くるりんぱヘアアレンジ|ボブもロングも!簡単こなれ髪の基本~応用まで完全攻略

2018.08.01

「くるりんぱヘアアレンジ」を習得すれば、おしゃれももっとたのしめるってわかっているけど、なんだか難しそう…。髪が短い、剛毛のわたしにはどうせできない…。と諦めているひとも多いみたい。

そこで、Instagramのフォロワー25万人超を誇る大人気美容師・水野年朗さんを直撃。初心者さんや不器用さんはもちろん、髪質がやっかいなひとや短い髪のひともできるくるりんぱ、そしてもっとたのしみたいひとのために応用編まで、たっぷりくるりんぱテクとバリエーションを教えてもらった。

今更聞けない…「くるりんぱヘアアレンジの基本」を徹底おさらい!

今や定番化したくるりんぱだけど、実はやり方がよくわからない…そんなあなたのために、まずはくるりんぱの基本を、動画でご紹介。

出典 YouTube

① 「根元からきれいにとく」
まずは、根元を丁寧にといていく。くるりんぱをするときの毛羽立ちを防止してくれる。

②「他の邪魔な髪はクリップで止めておく」
数本を引っ張ったときの痛みがなくなる。

③ 「角度を上げ過ぎずにくるりんぱする」
毛羽立ちをなくし、真ん中割れしなくなる。

④ 「少し斜めから通す」
真ん中割れを防いでくれる。

⑤ 「ギュッとするときに、斜め上にする」
平行にするよりも横に広がりにくく、ゴムを隠しやすいです。

⑥ 「ゴムのすぐ下を真下に向ってほぐし、根元に添わせ、もう一回ギュッとする」
ゴムが隠れやすくなる。

⑦ 「ヘアアクセを付ける」
急いでいるときにくるりんぱが少し雑になってしまったら、ヘアアクセで隠すこともできる。

簡単に凝っている風のアレンジができるくるりんぱだけど、バランスが難しかったり、少しコツが必要。7つのポイントをおさえて基本をマスターしたら、応用をしてどんどんアレンジに挑戦していこう。

くるりんぱヘアアレンジ①「ハーフアップ」

とにかく男ウケ抜群のハーフアップにくるりんぱを取り入れると、まるで海外の映画に出てくる少女のような雰囲気に。そんなハーフアップくるりんぱアレンジを3つご紹介。

1:上品ハーフアップくるりんぱ

アレンジ前にワックスを全体に揉み込むと、髪にまとまりが出て、長時間保湿してくれる。使うのはバームタイプのワックスがおすすめ。

【アレンジプロセス】

① おくれ毛を残して、横の髪を左寄りでくるりんぱし、ほぐしていく。

② 耳後ろの髪は右寄りでくるりんぱ。同じくほぐしていく。
③ 毛先を巻いて、全体をルーズにほぐせば完成!

やりすぎ感のない、品のあるハーフアップに。仕上げに顔周りの髪にもワックスを揉み込んで。

2:清楚系ハーフアップくるりんぱ

出典 YouTube

【アレンジプロセス】

① 表面の髪をくるりんぱ。
② 横のハチの所の髪を三つ編みをして、ほぐす。角度はナナメ後ろで。
③ ①のくるりんぱの下に三つ編みをゴムでまとめる。
④ 毛先をコテで巻いて、全体をラフにほぐして完成!

清楚系の王道ハーフアップ。顔周りの髪を少し多めに残せば小顔にみえる。フォーマルに仕上げたい場合は、後れ毛を出さずにすべて三つ編みにするのがおすすめ。

3:ボブ・ショートでもできるハーフアップくるりんぱ

【アレンジプロセス】

① 横の髪を上下2つに分けて、片方の髪をななめ後ろに向かってねじる。
②もう片方の上の髪をとってねじり、逆側の耳あたりでくるりんぱ。
③ ②でくるりんぱをした方の下の髪をななめ後ろに向かってねじり、②と同様にくるりんぱ。
④ 毛先を巻いて、全体をルーズにほぐせば完成。

ピンなしで仕上がる、ルーズなハーフアップ。初心者さんの場合、ゴム留めに苦戦してしまう可能性も…。鏡を見ながら何度か試してみて。ねじりが弱まってしまう場合は、くるりんぱを2回通してねじりを復活させると◎。

