についてもっと知りたいひとは、下の記事もチェックしてみて。

いかがでしたか? コツさえつかめば、セルフヘアアレンジは意外と簡単。髪を伸ばし中のひとや、定番のボブにちょっとマンネリ…なんてひとは、今日から早速アレンジを楽しんでみては?

取材協力/TWiGGY 統括ディレクター 水野年朗

Instagram
公式ブログ
Youtubeチャンネル

text : by.S編集部

Recommend