「ハーフアップくるりんぱ」についてもっと知りたいひとは、下の記事もチェックしてみて。

くるりんぱヘアアレンジ②「ポニーテール」

ポニーテールは、くるりんぱを取り入れればかわいさ2倍!高め・低めの2つのくるりんぱポニーテールと、かわいくほぐす方法をご紹介。

1:男ウケ抜群の主役級ヘアアレンジ「ハイポニーテール」

【アレンジプロセス】

① 耳のあたりで上下に分けて、上の髪をくるりんぱ。
② くるりんぱの毛先の表面を引っ張り、横の広がりをなおす。
③ 下の髪も一緒にゴム付きヘアアクセでポニーテールにして、コテで巻けば完成!

上下に分けて結ぶことで、多い髪でもきれいにまとめることが出来る。ヘアアレンジ前に全体にワックスをもみこめば、さらにまとまりやすく◎

2:出会った瞬間おしゃれさん認定されちゃう「ローポニーテール」

出典 YouTube

【アレンジプロセス】

① 横と後ろの髪に分けて、後ろの耳上をくるりんぱ。
② 次に①の毛先も一緒に耳下をくるりんぱ。
③ ①と②の間に、横の髪をタイトロープしてゴムでまとめ、毛先を②のくるりんぱの中に入れる。
④ 全体をラフにほぐせば完成!

くるりんぱポニーテールの命!こなれて見える「ほぐし方」

こなれポニーテールは、ルーズ感が命!といっていいほど重要な「ほぐし」の工程。この「ほぐし」が意外と難しい…というあなたへ、動画で詳しくレクチャー。

出典 YouTube

① 上から、「表面」「中間」「根元」の3つに分けてほぐしていく。
② 真ん中に一番高さを。ハチは引き出し過ぎないように。
③ 中間は、表面の引き出した毛束の間を引き出す。
④ 横の髪は、ななめ前に向かって引き出す。
⑤ 根元はまっすぐ引き出すと丸みが付き、バランスが良くなる。

ほぐしをマスターすれば、アレンジのクオリティーも格段にアップ。鏡で確認しつつ、指で触りながら凹凸を作るよう、バランスよくほぐしてみて。

「ポニーテールくるりんぱ」についてもっと知りたいひとは、下の記事もチェック。

くるりんぱヘアアレンジ③「ミディアム」

おしゃれ好きな女性たちの間で定番と化しているくるりんぱけど、やっぱりロングヘアのひと向けなイメージ。そこで、伸ばしかけの髪やミディアムヘアでもできるくるりんぱヘアアレンジを3つご紹介。

1:ミディアムのくるりんぱヘア①「男ウケ抜群ハーフアップ」

まずは、三つ編みが主役の、男ウケ抜群ハーフアップアレンジの方法をご紹介。アレンジ前に、ワックスを全体に揉み込んで。使うのはバームタイプのワックスがおすすめ。髪にまとまりが出て、長時間保湿してくれるのだそう。

【アレンジプロセス】

① 表面の髪をわけ取り、角度を下げてくるりんぱ。
② くるりんぱした部分をルーズにほぐす。

③ おくれ毛を残し、横の上半分を三つ編み。ななめ後ろに引っ張りながら行うことでタイトに締める。
④ ③でつくった三つ編みをほぐす。

⑤ 逆サイドも同様に三つ編みし、2つの毛束を後ろでゴム留め。
⑥ コテで毛先を巻き、全体をルーズにほぐせば完成!

仕上げにリボンなどのヘアアクセサリーを付ければ、さらに華やかでガーリーな印象に。ボブやショートのひともできるので、短めの髪でも挑戦してみて。

2:ヒロインみたいな「ミディアムくるりんぱポニーテール」

ヘアアレンジの王道「ポニーテール」も、くるりんぱを組み合わせればこなれた印象に。いつもの平凡な一つ結びからアップデートしてみて。

【アレンジプロセス】

① 表面の髪を丸く取り、くるりんぱをしてルーズにほぐす。

② おくれ毛を残して、横の髪をうしろでくるりんぱ。①のくるりんぱと隙間が開かないように整え、ルーズにほぐす。

③ 残りの髪を一緒にポニーテールにし、毛先を巻いて、全体をルーズにほぐせば完成!

ミディアムのポニーテールはアクティブでかわいらしい印象に。大人っぽく落ち着いた印象にしたいときは、少し低めに設定してみて。

3:ドレスにも似合う「アップくるりんぱ」

中途半端の長さの髪でのアップアレンジは、至難の業。だけど、プロ直伝のこの技なら、美容室でセットしてもらったかのような本格的なアップスタイルもセルフで可能に。

【アレンジプロセス】

① おくれ毛を残して横の髪を後ろでくるりんぱし、ルーズにほぐしていく。

② 毛先を真ん中でわけて三つ編みし、クロスして毛先をピンで留める。

おくれ毛を巻いて、全体ルーズにほぐせば完成!三つ編みをすることで、短い髪でもピンが留めやすくなり、アップアレンジが簡単に。

くるりんぱを覚えれば、ヘアアレンジの応用は無限大。ミディアムヘアのひともコツを掴んで、髪型でおしゃれをもっと楽しんでみて。

「ミディアムくるりんぱ」についてもっと知りたいひとは、下の記事もチェック。

くるりんぱヘアアレンジ④「髪が多いひと」

多く硬い髪は、ヘアアレンジが困難な印象。そんな剛毛さんも、プロの手にかかればくるりんぱアレンジも可能! 髪が多いひとが上手にくるりんぱをするための5つのポイントと、剛毛さんにも簡単なアレンジを2つご紹介。

ポイント1「ベースにしっとりしたトリートメントを」
まずはボリュームをなくす事が大切。広がった状態でほぐすと頭が大きく見えてしまうので、根元までしっかり洗い流さないトリートメントを揉み込む。

ポイント2「上下に2つに分ける」
全ての髪をくるりんぱすると広がりやすくなってしまう。髪が多いひとは、いくつかに分けてアレンジするのが重要なポイント。

ポイント3「ほぐしは細め」
ほぐしを太くすると頭が大きくみえてしまうので、パサつかない程度の細めにほぐす。コツをつかむまで少し難しいけど、練習あるのみ!

ポイント4「ヘアアクセはボリューム大」
髪が多いひとが選ぶヘアアクセは、小さいものだと、髪のボリュームに負けてしまう。ボリュームがあるものを選んで。

ポイント5「毛先の巻きは表面を強く」
髪をすべて強く巻くと広がってしまい、頭が大きく見えてしまう。表面のみ強く巻いて、全体とのメリハリを付けることが大切。また、角度を上げることで立体感がプラスされるので、ぜひ試してみて。

5つのポイントを押さえれば、すっきりとおしゃれなくるりんぱアレンジが成功!髪が多いひとは、このポイントを意識しながらアレンジしてみて。

1:少量の髪をくるりんぱ。「ガーリーなハーフアップ」

【アレンジプロセス】

① 横のハチ上の髪をとって、後ろに向かってねじりんぱ。
② ゴムの所を持って、ルーズにほぐせば完成!

少量のくるりんぱなら剛毛さんでも楽々アレンジできる。キツキツになりすぎないよう適度にほぐして。

2:上と下、2つに分ける「ポニーテール」

髪が多いひとがポニーテールにすると、毛束がすごい迫力になってしまうことも…。そんな悩みを持つ剛毛さんにおすすめなポニーテールくるりんぱの方法はこちら。

【アレンジプロセス】

① 耳の所で上下に分けて、上の髪をくるりんぱ。ラフにほぐしていく。
② 続いて下の髪もくるりんぱすれば、完成!

先程の紹介した「ラフなハーフアップ」の下の髪もくるりんぱしたローポニーテール。髪が多いひとは、一度にくるりんぱしようとせず、2つに分けるときれいに仕上がる。

髪が多い方向けのくるりんぱアレンジ♪

多く、硬い髪質でもたのしめる、くるりんぱヘア。いろんなパターンに挑戦して、自分に似合うくるりんぱヘアアレンジを見つけてみて。

「髪が多いひとのくるりんぱ」についてもっと知りたいひとは、下の記事もチェック。

くるりんぱを習得すれば、ヘアアレンジの応用は無限大。どんな髪質・ヘアスタイルのひともくるりんぱコツを掴んで、おしゃれをもっと楽しんでみて。

取材協力/TWiGGY 統括ディレクター 水野年朗

text : by.S編集部

Recommend